なまらジャズ / NAMARA JAZZ

【なまらジャズ】

ワンフレーズを繰り返すのって気持ちいいね!なまらすごいジャズがギタドラから登場だよ!

ポップンミュージック15 ADVENTUREで登場した楽曲。担当キャラクターはBボーン先生(3P)。
初出がGUITARFREAKSdrummaniaからの移植曲で、個人解禁イベントわくわくミミニャミ探検隊」で登場したイベント隠し曲

One Phrase Blues / 小野秀幸
BPM:150[N・5btn]、300[H・EX]
5b-13
N-16
H-27
EX-【15】33 ⇒ 【18】34
新難易度
5Buttons NORMAL HYPER EXTRA
× 22 33 40
 GF7th&dm6thのボーナストラックでのEXTRA STAGE曲として登場した曲が初出。10パートのホーンを使ったというビッグバンドジャズで、リズムのノリもジャズならでは特有さもある。地味なイメージのありそうなジャズだが、まさに曲名の通り同じフレーズの繰り返しが多く、テンションもそれに比例して上がるはず。陽気なイメージもこの曲ならでは。それはともかくこの曲が入るきっかけになったのは、実はトップランカー選手権の北海道エリア予選で生演奏して"なまら楽しかった"ことが影響している。そのため、ジャンル名は北海道弁の代表的な言葉である「なまら(=とても)」に由来する。
 速度変化が存在しない曲では、譜面によってBPMが異なるというパターンは実は初めて(以前に忍者ヒーローやヒロインがあったがそれとは違う)。本来のBPMは300だがN・5ボタンのみBPMが半分になっているのは、やはり初心者を考慮しているのだろう。ハイパーはBPMの割りに素早い小階段が頻繁に出てくるため、細かいフレーズの処理が問われるので地味に癖がありそう。EXはギタドラ系に見かける非常に癖が強い譜面で、16分ズレの2個同時押しや細かい階段殺し・タムロールパートなど難しめの配置が多く、中級者泣かせの構成。

他のBEMANIシリーズへの収録

GUITARFREAKSdrummania

  • GF7th、dm6thで初出。BPMは300となっている。

その他関連

  • メダルゲーム「Infinity Rings」において、インフィニティーチャンスに入った際のBGMとして選択できる曲で収録。

  • トップランカー決定戦で惜しくも決勝に残れなかった、1人の選手の好きな曲がこれであり、ポップンへの移植を小野氏と約束したエピソードがあったという秘話があるようだ。
  • サントラ及びギタドラと聞き比べると分かるが、このゲーム版では何故か出だしのハイハットの1つ目が抜けている(本来はタン、タン、タタタタのリズム)。

収録作品

AC版
ポップンミュージック15 ADVENTUREからの全作品

CS版

関連リンク

小野秀幸

楽曲一覧/ポップンミュージック15 ADVENTURE