ドラゴン=ダイナガイ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「さあアキトよ…、腐りきったその身を
KO☆NA☆GO☆NAにして…」

ドラゴン=ポリスメンを上回る力を持つ龍族本家のドラゴン。
信頼のおける配下としてはドラゴン=カマーを従えている。
ガイの一族であり、とてつもない能力と幻覚を秘めている。


略歴

 幻覚により会社を掌握、アキト=スカイシーを入社させ、懐柔しようと試みていた。
しかしすべてをシーゲル=ジャベリンに暴露され、急遽アキトを奇襲する作戦に出る。

 彼が使用する奥義は「ミラ・レトゥラ・タヒヌ・EYE」
『視界に入っただけで死ぬ』という、かの砲撃を遥かに凌駕するスペックを誇るが、
戦闘を得手とはしていない為、連発は出来ないらしい。
最終的に、ドラゴンウォリアーに敗れ、退散する事になる。

 以降はドラゴンウォリアーの研究に執着し、はとこに当たるドラゴン=ドクターとも協力関係にあるという。
恐るべき軍隊、ドローンウォリアー計画を練り上げているようだが、成果は芳しくない。


人物関係


  • ドラゴン=カマー……忠実な部下。本人としては可愛がっているつもりだが、如何せん種族が違う為に無茶をさせる事もしばしば。


  • アキト=スカイシー……懐柔を画策していた相手。今では彼への興味から、ドラゴンウォリアーへの興味に推移しているらしい。

  • ドラゴン=ドクター……はとこ。血族の外にいる彼女だが、身分の差なくフランクに接している模様。

  • ドラゴン=ペルソナム……危険な相手。あくまで龍族を重んじる彼にとって、反乱分子たりえる彼は相いれない。


余談

  • 特徴的な語彙
 KO☆NA☆GO☆NAだのBA☆KA☆NAだの、やたらナウいシャウトをかける事が多い。
本人曰く、地球上の大気が合わないのだとかどうとか。母星ではまともなのだろうか……。

 なお、彼の最終的な目的は美味い棒の買い占めであリ、
その為の障害となりうる為にアキトを敵視していた。
何故美味い棒を求めていたのか、については記事をご覧いただきたい。
最終更新:2016年04月29日 14:29