※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

4.MAPの環境設定


ここでは霧や水面、太陽光などのMAP内環境についての解説を行っています
管理人もあまりよく理解していない分野なので
間違っていたりする部分があったらご指摘お願いします_| ̄|○


4-1.ライティングと空の設定
4-2.霧の設定
4-3.影の設定
4-4.水面の設定





4-1.ライティングと空の設定


赤丸の部分をクリックするとダイアログが出て太陽光や空の設定を行えます。



Sun, Light, and Sky Settings

Lights
GlobalAmbient - MAP全体に降り注ぐ光の色
Ambient - 自分に向かってくる光の色
Diffuse - 拡散する光の色(?)
Sprcular - 反射の色

Sky and Sun
Sky Box - 空の画像
Sky Height Offset - 空の高さ
Rotation Angle - 空の画像を回転させる
(角度を入力)
Light Direction - 太陽光の角度


Lightsに関してはよく解らんです
他のMAPのをパクって来たほうが早いかも(;´д`)

SkyBoxはMAP内の空の画像(セット)のことです
プリセットから選択できるので、MAPの雰囲気に合わせて選びましょう。

....説明になってないですね_| ̄|○


RtRのMAPのSkyBoxを使用する



RtRに登場するMAPの空を使用したい場合は、BCのメニューからTools → Con File Editorを起動し
MAP名\Init\SkyAndSun.con を開き

GeometryTemplate.file (FileName)

という文字列の(FileName)のところに使用したいSkyBoxのファイル名を入力します。

例:) Sky_Cassino_M1 (カッシーノの場合)

この方法でMAPを製作する場合、プレイ時には必ず
MAPを Mods\Xpack1\bf1942\Archives\levels に入れるようにしてください。



<Index>






4-2.霧の設定 (Fog Settings)


赤丸の部分をクリックするとダイアログが出て霧の設定を行うことが出来ます。



Fog Settings

Fog Enabled - MAP内で霧を有効にするかどうか

Fog Color - 霧の色
Fog Begin - 霧の開始距離
Fog End - 霧の終了距離

霧の色は空の色と合わせることをおすすめします
なぜならば地平線の部分で空と地面がくっきり分裂してしまって
あんまり見た目が良くないからです。


靄(もや)を再現したい場合



Fog Begin を - の値(負の値)に設定してみましょう

例:)
Fog Begin -50
Fog End 200

そうすると、自分の位置より後方で霧が発生するため
自分が霧に包まれるような感じになり、周りがボヤーっとぼやけます。

また、霧の色を暗く設定しておけば、夜戦も再現できるので大変便利だったりします。



<Index>





4-3.影の設定 (Shadow Setteings)


赤丸の部分をクリックするとダイアログが出て影についての設定が行えます。



Shadow Settings

Shadow Ambient - 影の色

Shadow Cull Y - ?

Shadow Intensity - 影の強さの度合い


これは地表に描写される影の設定なので
周りの雰囲気に合った色、濃さにして自然になるようにしましょう

.....説明になってないってばよ....._| ̄|○



<Index>






4-4.水面の設定 (Water Settings)


New Levelの設定画面の時にUse Water In This Mapにチェックを入れます。
これで水面の設定が反映されるようになります




(↓)ここをクリックすると水面の設定画面が出てきます



とりあえずここ(↓)をこんな感じに設定すると


良く解らないながらもダイアログ内の説明です(;´д`)

Water Settings

Water Specular Enable - 水面反射の有効・無効

Shallow Color - 浅瀬の色
Deep Color - 深みの色
Water Alpha Depth - 水面アルファ深度 [水面の透明度]
Water Shallow Depth - 水面の浅瀬の深度 [ 浅瀬の色(ShallowColor)の距離]

Layer# - 水面レイヤー(積層)設定
Texture - 水面に使用するテクスチャ
Scroll Direction - 水面テクスチャがスクロールする方向
Scroll Speed - 水面テクスチャがスクロールするスピード

Bump Map - 波の設定
Bump Map Texture - 波に使用するテクスチャ
Scroll Direction - 波がスクロールする方向
Scroll Speed - 波がスクロールするスピード
Tile Factor - タイルの因数(?)


(↓)こんな感じになりました。


一応ウェーク島から設定を一部ぱくって来たんですが…
現管理人も水面に関しては良く解らないです_| ̄|○




初期設定をしなかったときの対処


最初にUse Water In This Mapを有効にし忘れたり、
水を使う予定はなかったのに後で水を使いたいと思ったときの対処方法です


まずマップのrfaをひらいてInit.conに追加します
game.assaultTeam 2
と書かれた行の下に

water.specularEnable 1water.texLayer1 texture/water05water.texLayer2 texture/water06water.normalMap texture/normalMap01water.scrollDirectionNormalmap 1.000000/0.000000water.scrollDirection1 1.000000/-0.500000water.scrollDirection2 1.000000/0.500000water.specularColor 0.650000/0.550000/0.400000water.scrollLayer1 0.020000water.scrollLayer2 0.020000water.scrollNormalmap 0.020000water.specularStreakFactor 0.001000water.tileLayer1 0.500000water.tileLayer2 0.500000water.tileNormalmap 0.25water.lightDirection -0.300000/0.500000/-0.650000water.color 0.603922/0.584314/0.941177water.deepColor 0.5water.waterAlphaDepth 3.0water.waterShallowAlpha 0.1
と追加して、水を使ったマップのrfaを展開し
Watershader.rsというファイルを同じ場所に追加して再圧縮するか
又はBC'42上のAdd to Archive を使用してWatershader.rsを追加します。
我が家ではこうしないとUse Water In This Mapを有効にし忘れた場合に
水面の設定が保存されませんでした。



<Index>






マジで説明になってないですけれどもこれで勘弁してください( ´Д⊂ヽ
最終更新:2008年04月20日 01:07