やっておきたいこと

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


レベル1~19
主な狩場…祝福のダンジョン1・2、セルバス平原6
ここの期間はいわばお試し期間みたいなもの。再振り(ステータスのやり直し)が何回でもできる。
なので何をやっても詰まると言うことはない。いろいろやってみてゲームになれよう。
ステータスの最初の基本はDEXとDEFを中心に上げることである。

祝福のダンジョンは感覚をつかむためのダンジョン
3だけは行くな全然祝福してくれない 全力で殺しにきやがる
2がまずくなったらクラド北東にあるセル6にいけ!!弱いし美味い

レベル6になったら師弟組もかね
初心者クエストを受ける場合はレベル7までなので注意

レベル19
再振り
何度も自由に再振りできるのはここまでなので19になったら、取れるスキルをすべて取得し、再振りをしてみよう。
あら不思議レベルが20以上になってるよ!!これ以降の再振りには回数制限がつくが、計画的にやっていけば問題ない。
レベル20~35
主な狩場…セルバス平原6、クライデン平原6、試練の洞窟1等
レベル28の武器は、忍びの里と言うレベル70以上の人のみが入れる店で売っている。
なので28武器が欲しいやつは、レベル70以上のやつに頼んでみよう。
レベル35
アドセル進入
レベル35を超えたら暇なときに、アドセルへ行きワープポイントを登録しよう。すぐ必要なことではないが、いずれ行く必要がある時が来る。
しかしアドセルへ行く途中の混乱の洞窟2のサイモンはなかなか厄介。きつかったら誰かレベルの高いテチにテレポートを頼んでみよう。
レベル35~50
主な狩場…試練の洞窟1、水晶の洞窟1・1-1、海底洞窟1、ピライオンダンジョン2・3・4等
レベルが50に近づくにつれてなかなかレベル上げが厳しくなってくるがここは我慢してシコシコしよう。
EP1キャラならば、暇があったらCP4ぐらいまで進めておくと、二次スキルを習得するときに楽である。
サンスルリア進入
反復クエなど経験値がうまいクエが多数。反復クエは1日1回できる。詳しくは低レベルでのサンスルリアを見よう。
レベル50
ケルティカで称号をもらう、竜泉郷に進入
ケルティカ(ナルビクフリマ転送サービスから行ける)のWP近くにいるワリスに話しかけ自分の力を示すを選択肢、かけだし冒険者の称号を手に入れよう。地味に良い能力を持っている。
またレベルが上がってきたら森の小道から山麓の竹薮を超えて、竜泉郷に進入しておこう。
レベル50~70 
主な狩場…ペナインの森5・5-1・6、山麓の竹薮、海底洞窟1・3、水晶の洞窟1-1等
ここもレベル70が近づくにつれてきつくなるが70からはまた美味い狩場があるので我慢しよう。
レベル上げが辛いのは105までそれ以降は段々楽になるのでここからが踏ん張りどころ。
レベル70
忍びの里進入クエストの準備とクリア、虚無僧の入手
レベル70近くになったら、忍びの里進入クエストの準備をし始めよう。だいたい65ぐらいからでいい。
準備するものは、
ペナ5で手に入るドラグーンの奥歯40個、武闘白虎の牙1個
ペナ6で手に入るシクルのショベル40個、モスの羽の粉40個、緑のキノコ40個
山麓の竹薮で手に入る竹筒100個
である。どれもレベル70直前の狩場なので、レベルを上げながら集めることができるだろう。
しかし、魔法キャラテチやクロエなどは山麓の竹薮、ペナ6はきついかもしれない。きつかったら助けを求めるといい。
材料が揃い、レベルが70を超えたらアクシピター(アクシピター側のキャラ、ジョシュア、クロエ、イサック以外はシャドウ&アッシュ)へ行きクエストを受けよう。

また忍びの里では虚無僧と言う超強力な装備が手に入る。
やり方は簡単。里の入り口近く(マップ左)にいる越後屋にみたらし団子かマナP(大)を251個ドラッグして与えて好感度を1001以上(♪がでるぐらい)にまでして話しかけるだけ。物理キャラなら最終装備にもなるほど強力な装備なので是非手に入れよう。またNPCにアイテムをドラッグして与えることを貢ぐとも言う。
レベル70~105
主な狩場…呪われた墓地、鬼哭の城、水晶の洞窟3・4、シノプダンジョン5、神獣ダンジョン(ギガス&クスト)等
序盤戦もついにラスト。西遊記で狩るようになったら中盤だ。最初は呪われた墓地が敵が弱いのでさくさく狩れるが徐々に厳しくなるだろう。90前後から違う狩場を見つけたい。
また鬼哭の城は1日1回しかいけないが金策としてもポピュラーな狩場。行くだけでお金がたまっていく。最初はソロは無理だろうが誰かを誘って積極的に行くべし。
レベル105
西遊記進入クエストのクリア、AGI転向
レベル105になるまでに西遊記進入クエストを終わらせよう。やり方は西遊記に書いてある。
高麗人参の花の入手がきつかったら遠慮せず高レベルのやつに相談すること。

Agi転向とは
今まではDEFをあげて敵の攻撃に対する抵抗力を上げて対抗してきた。これをF型と呼ぶ。がしかし、これ以降はより敵の攻撃が激しくなるためDEFを上げての対応では厳しくなってくる。
なので敵と対抗するためのもうひとつの方法としてDEFを上げて対抗するのではなく、AGIを上げて敵の攻撃を避けて対抗するのがある。それがAGI型である。
AGI型にすると今までと比べ、装備も新しくAGIを気をつける必要ができ、また再振り時も敵の攻撃の回避ポイントを意識しなくてはならないが、うまくステータスを取れれば今まで以上にスムーズな狩りができる。まだAGI転向してない人はここを機に変えてみよう。
必要命中回避まとめを見て自分でステを組む練習を始めて今後に備えるのも良い。
レベル105~125
主な狩場…西遊記沼マップ=流砂沼の河、紅玉の林、紅玉の洞窟4、海底洞窟2-1等
流砂沼の河は24時間に1回と進入に制限がついているが、個人マップ(チーム員以外入ることができない個別マップ)で、邪魔なIPはいない。好きなだけ自由に狩れて、経験値もおいしいマップである。トッドマンの麻痺にはくれぐれも注意。
またこのレベルぐらいからレアも美味いものが増えてくる(しかしかなり落ちにくい手に入ったらラッキー程度で)。海底や紅玉で狩りをしながらレアを狙うのもいいだろう。
レベル125
メトゥラ武器の作成、EP1のやつはCP進行
125になるとメトラと呼ばれる強力な武器が装備できる。これは武器の合成で作ることができる。合成についてはこちら
材料の元となる武器は鬼哭の城で手に入るし、玉はどこかの倉庫に沢山眠っているので聞いてみよう。
しかし125時点で装備条件を満たすのが難しいキャラもいるので必須ではない。

またEP1のキャラはCPも10まで進めておくといいかもしれない。
レベル150近くになればなるほど経験値稼ぎはまた辛くなる。経験値を得るひとつの方法としてCPがあることも念頭に入れておこう。
レベル125~150
主な狩場…流砂沼の河、極寒の地2・3、黄金砂の遺跡、黄金砂ダンジョン等
メトラ装備直後はメトラで俺TUEEEEEEEEEが楽しめる。レベル140前後までは流砂沼の河、極寒の地で問題なくレベルを上げれるだろう。
しかし140ぐらいから中々レベル上げをするのがきつくなってくる。肉修練を使うことも視野に入れよう。
肉修練とは、高レベル者が低レベル者とチームを組み経験値を公平にし高レベル狩場で狩ることで、高レベル者低レベル者もいつもより多めに経験値を手に入れることができる狩場である。流砂沼の河でやるといいかも。
レベル150
金策
レベル150以上は最終ダンジョンとも言える、影の塔で狩ることがほとんどになるが、ここで狩っていると中々お金を貯めにくい。
またこのレベルぐらいからモナ装備など最終装備を手に入れる準備もしなくてはならない。
しかしそれらの装備は今までと桁違いに高いことが多いので、より日ごろの金策を頑張る必要が出てくる。
自分なりの金策方法を見つけ狩る一方で金策も怠らないようにしよう。
レベル150~200
主な狩場…影の塔1・10・31・35(肉修練として)、極寒の地3、混乱の洞窟9等
150に到達すると後半戦スタート、ここからは今までと違いかなり楽にレベルが上がる(タイミングや環境にもよる)。
ハゼ(=影の塔35階マップ)の肉になることを希望してみよう。ハゼで狩りをしているやつが居たら、連れて行ってくれるだろう。そこで大量の経験値を習得できる。上手く波に乗れればほんの数日で200に到達できる。
肉になれない時はソロをしよう。150に成り立ての場合は影の塔10階などがおいしい。同時に金策も忘れずに。
レベル200
ネオテシスクエスト、クリスマスブローチの取得の準備、取得
レベル200になると、ネオテシス1、2にも行ける様になる。
ネオテシスでは強力な装備が手に入るのでいつでも行けるようにし、募集があったら積極的に行きたい。

ネオテ進入クエストは1はケルティカ市民街の王立魔法院主任研究員に話しかけ、二つ目の選択肢を選ぶだけ。(中では全部一番上の選択肢)

2はちょっと面倒だが最初の1回だけだ。
ケルティカワープサービス近くに居るメトゥーって爺にみたらし団子251個貢ぎ好感度を1001以上(♪が出るまで)まであげ、
メトゥーにカーソルを合わせてシフトでメニューを出し、Qを押す。
Qを押して天の都市についての疑問を選ぶとお使いが発生。クラドのアルフレッド、アドセルのアシム、カウルのアクィールとたらい回しにされる(全部Qで話しかけること)。
そして輝く石を手に入れたらネオテシス2に進入する資格を得たのと同じである。このクエストは最初の一回のみでここまで来たらもうやる必要はないので安心して欲しい。後は適当に募集するなり募集に参加したりしよう。

レベル200になるとおじいさんをお願いと言うクエストを受けることができ、そのクエストでもらえるクリスマスブローチはX12もある高性能な顔装備。狩りでもPKでも活躍するので入手したい。
しかしこのクエストはまず憂鬱なジンジャーマンクエストを終わらせないといけない。

憂鬱なジンジャーマンを終わらせたら次はおじいさんをお願いの優しい証を入手するところまではやっておこう。
優しい証を手に入れるのに必要アイテムは、
小さなターバン個20、猫の靴下20個、黒真珠3個、白真珠3個、紅真珠3個
魔法の甘い杖20個、ロリーポップ20個、星の飾り20個、リスのぬいぐるみ5個
金色の鈴20個、金粉10個、ヤジリ20個、パッチキット(小)
小さなユキダルマン50個
と中々骨のあるものばかり。かなり時間がかかるので暇があったら集めておこう。
それ以降はソロでは厳しいので、チームで行く事になる。募集があったらそれに参加したり募集をしたりしよう。
レベル200~240
主な狩場…影の塔35等、デリンセヒル
200からはハゼオンラインが続く。ハゼは敵の数が膨大でしかも個々は弱い…くせに経験値はたんまりとかなり美味い狩場。200ぐらいからソロができるだろう。
クラブダンジョンが実装された事により210になればハゼの混雑に悩まされることもなくなりレベル上げと貧乏はさらに加速する。金策はしっかりしよう。
ハゼが緑ネーム表示になった頃には肉を連れたほうが経験値も増えるため、もし150~200位のハゼソロできなくて困ってる人が居たら連れていってあげよう。

また、205からデリンセヒル進入クエストが進行出来るため、手をつけ始めておくと良い。
岩石高原はMOBが非常に強く被ダメも高いので、不安なら高レベルに警備をお願いしよう。
侵入には毎日の反復クエストで好感度上げをする場合、忘れ草の使用前提で6日掛かる。0時リセットなので忘れずに通おう。
レベル240~カンスト
そろそろPKステを組む事が出来る頃。覚醒も出来る。
デリンセヒルハードでも快適に狩りが出来るはずだ。レアを出して装備を増強しよう
とにかく強くなれ!!!!!!!!!そして要塞でIP倒すぞおらwwwwwwww
最終更新:2012年03月12日 14:46
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。