五十鈴パワー型育成理論

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クリーンナップになりうる、強打者の理論です。
五十鈴なので、豪力がつきませんが十分にパワーをつければ大丈夫です。
育成の注意としては素振りだけでなく筋トレも多めにやること。
しかし、筋トレを多くしすぎると技術やセンスが足りなくなります。

サンプル選手。

桜井 サード キャッチャー(サブ) 右右

弾道4
パワーA221
走力A14
肩力C10
守備力C10
耐エラーC11

センス:パワー5 ミート1 守備1 肩2

練習内容:筋トレ15 素振り29 練習手伝い4 球磨き10

強振多用 広角打法 チャンス○ 逆境○ パワーヒッター バント○ 体当たり 固め打ち ムード○ ケガ○ 初球○ 安定感 神速

1年目。
200ペラは使わない。素振り×3。
5月は森で外へ。その後は基宗のテストまで休まず素振り。
ここまでで、打撲、ねんざ以外のケガをしたらやり直し。
テストが終わって無事だったら、休まず球磨き。おとどけものを買っておく。
10回程度やったら回復を混ぜつつ、素振り。
ぞぞぞぞうきんでパワーアップするようにうまく調整する。
そのあとの練習は筋トレだけで。

2年目。
星英戦まで評価を55にする。足りなければ練習手伝い。
てつだわなくても良いなら筋トレ。
ケガ期間に五十鈴のイベントを進める。
大分能力値が上がってきたら、目標値に達するように見通しを立てる。
例えば技術が足りなくなるなら素振り中心にするなど。

3年目。
順調にやって五十鈴イベントも終了させて神速をもらう。
そのあとはひたすら土木をしてセンスにつぎこむ。

感想。
2年目が大事。体力のつかいかたが問われる。
まあ、1年目が一番を運を使う。
最終更新:2009年06月11日 16:25