デッキ・カードプールの変遷

ここではパックの弾数を区切りとして、当時のデッキ・カードプールがどのようであったかを記述する。

第1弾(2016年10月末~2016年12月後半頃)

デュエルリンクスの最初期である。この時期は《エネミーコントローラー》等の防御系カードの所持者が少なく、防御手段がなければ勝利できる【カラテマン1キル】が流行した。
また、下級通常モンスターの素の最高攻撃力は《アックス・レイダー》であり、スタンダードデッキの核となるモンスターであった。
ミニBOXエイジ・オブ・ディスカバリーが発売され水属性強化が入ると、梶木の海デッキが環境の一角となり、【海の伝説】デッキと【恐竜王国】の2強時代となった。

主なデッキ

第2弾(2016年12月末~2017年2月後半頃)

第2弾メインBOXネオ・インパクトが発売。URの罠カードである《銀幕の鏡壁》がビートダウン中心の環境において特に採用された。
環境の多くが【恐竜王国】等のフィールドスキルで強化された下級モンスターによるビートダウンデッキであり、それに対するメタデッキとして【フライング寄生】が流行した。
ミニBOXフレイム・オブ・ザ・タイラントが追加、猛威を振るっていた《銀幕の鏡壁》等セットされた魔法罠の発動を封じる《エレクトロ軍曹》が流行。
その《エレクトロ軍曹》を軸に〔スリカエ〕や〔マインドスキャン〕を使用した【軍曹コントロール】などのコントロール色の強いデッキが登場した。
同BOXで《魔道化リジョン》、カードトレーダーに《墓守の審神者》が追加されたことで、【墓守】の使用者も増加した。
イベント「トゥーンワールドへの招待」の2回目が開催され、《サクリファイス》及び《イリュージョンの儀式》の2枚目が解禁、【サクリファイス】が一躍環境に躍り出る。
《ハーピィ・レディ》が孔雀舞のドロップに追加され、《突撃指令》を採用したバニラ軸の【ハーピィの狩場】、《サクリファイス》を採用した【狩場サクリ】も環境に登場した。

主なデッキ

第3弾(2017年2月末~2017年4月前半頃)

デュエルリンクス初の公式大会であるKCカップが開催、その翌日に第3弾メインBOXヴァルキリーズ・レイジが発売された。
下級で1800の攻撃力を持つ《デュナミス・ヴァルキリア》の他、《天罰》や《荒野の大竜巻》、《死霊の巣》のような環境デッキに対するメタとなるカードが多く収録された。フィールドメタとしても機能する《燃えさかる大地》の実装で、【スタンバイバーン】が実戦レベルになる。
KCカップでは《サンダー・ドラゴン》の効果で手札に加えた《サンダー・ドラゴン》のうち1枚を〔スリカエ〕でデッキに戻してカードをドロー、残った《サンダー・ドラゴン》の効果でデッキ圧縮するという手法が大流行。この手法を取り入れた【サンドラサクリ】はこの大会で結果を残し、以降環境の中心として君臨した。
同大会ではアドを取りながらモンスターを展開できる【ハーピィの狩場】も流行し、大会後に追加されたミニBOXワンダー・オブ・ザ・スカイの《バード・フェイス》等の実装でさらに強化され、【サンドラサクリ】と並ぶ環境デッキとなった。一方【恐竜王国】や【海の伝説】などのフィールドスキルに頼ったデッキは環境から後退した。

主なデッキ

第4弾(2017年4月半ば~2017年6月前半頃)

第4弾メインBOXカオス・コンプライアンスが発売。サイキック族が初登場、デュアル関係のカードが多く実装された。
環境は依然【サンドラサクリ】と【ハーピィの狩場】の2強状態で、リシドの【偽トラップ】のような【ハーピィの狩場】に強いタイプのデッキが増加した。
ミニBOXランド・オブ・ザ・タイタンズが追加され地属性、獣族、岩石族が強化された。
一部スキルに調整が入り、〔スリカエ〕の下方修正で【サンドラサクリ】は初手から以前の動きが出来なくなり環境から姿を消した。
イベント「扉の番人 迷宮兄弟!」で迷宮兄弟がプレイアブルデュエリストに追加。スキル〔三星降格〕を用いたデッキが瞬く間に流行し、強力な除去効果を持つ《リボルバー・ドラゴン》を軸にした【三星リボルバー】、サポートが豊富な《ブラック・マジシャン》を軸にした【三星ブラマジ】は環境トップにまで上り詰めた。
WORLDCHAMPIONSHIP2017予選が開催。最終予選では【三星降格】、【ハーピィの狩場】、【狩場サクリ】の使用率が高かった。

主なデッキ

第5弾(2017年6月半ば~2017年7月後半頃)

第5弾メインBOXクリムゾン・キングダムが発売。特殊召喚に関する効果を持つカードが多く、下級モンスターの攻撃力の水準も上がり徐々にカードパワーのインフレが進む。
また、《牛頭鬼》をはじめとしたアンデット族モンスターが実装され、《真紅眼の不死竜》を主軸においた【アンデアイズ】が登場。
プレイアブルデュエリストのレベル上限が40まで引き上げられ、レベルアップ報酬にカードが追加された。特に《トゥーン・キングダム》が追加された【トゥーン】と、《鰤っ子姫》《フィッシャーチャージ》が追加された【海の伝説】は使用者が急増した。アンデット族には2枚の《ゴブリンゾンビ》が与えられ、より強化された。
この後、リンクス初となるストラクチャー‐魔術師の結束‐、‐竜の咆吼‐が実装された。
炎属性強化のミニBOXドーン・オブ・ディスティニーが追加され、新しく実装された上級ナチュルを大量展開して〔粉砕!〕で大きな爆発力をもつ【ナチュル】、《ネフティスの鳳凰神》を主軸とした【炎王ネフティス】が登場。また汎用除去カードの《猪突猛進》が実装され、さまざまなデッキで活躍した。
イベントでは2回目の本気の城之内イベントが開催され、強力サーチカードである《レッドアイズ・インサイト》が実装され、しばらくの間【レッドアイズ】は環境トップに躍り出ることとなる。
スキル修正も行われ、〔ハーピィの狩場〕は1枚のディスアドバンテージ、〔三星降格〕はコストを2000から3000に引き上げられ、これらを用いたかつての環境デッキは姿を消した。

主なデッキ

第6弾(2017年7月末~2017年9月半ば頃)

第6弾メインBOXエレクトリック・オーバーロードが発売。
ミニBOXエコーズ・オブ・サイレンスが追加。

主なデッキ

第7弾(2017年9月後半~2017年11月前半頃)

第7弾メインBOXジェネレーション・ネクストが発売。
GXワールドが開放され、同時にストラクチャー‐伝説の戦士‐、‐HERO見参!‐が発売。
ミニBOXサーヴァント・オブ・キングスが追加。

主なデッキ

  • 【サイバー・エンジェル】

第8弾(2017年11月半ば~2017年12月末頃)

第8弾メインBOXギャラクティック・オリジンが発売。
ミニBOXブレイド・オブ・スピリッツが追加。

主なデッキ

第9弾(2018年1月前半~2018年2月半ば頃)

第9弾メインBOXプライマル・バーストが発売。
《折れ竹光》《黄金色の竹光》《妖刀竹光》が実装され、《リーフ・フェアリー》と合わせた先攻1キルデッキが流行した。
ミニBOXレゾナンス・オブ・コントラストが追加。

主なデッキ

第10弾(2018年2月後半~2018年3月末頃)

第10弾メインBOXアビス・エンカウンターが発売。
ストラクチャー‐運命を制すもの‐が発売。
ミニBOXランページ・オブ・ザ・フォレストが追加。
ストラクチャー‐竜と騎士の魂‐が発売。

主なデッキ

  • 【エーリアン】
  • 【潜海奇襲】

第11弾(2018年4月前半~2018年5月半ば頃)

第11弾メインBOXヴァリアント・ソウルが発売。
ミニBOXヴィジョン・オブ・アイスが追加。

主なデッキ

第12弾(2018年5月後半~2018年7月前半頃)

第12弾メインBOXクルセイダー・バトルグラウンドが発売。
ストラクチャーEX‐沈黙の魔術師‐が発売。
ミニBOXクラッシュ・オブ・ウィングスが追加。

主なデッキ

  • 【増刷害悪】
  • 【芝刈り魔導】
  • 【根性HERO】
  • 【根性森羅】
  • 【空牙団】

第13弾(2018年7月半ば~2018年8月後半頃)

第13弾メインBOXバーニング・ノヴァが発売。
ミニBOXエンパイア・オブ・スカーレットが追加。

主なデッキ

  • 【ヴァンパイア】
  • 【空牙団】
  • 【アマゾネス】
  • 【M・HERO】

第14弾(2018年8月末~2018年9月後半頃)

第14弾メインBOXガイア・ジェネシスが発売。

主なデッキ

  • 【ヴァンパイア】
  • 【U.A.】

第15弾(2018年9月末~2018年11月前半頃)

第15弾メインBOXスターダスト・アクセラレーションが発売。同時にストラクチャー‐シンクロ・コネクション‐も発売され、5D'sワールドが開放された。
ストラクチャーEX‐伝説の白龍‐が発売。
ミニBOXパワー・オブ・ブレイブが追加。

主なデッキ

第16弾(2018年11月半ば~2018年12月末頃)

第16弾メインBOXブラックストーム・ライジングが発売。
KCカップにて環境に蔓延る強力な罠カードメタの【ワイルドマンビート】が流行。
ミニBOXシークレット・オブ・ジ・エンシェントが追加。

主なデッキ

  • 【ワイルドマンビート】
  • 【武神】

第17弾(2019年1月前半~2019年2月半ば頃)

第17弾メインBOXレボリューション・ビギニングが発売。
ストラクチャー‐沈黙の剣士‐が発売。
ミニBOXトルネード・オブ・ファントムズが追加。

主なデッキ

  • 【コアキメイル】
  • 【バスター・ブレイダー】
  • 【アマゾネス】
  • 【古代の機械】
  • 【ラスギャン害悪】

第18弾(2019年2月後半~2019年3月末頃)

第18弾メインBOXアブソリュート・インフェルノが発売。その少し前にストラクチャーEX‐覚醒する古代の機械‐も発売。
ミニBOXディメンション・オブ・ウィザードが追加。

主なデッキ

第19弾(2019年4月前半~5月半ば頃)

第19弾メインBOXウォリアーズ・ユナイトが発売。
ストラクチャーEX‐ネオス・フュージョン‐が発売。
ミニBOXロード・オブ・シャイニングが追加。

主なデッキ

第20弾(2019年5月末~7月前半頃)

第20弾メインBOXブレイジング・ローズが発売。その少し前にストラクチャー‐凱旋の真紅眼‐も発売。
ミニBOXガーディアン・オブ・ロックが追加。

主なデッキ

  • 【青眼】
  • 【サブテラー】
  • 【コアキネオス】
  • 【古代の機械】
  • 【沈黙魔導】
  • 【六武衆】
  • 【メタファイズ】

第21弾(2019年7月半ば~8月末頃)

第21弾メインBOXサイバネティック・リベリオンが発売。
ストラクチャーEX‐ガンズ・オブ・デスペラード‐が発売。
ミニBOXカース・オブ・ドレッドが追加。

主なデッキ

第22弾(2019年9月前半~9月後半頃)

第22弾メインBOXヴァルハラ・コーリングが発売。

主なデッキ

  • 【堕天使】
  • 【デスペラード】

第23弾(2019年9月後半~11月半ば頃)

第23弾メインBOXダーク・ディメンションが発売。同時にストラクチャーEX‐マスター・オブ・カオス‐も発売。
ミニBOXスピリット・オブ・ザ・ビーストが追加。

主なデッキ

第24弾(2019年11月半ば~)

第24弾メインBOXエアリアル・アサルトが発売。

主なデッキ

  • 【BF】
  • 【堕天使】
  • 【召喚獣】

関連ページ