弓島由一幕間その1

最終更新:

dangerousss3

- view
管理者のみ編集可

弓島由一の能力に関する九つの報告

(幕間SSというより能力の補足的な何か)

1.運動中の物体に対しガンフォール・ガンライズを使用した場合、運動が連続している間は移動操作権が維持される。その際にガンフォール・ガンライズで移動させた場合、物体の慣性は消失する。

 運動中の物体にガンフォール・ガンライズを使ったらどうなるのか?
 外力が働いていないため、慣性運動中でもその効果を発揮できるだろうことは想像に難くない。
 由一はボールを空中に放り投げ、特殊銃のスタームルガーで撃ちぬいた。
 ボールを地面に向かってスライドするように下降させる。
 このとき、ボールの予測落下地点とガンフォール・ガンライズ使用時のボールの位置が大きく離れていたことから、ボールの慣性はガンフォール・ガンライズによる移動操作で消失したことになる。

2.壁や地面にぶつかって跳ね返ったりなど、運動の連続性が途切れた場合、ガンフォール・ガンライズによる移動操作権を消失する。2.

 同様に放り投げたボールを撃った後、一度バウンドさせる。壁にぶつける。別のボールをぶつけるなどの行為を行った。
 これらの後、ガンフォール・ガンライズによる移動操作が出来なかったことから、慣性運動の最中でも外力が加わると能力が解除されることが判明した。


3.慣性移動している密閉空間(自動車や電車など)にガンフォール・ガンライズを使用した場合、中にある物体ごと慣性は消失する。

 等速度運動を行なっている自動車にガンフォール・ガンライズを使用したら、1,2と同様にその慣性は消失した。
車だけに有効ならば、ドライバーは急ブレーキを掛けた時のように前方向に飛ばされるはずだが、そのような結果は得られず、車内の荷物は微動だにしなかった。
 このことから、運動する特定の密閉空間内の慣性も消失する、と考えられる。
 なお、この検証は大会運営の協力のもとに行ったものであり、無関係な一般市民を巻き込んではないないことを留意しておく。


4.慣性移動している密閉空間内の物体にガンフォール・ガンライズを使用した場合、外部から見た慣性は消失しない。

 走行している電車内でガンフォール・ガンライズを使うと、慣性が消失するならそのまま車内の奥まで飛ばされるように考えられたが、そのような結果は得られなかった。


5.人間に向けて打つ場合、生身の部分に着弾させなければほぼ効果がない。生身の部分に着弾した場合、衣服や装備品は「人間の一部」として認識される。

 ガンフォール・ガンライズで発射された弾丸は、服に当たった場合その服を着た人間を沈めることは出来ない。
だが、生身の部分に当てると、衣服や装備品ごと沈めることができる。
 これは、「人間」を構成する要素に衣服や装備品が含まれるが、衣服を構成する要素に「人間」が含まれないからだ、と考えられる。
 すなわち「由一が人間をどう認識しているか」という問題でしかない。

6.ガンフォール・ガンライズによって操作させられた人が魔人能力などで武器を創りだした場合、前述の「人間の一部」として認識されない

 由一が自らにガンフォール・ガンライズを使用し、沈んでいく途中、ガンフォール・ガンライズで新たな銃を創りだした。
 その状態で沈もうとしても特殊銃は沈まなかった。
 これは、「着弾時の人間の状態」に左右されるからだと考えられる。

7.ガンフォール・ガンライズで移動させる時は静止しているものしか通り抜けられない。

 ガンフォール・ガンライズで平行移動しているボールに対して通常のボールをぶつけると、その移動操作権が失われた。
 当然のことだが、運動している物体まで通過できるならば、外力を加えることがほぼ不可能だ。
 そのため、静止している物体しか通り抜けられないのは普通だと考えられる。
 ただし、走行中の電車などをすり抜けて上昇可能なのを鑑みると、案外曖昧なのかもしれない。

8.ガンフォール・ガンライズにより物体を通り抜けている間に効果が解除された場合、物体の該当部に通り抜ける効果が残る。物体から脱出した場合、効果は完全に解除される。

 ガンフォール・ガンライズで自分の下半身を埋め、能力を解除した。両手で地面を押すとさしたる抵抗もなく体を浮き上がらせることができた。
 また、ベニヤ板を十字にクロスさせるよう沈めた後能力を解除したが、重力によって地面に垂直なベニヤ板は自由落下をしただけに終わった。
 2枚のベニヤ板に損傷は見当たらず、ベニヤ板が通り抜けた部分を触ったところで何も異常は見当たらなかった。


9.ガンフォール・ガンライズを解除するための外力は、無視出来るほど微小な場合、無効となる。

 ガンフォール・ガンライズで自身が浮いている最中に、BB弾を上方に向かって投げ、落ちてくる時のBB弾に当たるようにした。
しかし、BB弾があたっても能力は解除されなかった。
 能力を使用したボールにBB弾を当ててみたが、同じく解除されなかった。
 至近距離からボールにBB弾を射出すると、ボールにかけられた能力は解除された。
 このことから、加わる外力はある程度の大きさを要すると考えられる。