ClickJapan@wiki

ハンガリーからの10曲(第3回3国合同ねとらじ)

最終更新:

clickvip

- view
メンバー限定 登録/ログイン

ハンガリーからの10曲

日本語ページ: 日本の10曲  /  ハンガリーの10曲  /  台湾の10曲
English Page: Japan 10 songs  /  Hungary 10 songs  / Taiwan 10 songs

  1. Dob + Basszus - Hiperkarma
  2. Hello Tourist - Emil Rulez
  3. Bogozd ki - 30y
  4. K-K-Ketszer - Supernem
  5. Meggyújtom a pipám - Besh o drum
  6. Betlehemi királyok - Kormorán
  7. Játssz még - Szekeres Adrien
  8. Ha én lennék - Kiscsillag
  9. Rázd még - Varga Zsuzsa
  10. Wings of love - Zagar


01.Dob + Basszus - Hiperkarma

hanocha5935.jpg
1999年からロックミュージシャンとして活躍し、多くの素晴らしい歌、心動かすバラードを我々に与え、3つのアルバムが全て人気作となった彼らは、今年の夏に解散を発表しました。
ライブで彼らは有名となり愛されていたが、最後のライブは納得が行きにくいできだった、このことが解散の原因となったのか、はたまた活動に疲れてしまったのかはわからない。
この歌は若干の皮肉が込められている歌で、エレクトロニックミュージックを好み、ドラムとベース音をいつも聴いている人たちのことを歌っている。彼らは、世界のことも自分自身のことも考えずひたすらドラムとベースの世界に浸っている。
この歌は、ミュージシャンとフェスティバルを扱うテレビ番組のOPテーマに使われている。


02.Hello Tourist - Emil Rulez

hanocha5936.jpg
90年代に3人のミュージシャンが、趣味でバンドを組んだのが事の始まりです。一人が脱退しても尚、特有の音楽を奏で続けています。彼らは独特の雰囲気と、皮肉を含めつつユーモアのある歌詞を乗せてジャズを披露します。彼らの歌は励ましの音楽で、ハンガリー語を巧みに用いています。
よく風刺的、批評の番組に出演し、ユーモアのセンスを持ち合わせてはいるものの、まだ彼らは未だ広い範囲で知られてはいません。しかし、得ている人気は彼らを頂上に持ち上げて行くには充分とも言えます。
この「Hello Tourist!」は、ハンガリーの他のバンドを婉曲に映し出したかのように、たどたどしい英語で歌われています。作った歌を英語に訳すことが、国際的に活動の幅を広めるため、歌手の間で慣習化しています。ハンガリーから世界へ発信するのは非常に難しく、一方でとんでもない発音となってしまう場合があります。
おもしろいことに、このたどたどしい英語で歌われたこの歌は、ハンガリー国内でEmil RuleZ一番の人気曲となっています。


03.Bogozd ki - 30y

hanocha5937.jpg
若々しく、他に類を見ないこのバンドは2000年に結成されました。しかし、最初のアルバムは2004年発表となり、しかもインターネット配信のみという形。続き2005年発表の2ndアルバムも同様でした。初めてCD音源として作られたアルバムは2006年に発表され、それ以降、彼らの爽やかで生き生きとした音楽により、このバンドはファンを獲得し、もっとも人気のあるバンドの一つになりました。彼らのライブは近年非常に人気があり、毎回大勢のファンがかけつけます。
この「Bogozd ki – Puzzle out」はバンドのメンバーが抱えるような日常の悩みを歌ったものです。何か悩んだとき、それは自分の力で乗り越える必要があります。例えば冷たくなってしまった友人関係、そんな困難も自分で乗り越えねばならないのです。


04.K-K-Ketszer - Supernem

hanocha5938.jpg
Supernemは2001年に結成された三人組(テレビに出演して名を知られていたSzabolcs Papp率いる)で、1stアルバム「Louder!」を2003年の春に発表した。その後二枚のアルバムを発表し、最新のアルバム「Nemde」は2007に発表された。
このポップパンクバンドは今日ではヨーロッパにも人気が広まっている。彼らの歌詞は若者が生活の中で抱える問題や悲しみを表している。
この歌は1stアルバムに収録されている「D-d-double」。どもりがちな少年が頂点を目指す物語です。


05.Meggyújtom a pipám - Besh o drom

hanocha5946.jpg
ワールドミュージックド・Beshodromは1999年に結成され、1stアルバムと2ndアルバムはすぐさまプラチナディスク・ゴールドディスクとなった。
バルカン・フォークの文化から築き上げられた彼らの独特の音楽は聴く人に記憶に残り、多くの人に知られ、ハンガリーだけでなく世界の多くのフェスティバルで人気となった。

彼らは世界で広く知られているアーティストになり、Montreal Jazz Festivalで、数千の参加グループの中で大きな成功をおさめました。
この「Meggyújtom a pipám」は、ギリシャ、エジプト、そしてバルカン地方の音楽をハンガリーのフォークミュージックの要素を合わせたもので、心地よいリズム、力強さ、そして隠れた寂しさがあります。
この歌は恋人に振られた、あるいは遠くへ行かれてしまい一人になってしまった人々を歌っています。


06.Betlehemi királyok - Kormorán

hanocha5945.jpg
31年目を迎えるこのKormoránは"Hungaricum"と呼べるでしょう。
ここ数十年にわたって、ハンガリーの代表的な音楽グループであり続けています。
基本はシンプルで、ハンガリーのフォークミュージックの要素と、彼らのソフトロックを組み合わせているのが彼らの音楽で、ほぼ全ての曲で伝統的な楽器を用いています。
彼らはヨーロッパのほとんどの国を訪れ、よく歌手にアルバムの楽曲を提供したり、ハンガリーのいくつかの人気映画にも提供しています。
彼らの歌や活動はおおよそハンガリーの歴史・国家を対象にし、今や国家代表のグループになっています。

更に、政府やハンガリー科学アカデミーから勲章を得ています。

この歌は、(特に西欧諸国で)有名な、救世主キリストについて書いた聖書の物語です。彼がクリスマスに生まれた日、三人の王様が彼を歓迎し、プレゼントを贈呈するために訪れました。
ハンガリーを含め、ヨーロッパの人々はこの物語に関するミニチュアを作り、演じます。おそらく全てのhupperは最低一度これを経験しているのではないでしょうか。


07.Játssz még - Szekeres Adrien

hanocha5941.jpg
Szekeres Adriennは幼い子供のころに歌手になると決意し、夢をかなえるため特別な学校に入学、子供部門のコンテストで優勝する。1995年、彼女は"Hot Jazz Band" にゲストシンガーとして参加。1997年には自身のグループ "Unisex" を結成、グループは凄まじい人気だった。最初のアルバムからは5曲がトップヒットとなった。

しかし2001年、彼女はソロ・キャリアをスタートさせることを決意する。
最近の数年間に彼女は2人の子供を生み育ているが、彼女のアルバムはすべてヒットした。彼女は広く知名度があり、人気があり、大衆に愛される歌い手で、非常に才能に恵まれたアーティストとして認知されている。

この曲は、数週間前にリリースされたばかりの彼女の最新アルバムから。タイトルは "もっと Play して" という意味で、人々に対して(もともとはミュージシャンたちに向けて、「 Playを続けて。たとえ誰もあなたを理解しなくても。たとえ、他人があなたをクレイジーだと思っても。もっとPlayして!」と呼びかけている。これは私たちが全クリッカーに送りたい重要なメッセージだ。もっとPlayして、たとえなにが起ころうとも!


08.Ha én lennék - Kiscsillag

hanocha5942.jpg
Kiscsillag は2005年、ハンガリーのオルタナロックバンド Kispál és a Borz のメンバー3人と、同じくよく知られたロックバンド Pál Utcai Fiúkの1人によって結成された。彼らは“趣味の音楽活動”としてバンドを始めたのであり、有名になるためではなく、自分たち自身の楽しみのために演奏した。音楽活動に割く時間もあまり持っていない。彼らは何とかファーストアルバムを作った。
この曲、"Ha én lennék" は、Kispálのオルタナティブロックのファンたちから愛されている。両者はいくぶん似ており、アーティスティックな歌詞とアブストラクトサウンドが特徴だ。歌い手は仮定の話を想像しての迷いを歌っている。 「もしもきみが僕の恋人になったら…」 ロマンティックな曲には違いないのだが、可笑しみのある表現が歌詞に用いられている。


09.Rázd még - Varga Zsuzsa

hanocha5943.jpg
Varga Zsuzsaは1976年生まれ、小学校時代に歌と音楽を学び始めた。彼女が友人たちとともに音楽活動を開始し、レコーディングを行ったとき、彼女は学生だった。彼女たちのグループ "Venus" は1999年から2000年にかけて2枚のアルバムをリリース、プラチナを獲得するなど大成功をおさめた。
2002年、彼女はグループを脱退し、2003年にファースト・ソロ・アルバムをリリース、ベスト・ハンガリアン・ポップアルバム賞を獲得目前だった。彼女は何人かの有名アーティストと競演を行い、年を追うごとに有名になっていった。今年、彼女は新しいバンドを結成し、新アルバムを製作した。
"Rázd még" は彼女のファースト・ソロ・アルバム "Szivadóvevő" に収録。シンプルなメロディーと歌詞のこの曲はとても明るく、エネルギーにあふれたナンバーだ。「私と一緒に Shake して! 眠ったらだめ、とにかく他のことしちゃだめよ?」


10.Wings of Love - Zagar

hanocha5944.jpg
2001年、"Yonderboi Quintet"のメンバーのうちの3人にドラマー1人がくわわり、"Pulzus" 名義で活動を開始した。彼らはすぐに独自のサウンドを発展させ、2002年には"Zagar"という名前で、ハンガリー内外の音楽フェスティバルに出演するようになった。同年、彼らはファーストアルバム "Local Broadcast" をリリース、非常な成功を収めた。以来、彼らはもっとも有名なハンガリーのアーティストのひとつとなり、ハンガリーのみならずヨーロッパ全土で行われるほとんどのフェスに出演を果たしている。
女性グループ "Underground Divas" をフューチャーしたこの曲 "Wings of Love" は最新アルバム "Cannot Walk, Fly Instead" に収録、愛という感情の喜びについて語っている。あなたが誰かを愛し愛されるとき、あなたは何だって出来るし、誰もあなたを止められない。それが私たちの秘密だ。私たちは強く変わることのない“愛”を感じている。このゲームに。そして、私たちの対戦相手であり親愛なる友人であるタッパーとビッパーに。それが私たちがクリックを止めることができない理由なのだ。
記事メニュー