小日向一刀のセイキ生活

るるのメモ
  • 大前提として、この世界は第三次世界大戦で文明衰退を一度起こしている。
  • 現代とあまり技術レベルはかわらない。むしろやっと現代においついた
  • ○○○は全員天使化して日本を襲う兵士にさせられた。
  • そしてソラが残り数十人になるまで邪神を召喚しまくって殲滅した。

  • 華琳は簡単に攻略できる。
  • しかし上手くやらないと、一刀のことを何でも聞く奴隷化する。
  • 投稿でソウソウちゃんを選び続けると、華琳が他のキャラクターに脅されて寝取られる。
  • 攻略の鍵になるのは、安藤(浜風)から貰ったら雑誌。

  • 未来は被検体39番。21年前に破壊された能力研究所の被害者。
  • 21年前に能力研究所を暴走して破壊しつくしたのも彼女。
  • 非人道的な能力研究所を破壊しているのは実は、長門と陸奥、そしてクー子(クトゥグァかつペレ)。ソラとの契約で行っている。
  • 黎明期はソラが非人道的な能力研究所を見つけ次第、クー子を召喚して焼き払っていた。
  • 立花響は、能力研究所の近くに住んでいた。
  • 研究所を破壊しつくして10キロ近く離れたところで倒れていた未来を見つけて介抱して以降のなか。
  • 未来の能力は声に好きな属性を込めることができる。
  • また色々な音を聞き取れ、音に関することが多様にできる。
  • 能力研究所を破壊しつくした絶唱戦姫と呼ばれる形態へ変身できる。
  • たぶん一刀が関わっていたら作中の人間で一番強い。関わらなくても強い
  • 未来は人工的に鏡音ソラをつくる研究で作られた能力者。
  • 能力のおかげで鏡音ソラより声や耳や音に対する性能が高い。
  • でも歌が下手という致命的な欠陥をもっている。


  • ユウキは超人の能力を持つ。最強でも主人公でもない。
  • 超人の能力は馬鹿げた成長により傍目からみて超人にしか見えなくなる。
  • 意志に沿った成長でとんでもない成長をする。
  • ユウキは幼少期や小学生のときは能力に体が追いついていなかったのでそのときは病院にいないとやばかった。
  • 現在は体が成長しているので能力で体調が悪くなることはないし病院で治療する必要はない。
  • ユウキの体調が悪いのは意図的な過剰投薬で増血しているせい。
  • 精神が不安定になってるのも過剰投薬のせい。
  • だいたいスカリエッティが悪い。

  • 無能力者が能力を得るには、能力者の血を輸血すればいい。
  • ただし、輸血したら0.0001%以下の確率でしかいきのこれない。
  • 親が能力者な無能力者の場合は0.01%ぐらいで生き残れる。
  • 非人道的な研究を行っていて生き残っている人間ならら大体知っているが一般的には知られていない。
  • 非人道的な研究を行っていて生き残っている人間はほぼ居ない。
  • 上で述べたように、長門と陸奥とクー子(邪神モード)に襲われるため。

  • 一刀はユウキの血を輸血されていなかったら意識不明にならなかった。
  • 一刀はユウキの血を輸血されて能力に目覚めた。
  • 一刀は陸奥(浜風)の介入がなかったらそのうちスカリエッティの研究材料になって死んでいた。

  • 一刀は超人であるユウキの血を輸血されているためやたらと成長する。
  • 一刀がセイキを奪う能力を制御できるのもその血のおかげ。
  • 一刀が熱を奪いってその熱を声にこめて放つ能力をもつのもその血のおかげ。
  • 一刀の声は熱い声であり、感情をいやおうなしに高ぶらせる。
  • そのため一刀が告白すると相手は精神が高ぶり、強制吊橋効果を引き起こし、ほぼ成功する。
  • 一刀の精○を直接飲むと能力付与がつく。基本的にその人の願望の能力がつく。
  • 一刀の精○を定期的に飲み、何度か中田氏されると能力付与でなく能力定着になり、能力が消えなくなる。
  • 一刀の精○を一定期間のまないでいると、能力が消える。
  • 一刀のチン○はマジカルチン○
  • セイキが滲み出て○を活性化させて痛みよりも快感を得させる
  • 一刀の性癖は女性を支配したいという欲求と女性に支配されたいという二つの欲求がある。
  • こうなったのは多分、華琳7割、未来2割、ヴィクター1割ぐらいのせい

  • なお、未来は熱なんか奪わなくても、声に熱を込められる。

  • 立花響。小日向未来の親友。未来が能力者だということを知っている。
  • 響は未来がかつてやらかしたことがあるので一刀の熱い声に対しての知識がある。
  • 響のファーストキスは未来。未来の熱い声でやらかしの一つである。
  • 響は蓮のことをとても愛している。
  • 響を落とすには性行中に響のことを好きだという必要性がある。
  • 響を落としたら未来が悲しむ。

  • 立花蓮。婿養子に入った響の旦那さん。
  • 蓮は一刀のことを小日向くんという。これは一刀の父親代わりにならないため。
  • 蓮は響のことをとても愛しているが嫉妬深い。
  • 響がナンパ等をされると激しいセックスで自分のものだと響に主張する。
  • 響は蓮のそういうところも好き。

  • 琴葉茜。【時代の主人公】。そのため真紅を受け継いでいない。
  • 茜はソラと同様に、精神が強く個人で邪神の眷属召喚ができる。邪神召喚は無理だが善性の神は召喚できる。
  • クー子でいうと、クトゥグアとしての召喚はできないが、ペレでの召喚は可能。もちろんできることは違う。
  • 真紅を受け継いで党首となる葵に強い劣等感を抱いている。
  • 葵とは仲が良かったが、真紅が葵を選んでからは党首様といって割り切っている。
  • なお真紅が茜を選ばなかったのは、時代の寵児であることを見抜き、茜を教育する必要性がないため
  • 茜は精神が強い。葵は歌が強い。
  • そのため茜は絶唱を歌えない(精神を高ぶらせる熱い歌、落ち着かせる優しい歌など)


  • ヴィクター。一刀は彼女には基本的に攻めに転じれない。
  • 学生時代ストライクアーツという競技で6連覇を果たしている。
  • 一刀との性○で身体強化の能力が定着している。

  • 橘ありすを含む、小等部の子達は、誰かを如何にかしないと小等部(男の子)達が各キャラクターの好きな子を襲う。
  • 星輝子がはじめに全員に襲われる。
  • 男の子達にとっては、好きな子と両思いになれるおまじないだと思っている。

  • アティ。
  • 桐須真冬。二文字熟語を言葉の最初にいう。

  • 蛙吹梅雨。蛙っぽい能力者。
  • 社会にたいして疎外感を持っている。
  • 行き過ぎた平等で蛙っぽいことを触れられない生活をしていたので、蛙であることを認めて欲しいと思っている。

  • ジークリンデ
  • 東郷美森



  • 井河雪泉。親が対○忍という危険な能力者を捕まえる仕事をしている。

  • ベールゼファー。堕天使サクラに勝負を挑んで負けて都落ちしている。
  • 一刀に9割以上のセイキ吸われて、自身のセイキが3%ぐらいになっている。

  • 堕天使サクラ。大三次世界大戦のときに信仰を得すぎて天使化したソラの愛人の佐倉杏子。

  • 星輝子。小等部のころに団地に新しく引っ越してきた変質者に襲われかけている。あの団地の子供が少なく、集団登校しているのもその事件のため。
  • 襲われかけたため、人間に対する恐怖心を持っているが割りと治った。

  • スカリエッティ。【時代の悪役】
  • 桂言葉。【時代の悪役】ラスボス候補。能力者狩りの殺人鬼。

  • 時代の悪役。時代の主人公や、最強といった世界の加護がある特性もちか、規格外のものにしかその悪行を止めれない

  • 雑誌の投稿は基本的に華琳以外は本編とは関係がない。
  • というかあの雑誌投稿は時間軸が違う。
  • 雑誌について調べてもどこにもない雑誌であることがわかるだけ

  • 欠片達は同じ時間軸なので影響があるかもしれない。
  • 初春は特に影響がでかい。


  • 最後一刀が選んだのは
   【【【【俺が選ぶのは―――
    この寸劇そろそろやめない?、かなり人も集まってきてるし
    琴葉、妊娠とかまじ洒落にならないからそういうのやめよう、な、な?】】】】

  である。
  華琳とユウキが妊娠したことがあんな風に知らされたら二人が噂の的になるのをふせぎたかったためにこんなことを言った。

  一刀その宣言をして、野次馬がはけて、3人で帰ってるときに華琳とユウキの二人ともをどうにか幸せにするを選ぶ。