不十分な部分もあります。

概要

WDCTMは略称。正式名称は[Weapons development center of Tomokota and maniacs]日本語訳で[トモコタとマニアたちの兵器開発所]
企業・勢力の体裁を成してはいるが、実際は「開発所」であり、利益よりも趣味、面白さなどを優先する傾向がある。
ここに集まる所員は、一人一人が趣味的で自由な、いわば「変態」「オタク」であり、
所内の上下関係は初見かつそこそこ以上に真面目な他組織の者が驚きすぎて反応が薄くなるほど緩い。
独特な兵器を数多く開発しており、使い手を選ぶ兵器も非常に多い。世に出るものには優秀な兵器も多いが、
それは恐ろしい程の量の企画のみ、設計図倒れ、試作機のみ、少数生産などでボツとなった兵器達の中から選ばれたもののみが世に出ているからである。
(兵器はともかく)政治的な黒さとは無縁であるが、あまりのメンバーの濃さと兵器試験場の危険のため、外部のものはあまり寄り付かない。
SEITA社とは関係が深いようだ。

徽章

使用素材=ただ絵.net様よりPC、シルエットデザイン様よりカラス。


+命名法則

機体の命名法則

TDM/FA-8 ミリタリィより正式な命名規則が制定、実施された。

TDM/[任務記号]-[数字][アルファベット] [愛称]


[任務記号]...その機体の遂行する任務や、設計思想を表す。複数用いられることもある。
F...近~中距離での戦闘を行う機体。
A...中~遠距離、遠距離では特に狙撃などを行う機体。
B...遠距離、砲撃や大量のミサイルによる攻撃などを行う機体。爆撃と表されるような攻撃を行う機体ならば近~中距離の機体でもつけられることがある。
E...偵察、電子戦を行う機体。
D...対象が無人、有人問わず指揮を主な任務とする機体。
C...輸送を主な任務とする機体。
K...他の機体への燃料弾薬の補給、修理を主な任務とする機体。
T...練習機。
X...技術試験機
複数用いられる場合もあるが、Xの任務記号は基本的に単体のみ。
複数用いられる場合、順番はT>F>A>B>E>D>C>Kの順となる。

接頭記号...任務記号の前に付けられる。ナンバリングは後の任務記号のものと共通。
Y...試作型の機体。
X...技術試験用に使用される通常機などに付けられる。

複数のバリエーションを持ち、バリエーションによって任務記号が変わるような機体の場合、
Fが含まれる任務記号の機体がバリエーションに一機でも存在するのなら任務記号は全バリエーション機でFAとなる。


[数字]...ナンバリング。任務種別ごとに異なるナンバリングがされるが、
複数の任務記号を持つ機体の場合、任務記号の最初のものと共通のナンバリングが用いられる。


[アルファベット]...バリエーションを表し、基本的に開発順にAから付けられる。I、Oは使用されない。
また、正式なバリエーション機ではない機体(現地改修型など)に対しては、ギリシア文字のφ(ファイ)を付ける。


[愛称]...愛称。基本的には規則はない。
傾向として、
[シリーズ愛称][ローマ数字]・[カタカナの何か]
が用いられることが多い。
ローマ数字は大きな変化(世代が変わるなど)の際に増加、・およびカタカナの何かはバリエーション機に用いられることが多い。

防術機


+レイヴン系列

レイヴン系列:カラスをモチーフとした機体で、WDCTM開発所の代表的な製品。

レイヴンの開発動機
レイヴンの開発は、変わった動機で行われた。
Unknown Artifact(異世界から来たという説が最有力視されるほどいつどこのものかわからないもの(遺産、遺物)を意味する用語)
に分類されるとあるロボゲーや資料をWDCTM社が入手し、それに登場するメカや、そのメカを駆る傭兵たちに魅了され、
頭が汚せ...ヘヴン状態になった社員たちおよび代表によって開発された。
かっこよさや、カラスというモチーフが重視されたためそのメカに似ている部分は少ないが、社員たちは満足、わりと優秀だったため
現在もWDCTM社の象徴的な製品として開発が継続されている。
このエピソードは、WDCTM社の[変態企業]ぶりを示す話の一つとして有名。

+第一世代レイヴン

第一世代レイヴン

WDCTM社開発の第一世代防術機。
数種類の装備を換装できる予定だったが、第二世代防術機の登場にともない、
換装システム作成前に第一世代レイヴンは開発を中断。
強行偵察型をもとに第二世代機へと改造、開発はそちらへ移行した。

レイヴン

画像


巡行モード

種別

?量機(第一世代)

機体データ

HEALTH(耐久力):詳細非公表
ENERGY(エネルギー容量):詳細非公表
地上移動速度:詳細非公表
空中移動速度:詳細非公表
武装:
WDCTM製:銃1号x1
動力:詳細非公表

解説

第一世代レイヴンのバリエーションの一つ。各バリエーションの基本となるものでもあり、
WDCTM開発所の防術機の第一号である。
特殊部隊などでの使用を想定されたステルス機。
高速移動や限定的な飛行、空輸および作業用のアームを装備し隠密性を重視された機体だが、
武装は歩兵の拳銃程度のものしか持たない。

ダウンロード


レイヴン・砲撃

画像


砲撃体勢

種別

?量機(第一世代)

機体データ

HEALTH(耐久力):詳細非公表
ENERGY(エネルギー容量):詳細非公表
地上移動速度:詳細非公表
空中移動速度:詳細非公表
武装:
WDCTM製:大砲1号x2
特殊装備:
WDCTM製:機体固定君1号
動力:詳細非公表

解説

砲撃タイプ。高速移動に使われていたスラスターでの反動軽減機能と、
腕および後部ハードポイントに装備された装備での機体固定が可能。
先端部のレドームを外しレーダーを露出、カメラアイの上半分も露出させた。
武装として戦車砲と榴弾砲の撃ち分けが可能な二連装砲を装備。

ダウンロード


レイヴン・シルフ

画像

種別

?量機(第一世代)

機体データ

HEALTH(耐久力):詳細非公表
ENERGY(エネルギー容量):詳細非公表
地上移動速度:詳細非公表
空中移動速度:詳細非公表
武装:
WDCTM製:レイヴン・シルフ専用装備名称未設定x1
特殊装備:
WDCTM製:偵察ポッド1号x1
動力:詳細非公表

解説

偵察タイプ。高速移動に使われていたスラスターでのジャンプが可能で、
レーダーの増設のため機体前部の延長と、耳のようなレーダーおよびセンサーを搭載。偵察ポッドも装備している。
全体的に最も戦闘向きであり、第二世代移行の際の素体にも選ばれた。
武装は専用装備名称未設定(ブレード+ショットガン)

ダウンロード


レイヴン・メイヴ

画像

種別

?量機(第一世代)

機体データ

HEALTH(耐久力):詳細非公表
ENERGY(エネルギー容量):詳細非公表
地上移動速度:詳細非公表
空中移動速度:詳細非公表
武装:
なし
特殊装備:
WDCTM製:AWACSレドーム一号x1(大型レーダー)
動力:詳細非公表

解説

電子戦・管制タイプ。前部レーダーやカメラアイ上半分の露出はもちろん、スナイパーのようなスコープを二つ増設
 、アームで大型のレーダーを持ち、後部ハードポイントにもレーダーを追加した。
また、オレンジ色のカプセル状の物は人間が搭乗できる場所であり、電子戦任務や管制・指揮、操縦などを行える。
なお、この機体は非武装である。機動力も最低で、戦闘は想定されていない。

ダウンロード


+第二世代レイヴン

第二世代レイヴン

第一世代レイヴンの強行偵察型をもとに第二世代機へと改造した機体とその派生量産機

レイヴン・シルフィード

画像

種別

?量機(第二世代)

機体データ

HEALTH(耐久力):詳細非公表
ENERGY(エネルギー容量):詳細非公表
地上移動速度:詳細非公表
空中移動速度:詳細非公表
武装:
SEITA社製:急造マシンガンx1
WDCTM製:急造ブレード君(レーザー)x1
特殊装備:
WDCTM製:機体固定君1号x1(0.5)
動力:詳細非公表

解説

レイヴン・シルフを元に改造された機体。脚部は第二世代の逆関節に換装され、胴体下にメイヴのスコープ、
背部ハードポイントに砲撃型の腕及び腕部機体固定装置を装備。
武装として空輸用アームにリロード弐型のものと同じ急造品マシンガンとWDCTM社製急造レーザーブレードを
装備している。
正式な採用はレイヴンIIで行われたため、個人からのオーダーでのみ生産している。

ダウンロード


レイヴンII

画像

種別

?量機(第二世代)

機体データ

HEALTH(耐久力):詳細非公表
ENERGY(エネルギー容量):詳細非公表
地上移動速度:詳細非公表
空中移動速度:詳細非公表
武装:
SEITA社製:急造マシンガンx1
WDCTM製:急増ミサイルランチャー君x1
WDCTM製:急造シールド君(EN)x1
特殊装備:
WDCTM製:高速旋回装置x1
動力:詳細非公表

解説

正式採用された第二世代レイヴン。レイヴン・シルフィードの量産型とも言える。
レイヴン・シルフィードから胴体下スコープを廃止、背部ハードポイント装備を高速旋回装置と二連装ミサイルに換装、
腕部を普及しており空輸用でなく[腕]であるリロード弐型のものに換装、装備もブレードを急造品ENシールドに変更した。
扱いやすい機体を目指して開発されたが、ブレードを装備していないことなどから接近戦に弱く、孤立は他防術機以上に
命取りとなる。少数戦も望ましくない。
総じて器用貧乏と言える機体であり、近接用装備を装備することが推奨される。

ダウンロード


+第三世代レイヴン

第三世代レイヴン

:第三世代レイヴンには、サブカラーとして白のカラーリングが施されており、WDCTMはこれを自らのシンボルカラーなどに変更することを推奨している。

レイヴンⅢ

画像


Fユニット「レイヴンⅢ標準ユニット」装備時

種別

?量機(第三世代)

機体データ

HEALTH(耐久力):詳細非公表
ENERGY(エネルギー容量):詳細非公表
地上移動速度:詳細非公表
空中移動速度:詳細非公表
武装:(レイヴンⅢ用ユニット「レイヴンⅢ標準ユニット」のもの。)
WDCTM製:レイヴンシューターシステム「武器腕君」
WDCTM製:レイヴングラップラーシステム「Crow-claw/incomplete]
特殊装備:(レイヴンⅢ用ユニット「レイヴンⅢ標準ユニット」のもの。)
WDCTM製:レイヴンバックパックシステム「レイヴンウィング」
動力:詳細非公表

解説

WDCTM開発所開発の第三世代防術機。レイヴンシリーズ
第三世代の登場にともない開発された機体。
右腕部は武器腕の装備を想定しているが、通常武器や腕部を装備するのも選択肢だろう。
ジャンプやブーストダッシュに対応した動作が搭載されているが、ユニットの方が対応しているとは限らない。
人型になった事によりレイヴンのモデルとなったメカに近づいたと所員達は喜んだという。
また、この機体に適したユニットとして「レイヴンⅢ標準ユニット」が開発、生産されており、
このデータの武装、特殊装備の欄はこのユニットのものである。
なお、バックパック「レイヴンウィング」は、第一、第二世代レイヴンの背部スラスターと同様のものである。

ダウンロード


レイヴンⅢ Mk.2

画像

種別

?量機(第三世代)

機体データ

HEALTH(耐久力):詳細非公表
ENERGY(エネルギー容量):詳細非公表
地上移動速度:詳細非公表
空中移動速度:詳細非公表
武装:
WDCTM製:銃2号(実弾アサルトライフル兼ENスナイパー)
WDCTM製:戦闘ナイフ「ヤローォ・ブッコ・ロッシャァァァアアア!!!」
特殊装備:
WDCTM製:機体固定君2号
動力:詳細非公表

解説

WDCTM開発所開発の第三世代防術機。レイヴンシリーズ
第四世代の登場の際、第四世代型レイヴン完成までのつなぎとして開発された、レイヴンⅢの改修機。
肩部形状のリファインや両腕が「腕」になったという変更点及び武装の変更、常時滑走移動するなどの変更があるが、
大きいものとして、第四世代で登場、普及している「サイドブースター」と呼ばれる新方式のブースターユニットの採用がある。
これにより、前後方向に同等の速度を入手し、前後上に同じスラスターを使用できるためコストが抑えられ、整備製も向上した。
この機体に装備されているものはWDCTM製サイドブースター「みぐにーいち」であり、WDCTMには珍しく安価、良好な整備製、高い信頼性を備えた実戦的なパーツとなっている。
また、この機体の特殊機能として、下方向にもブーストすることが可能。

ダウンロード


+第四世代レイヴン(制作中)

第四世代レイヴン

:第四世代レイヴン:レイヴンⅣが計画されている。

レイヴンⅣ

画像

imageプラグインエラー : 画像URLまたは画像ファイル名を指定してください。

種別

?量機(第四世代)

機体データ

HEALTH(耐久力):詳細非公表
ENERGY(エネルギー容量):詳細非公表
地上移動速度:詳細非公表
空中移動速度:詳細非公表
武装:
WDCTM製:BIGM/EN-1「追尾エネルギー弾発射機その1」
特殊装備:
WDCTM製:OB-1「オーバード・ブースト」
動力:詳細非公表

解説

WDCTM開発所開発の第四世代防術機。レイヴンシリーズ
第四世代の登場にともない開発された機体。
頭部、胴体、腰のセットを基本とし、手足及びその他装備を3種のセットに換装することが可能。
愛称は「レイヴンⅣ(ワタリガラス)」

+レイヴンⅣ3種

レイヴンⅣ(軽)

画像

imageプラグインエラー : 画像URLまたは画像ファイル名を指定してください。

種別

?量機(第四世代)

機体データ

HEALTH(耐久力):詳細非公表
ENERGY(エネルギー容量):詳細非公表
地上移動速度:詳細非公表
空中移動速度:詳細非公表
武装:
WDCTM製:BIGM/EN-1「追尾エネルギー弾発射機その1」
以下未定
特殊装備:
WDCTM製:OB-1「オーバード・ブースト」
以下未定
動力:詳細非公表

解説

レイヴンⅣの軽量タイプ
制作中

レイヴンⅣ・ホーネット

画像

imageプラグインエラー : 画像URLまたは画像ファイル名を指定してください。

種別

?量機(第四世代)

機体データ

HEALTH(耐久力):詳細非公表
ENERGY(エネルギー容量):詳細非公表
地上移動速度:詳細非公表
空中移動速度:詳細非公表
武装:
WDCTM製:BIGM/EN-1「追尾エネルギー弾発射機その1」
WDCTM製:MG/H-4「スターボゥ・AR」
以下未定
特殊装備:
WDCTM製:OB-1「オーバード・ブースト」
WDCTM製:HB-1「ツヨイ・ダッシュブースト」(左右)
以下未定
動力:詳細非公表

解説

レイヴンⅣの中量タイプ

レイヴンⅣ(重)

画像

imageプラグインエラー : 画像URLまたは画像ファイル名を指定してください。

種別

?量機(第四世代)

機体データ

HEALTH(耐久力):詳細非公表
ENERGY(エネルギー容量):詳細非公表
地上移動速度:詳細非公表
空中移動速度:詳細非公表
武装:
WDCTM製:BIGM/EN-1「追尾エネルギー弾発射機その1」
以下未定
特殊装備:
WDCTM製:OB-1「オーバード・ブースト」
以下未定
動力:詳細非公表

解説

レイヴンⅣの重量タイプ


ダウンロード




+ミリタリィ系列

ミリタリィ系列:計画中 まだ作ってません



+第四世代ミリタリィ

第四世代ミリタリィ

:

レイヴンⅣ

画像

imageプラグインエラー : 画像URLまたは画像ファイル名を指定してください。

種別

?量機(第四世代)

機体データ

HEALTH(耐久力):詳細非公表
ENERGY(エネルギー容量):詳細非公表
地上移動速度:詳細非公表
空中移動速度:詳細非公表
武装:
WDCTM製:BIGM/EN-1「追尾エネルギー弾発射機その1」
特殊装備:
WDCTM製:OB-1「オーバード・ブースト」
動力:詳細非公表

解説

WDCTM開発所開発の第四世代防術機。レイヴンシリーズ
第四世代の登場にともない開発された機体。
頭部、胴体、腰のセットを基本とし、手足及びその他装備を3種のセットに換装することが可能。
愛称は「レイヴンⅣ(ワタリガラス)」

+ミリタリィ 種

レイヴンⅣ(軽)

画像

imageプラグインエラー : 画像URLまたは画像ファイル名を指定してください。

種別

?量機(第四世代)

機体データ

HEALTH(耐久力):詳細非公表
ENERGY(エネルギー容量):詳細非公表
地上移動速度:詳細非公表
空中移動速度:詳細非公表
武装:
WDCTM製:BIGM/EN-1「追尾エネルギー弾発射機その1」
以下未定
特殊装備:
WDCTM製:OB-1「オーバード・ブースト」
以下未定
動力:詳細非公表

解説

レイヴンⅣの軽量タイプ
制作中


ダウンロード





+アーサー系列
+第三世代アーサー

アーサー

画像

imageプラグインエラー : 画像URLまたは画像ファイル名を指定してください。

種別

?量機(第三世代)

機体データ

HEALTH(耐久力):詳細非公表
ENERGY(エネルギー容量):詳細非公表
地上移動速度:詳細非公表
空中移動速度:詳細非公表
[第一形態時]
武装:
WDCTM製:エクスカリバー・レプリカ・・・(未開放、ただの低威力実体ブレード)
WDCTM製:急造ミサイルランチャー
特殊装備:
WDCTM製:風王結界(笑)・・・(ENシールド)
[第二形態時]
武装:
WDCTM製:エクスカリバー・レプリカ・・・(解放、近接)
WDCTM製:模・約束された勝利の剣(笑)・・・(レーザー)
WDCTM製:急造レーザー砲
特殊装備:
なし

動力:詳細非公表

解説

WDCTM開発所開発の第三世代防術機。アーサーシリーズ。
WDCTMが入手した、未知のエネルギーを生成する結晶状の物体(WDCTMはこのエネルギーを風属性魔力、この物体を風石と呼称)の複製を副動力として搭載、
同様に入手した、このエネルギーを収束するような回路状のものが存在する西洋風の剣(エクスカリバーと命名)の模造品を装備した実験的な機体。
第一形態時は通常動力で動作、火力不足を補うために腕部にはミサイルランチャーが装備されている。また、使用されていないために余裕のある風石の未知エネルギーでENシールドを展開できる。
第二形態時は、風石のリミッターを解除し未知エネルギーを限界寸前まで引き出し、風石による風の発生による飛行、エクスカリバー・レプリカに未知エネルギーを通すことで威力が大幅に上昇、その未知エネルギーをレーザー状にして放つことが可能だが、
機体への負荷およびコンピューターの処理のためのメモリ確保のため左腕部の肘から先はパージ、ENシールド発生装置は未知エネルギーに耐え切れず破損、レプリカのエクスカリバーのために収束が不完全であり、未知エネルギーの一部は周囲に飛散あるいは機体本体へ逆流、レプリカのため小さい風石の出力不足と相まって細く低威力(オリジナルに比べてであり、防術機武器として十分高威力)なレーザーとなってしまう。
また、レーザーの連続使用では逆流した未知エネルギーにより左腕部(胴体との接続部)が吹っ飛ぶ、さらに使用し続けるとパイロット保護のためコックピットハッチがパージ、それでも使用し続けると頭部も吹き飛ぶ。
また、レーザーの威力不足を補うためにレーザー砲が後付けされている。

おまけ ユニット
アーサー専用ユニット「King Of ターンテーボー」
アーサーの武装および特殊装備にはユニットとしての名称がつけられている。
ただし、実際にはユニットではなく、アーサーにもユニットの換装能力はない。
手持ち武器を装備することは可能だが、コンピューターへの負荷により第二形態時には捨てねばならない。
エクスカリバー・レプリカについても、他機体では能力を十全に発揮できないと思われる。

ダウンロード




+開発所配備機・フレーバー
+開発所配備(量産機)

WDCTM-TYPEⅠ

画像

imageプラグインエラー : 画像URLまたは画像ファイル名を指定してください。

種別

?量機(第一世代)

機体データ

HEALTH(耐久力):詳細非公表
ENERGY(エネルギー容量):詳細非公表
地上移動速度:詳細非公表
空中移動速度:詳細非公表
武装:
WDCTM製:レイヴンシューターシステム「武器腕君」
○○製:パイルバンカー(クーガーのやつ)
特殊装備:
なし
動力:詳細非公表

解説

WDCTM開発所所属の量産機。無人かつ半自立駆動であり、なにかあるとたいていこいつが何機か出張ってくる。
大量に購入、余っていた旧型クーガーの上半身を、適当な車体に搭載、ガトリングをこれまた余っていた「武器腕君」に換装したもの。
ガトリングが取り外されたのには優秀な武装を他兵器に流用する意図、下半身には流用および整備性向上、部品取りの意図もあった。

WDCTM-TYPEⅡ2

画像

imageプラグインエラー : 画像URLまたは画像ファイル名を指定してください。

種別

?量機(第二(?)世代)

機体データ

HEALTH(耐久力):詳細非公表
ENERGY(エネルギー容量):詳細非公表
地上移動速度:詳細非公表
空中移動速度:詳細非公表
武装:
WDCTM製:銃二号
WDCTM製:急造ブレード君(レーザー)-出力低下
特殊装備:
WDCTM製:サイドブースター「みぐにーいち」(後進用)
動力:詳細非公表

解説

WDCTM開発所所属の量産機。たいてい無人かつ半自立駆動であり、TYPE-Ⅰでは不十分な場合や、不整地、高速性の要求される場面だとこいつが出張ってくる。
レイヴン・シルフィードの改修機。主に脚部先端の改修、ソフトウェアの変更、右腕武装の変更(マニピュレーターも取り付けられている)、
機体先端への小翼の取り付け、サイドブースター「みぐにーいち」の後部ハードポイントへの取り付けによる後進能力獲得などが施されているが、ブレードの出力は低下している。
第二世代機ではあるが、高速性と後進能力の面で第四世代ともいえなくもない微妙な分類の機体である。なお、「みぐにーいち」は固定されており、後進にしか使用できない。


+通常戦闘参加不能、そもそも防術機じゃないとか。ただの雰囲気設定、あるいは、試しに作ってみただけの機体もここに入れてたり。
+サムライ系列試作機(未完成)

SABURAHI (ボツ)

画像

種別

?量機(第二世代)

機体データ

HEALTH(耐久力):詳細非公表
ENERGY(エネルギー容量):詳細非公表
地上移動速度:詳細非公表
空中移動速度:詳細非公表
武装:
WDCTM製:ボウジュツギッチョン
特殊装備:
なし
動力:詳細非公表

解説

WDCTM開発所開発の未完成試作機、サムライシリーズの一機目。
武装は超強力なブレード一本、ゴミクズな飛行、旋回性能と引き換えに凄まじい速度の前方ダッシュを獲得し、ブレードの威力は重装甲重量機を瞬殺するほどであった。
あまりに極端すぎる移動性能、紙装甲、強力な代わりに連続使用(2~3振りほど)によって機体が損傷、最終的には大破同然となるブレードなど、あまりに極端すぎて不採用となった。

BJ-WDC-SF-BRL-X2 (不採用)

画像

種別

?量機(第二世代)

機体データ

HEALTH(耐久力):詳細非公表
ENERGY(エネルギー容量):詳細非公表
地上移動速度:詳細非公表
空中移動速度:詳細非公表
武装:
WDCTM製:無銘「ボウジュツギッチョンⅡ」
特殊装備:
なし
動力:詳細非公表

解説

WDCTM開発所開発の未完成試作機、サムライシリーズの二機目。
一機目のSABURAHIを調整した機体であり、ダッシュ速度低下、ブレード威力低下の代わりにまともな旋回性能、ゴミクズではない飛行を手に入れ、ブレードで機体大破することもなくなった。
紙装甲高火力近接の近接特化機といった性能であったが、不採用となった。一機のみのSABURAHIと違い3機ほど生産されており、二番機と三番機はTYPE-Ⅱに混じって出撃することがある。

サムライ (凍結)

画像

種別

?量機(第三世代)

機体データ

HEALTH(耐久力):詳細非公表
ENERGY(エネルギー容量):詳細非公表
地上移動速度:詳細非公表
空中移動速度:詳細非公表
武装:
WDCTM製:予備刀「脇刺」
〇〇製:テスト用シンプルレーザーブレード
特殊装備:
なし
動力:詳細非公表

解説

WDCTM開発所開発の未完成試作機、サムライシリーズの三機目。
第三世代機であり、近接をメインとしつつも、ある程度の射撃と、薙ぎ払うようにばら撒く射撃を可能とし、剣術のような動きを行い、メイン刀は換装できる機体を目指して開発されていた。
しかし、剣術モドキを行える動作のソフトウェアが制作できないという技術的問題から、予備兵装としての小型、最低限の威力の予備刀「脇刺」の装備時点で開発は中止となってしまった。
また、歩行についても人間に近い動作を目指して失敗、不完全なままである。




兵力

防術機を主な戦力とする3種類(実質2種類)の軍団を持つ。
軍団とは言っても、兵力はまちまち。

+WDF-TYPE-00
「WDForce-TYPE-00」
最も最初に作られた軍。TYPE-[ローマ数字]と銘打たれた数種の機体群を運用、完全無人である。
TYPE-[ローマ数字]...現状TYPE-ⅠからTYPE-Ⅶまでが存在している。
TYPE-Ⅰは物量重視、TYPE-Ⅱはその性能上昇型、TYPE-Ⅶは電子戦、指揮官機であることが決まっている。
機体の更新やバリエーションの場合、機体の変更は名称の後ろに数字が付き、バリエーション機はその後ろにアルファベットが付く。

現在の所属機
TYPE-Ⅰ...クーガー旧型ベースの機体
TYPE-Ⅱ2...レイヴン・シルフィードベースの大幅改修機
TYPE-Ⅲ3...名蟻研製 N1装脚
TYPE-Ⅳ...非公表
TYPE-Ⅴ...非公表
TYPE-Ⅵ...非公表
TYPE-Ⅶ2...レイヴンⅢベースの狙撃・電子戦機。詳細非公表

過去の所属機
TYPE-Ⅱ...レイヴン・シルフィード
TYPE-Ⅶ...レイヴン・シルフィードベースの狙撃・電子戦機
TYPE-Ⅲ...リロード壱型
TYPE-Ⅲ2A...レイヴンⅢ+レイヴンⅢ専用ユニット
TYPE-Ⅲ2B...レイヴンⅢ+スタンダードユニット

+WDTF
「WDTaskForce」タスクフォースの名を冠しているが軍団である。
新設された軍。
上位の指揮官クラスは有人機であるが、それ以外は無人機である。
TDM/DA-8ミリタリィ系列の装備が予定されている。

+WDCTM-Museum
「WDCTM-Museum」WDCTM博物館。
ボツ機の試作機体や基本的に実戦投入されない機体など及び防術機以外の兵器(輸送機)などが所属する。
大抵の場合無人である。実戦に出ることは基本的にないが、一部の機体は他の軍団に混じって参戦することもある。
所属機
SEITA製 クーガーⅢ(重)
SABURAHI
BJ-WDC-SF-BRL-X2
サムライ
センスイイチゴウ
アーサー
アーサー・オリジナル
マッドサイエンス
その他旧式機、売れ残りの一部などもここの所属となる。
ーー防術機以外ーー
輸送機(ヘリコプター、詳細非公表)
輸送機(飛行機、詳細非公表)
ジープ(詳細非公表)
トラック(詳細非公表)
重爆撃機(飛行機、詳細非公表)
ジェット戦闘機(飛行機、詳細非公表)
ジェット攻撃機(飛行機、詳細非公表)
レシプロ戦闘機(飛行機、詳細非公表)
最終更新:2017年05月08日 03:50