不気味な未解決事件の一つ。

1991年3月15日、三重県四日市市富田在住の加茂前芳行さんの三女・ゆきちゃん(当時8歳)が、この日の夕方、自宅から突然姿を消した。
事件から3年後、一家に3枚からなる謎の怪文書が「加茂前秀行」宛てに届く。

全体的にカタカナがベースだが平仮名も混じっているため読む時に抑揚をつけづらく、
現物は字も読みづらいためどうしても感情の入らない無機質な読み方になる。

そこにさらに「オモテノハンタイ」「スズカケのケヲ蹴落シテ」など謎掛けのような、意味不明な表現が不気味さに拍車をかけ、怪文書として有名になった。

怪文書全文

ミゆキサンにツイテ
ミユキ カアイソウ カアイソウ
おっカアモカアイソウ お父もカアイソウ
コンナコとヲシタノハ トミダノ股割レ トオモイマス

股ワレハ 富田デ生レテ 学こうヲデテ シュンガノオモテノハンタイノ、パーラポウ ニツトめた
イつノ日か世帯ヲ持チ、ナンネンカシテ 裏口ニ立ツヨウニナッタ
イま(ゑ)ハー ケータショーノチカクデ 四ツアシヲアヤツツテイル

ツギニ
スズカケのケヲ蹴落シテ、荷の向側のトコロ
アヤメ一ッパイノ部ヤデ コーヒーヲ飲ミナガラ、ユキチヲニギラセタ、ニギッタノハ アサヤントオもう。
ヒル間カラ テルホニハイッテ 股を大きくワッテ 家ノ裏口ヲ忘レテ シガミツイタ。
モウ股割レハ人ヲコえて、一匹のメスにナッテイタ。
感激ノアマリアサヤンノイフトオリニ動いタ。ソレガ大きな事件トハシラズニ、

又カムチャッカノハクセツノ冷タサモシラズニ、ケッカハ ミユキヲハッカンジゴクニオトシタノデアル
モウ春、三回迎エタコトニナル
サカイノ クスリヤの居たトコロデハナイカ トオモウ

ダッタン海キョウヲ、テフがコエタ、コンナ 平和希求トハチガウ
ミユキノハハガカ弱イハネヲバタバタ ヒラヒラ サシテ ワガ子ヲサガシテ、
広いダッタンノ海ヲワタッテイルノデアル

股割れは平気なそぶり
時ニハ駅のタテカンバンニ眼ヲナガス コトモアル、
一片の良心ガアル、罪悪ヲカンズルニヂカイナイ
ソレヲ忘レタイタメニ股を割ってクレルオスヲ探しツヅケルマイニチ

股ワレワ ダレカ、ソレハ富田デ生レタコトハマチガイナイ
確証ヲ?ムマデ捜査機官に言フナ
キナガニ、トオマワシニカンサツスルコト
事件ガ大キイノデ、決シテイソグテバナイトオモウ。
ヤツザキニモシテヤリタイ 股割レ。ダ。ミユキガカアイソウ
我ガ股ヲ割ルトキハ命ガケ コレガ人ダ コノトキガ女ノ一番 トホトイトキダ


以上の漢字・ひらがな・カタカナの混じった文章が全文。
改ページなどを再現すると、余計に読みづらくなるので3枚つなげた状態で記載した。

意味不明な感じだが、40%ほどなら理解できないでもない内容である。
また実物は非常に字が汚く、ワザと左手で書いたかのような読みづらい字となっている。
簡単な言葉が多いが、「平和希求」だけ難しい言葉を使っている。政治や宗教関係で使いそうな言葉である。


上記怪文書の解析として、確信が持てないがある程度の予想が立つ。
  • ミゆキ → ゆきちゃん本人?意図的に間違えたのだろうか?この手紙の宛名も間違われていた
  • 股ワレ → 売春婦であるとする解釈が定説となっている
       別の解釈としてアナグラムの可能性もある
       例:和田樹希→ワタ(ジュ)マレ→マタワレ→股ワレ など
  • アサヤン → やあさん=893? もしくは誰かのあだ名(タカヤンとかナカヤンみたいな「~ヤン」)
  • パーラボウ→ 実物は「ボ」の部分が潰れており、濁点「"」か半濁点「゜」か見分けがつかない
        パーラー(パチンコ喫茶)『ボウ』?しかし現場周辺に『ボウ』という店は存在せず。
        パーラー某=某パーラー ?
  • ケータショー→警察署?ケータ小(学校)?
        「ケータ=北」とすれば北署とも解釈できる
        「四日市北署」はこの行方不明事件を管轄している警察署である
        「ケータ=鶏太」とし「源氏鶏太」とする説もある
         鶏太小学校も源氏小学校もないが「清和小学校」なら鈴鹿市にあった
  • シュンガノオモテノハンタイ→春画?文章中では場所を示しているようなので、ポルノ映画館か風俗関連だろうか?
               もしくは事件のあった四日市市には「春華堂」というお菓子屋さんがあった
               「春霞」と解釈する説もありこれによると「春霞=霞」であり
               春画裏→春霞浦→霞ヶ浦 であるという
               霞ヶ浦は四日市市富田から2キロと南下しない場所に同名の地区がある。
  • 四ツアシ  →自動車や四足動物?もしくはこれも売春婦?
  • スズカケのケヲ蹴落シテ→スズカ「ケ」から「ケ」を落とす=鈴鹿?
              自動車のサーキットで有名な鈴鹿市は四日市市の南隣である。
  • ダッタン海キョウヲ、テフがコエタ→韃靼海峡を蝶が超えた
                  【てふてふが一匹韃靼海峡を渡つて行つた】という詩がある。
                  安西冬衛(明治31年~昭和40年)が書いた。
                  詩そのものの解釈としては、か弱い蝶が海峡を越える芯の強さ、ととれる。
  • コンナ 平和希求トハチガウ→直前の心理描写の否定?
               加茂前一家は上記の詩のような穏やかなものではない といいたいのか?

この解釈も十人十色なので気になる方は各自調べられたし。
だが、事件から20年以上が経過した現在でも、今だにゆきちゃん発見につながる有力な情報は届けられていない…
そもそも、この手紙は本当に何かのヒントなのかさえ謎のままであり、ただのイタズラだった可能性も否定できない。


分類:真実
危険度:2

コメント

  • もしかしたらマタワレの母親が書いたのかもよ -- (名無しさん) 2019-05-06 20:15:52
  • 事件発生からもうすぐ20年経とうとしている今でも未だに未解決事件として扱われているし、普通にそこらへんの作り物より怖い話だよコレは -- (ソニック) 2019-06-03 00:08:12
  • 全然意味分からないですけど強いて解る部分は間違っていると思うけど古語っていうか旧仮名遣いでは行があ行っていう事ぐらいです。(くれなひで紅(くれない)とか) -- (蜘蛛のファンです。) 2019-07-01 08:02:23
  • 20年ところかもう直ぐ30年か…… -- (ジョンドゥ) 2019-08-04 17:06:23
  • 単なる悪戯でしょ、これ。ただ、この文書に振り回されて事件が面倒な方向に進んでしまったようにも思える -- (名無しさん) 2019-08-26 21:48:00
  • マジそれな -- (あああああ) 2019-09-20 09:39:34
  • 失踪事件であることは間違いないのに、なぜかWikipediaの記事が「消されてる」んだよなぁ。 -- (名無しさん) 2019-10-10 13:41:45
  • まぁ悪戯かどうかも不明なんだけどな 勝手に決めつけて語ったらいかんよ -- (名無しさん) 2019-10-18 17:16:52
  • この事件も含めて、Wikipediaでなぜか女性の失踪事件ばかりを削除依頼かけてる人物を見つけてしまい怖かった -- (名無しさん) 2019-10-24 22:57:04
  • 私が思うに、怪文書の作者は知的な男性で、戦争を経験したことは間違いないです。今も97歳は超えているかも知れないけれど生きている可能性もあります。(まあ、この手紙の後に亡くなった可能性が一番高いです。遺書だったのかもしれないから。)この残忍な娼婦?を特定の人物とする説がありますが、そうではない、もっと漠然としたものの可能性があります。組織や、地域など。聖書に精通している方なら分かりますが、特定の組織や地域を断罪する言い方として、このような比喩を使います。”大淫婦バビロン”と言ったような類ですよ。でも、”またわれ”は確実に”また、我”のアナグラムでもある。”我”という一人称を好んでいた?そしてサンカの言葉も知っています。だから様々な歴史や文学、文化に知識があります。彼は趣味が文筆だった。彼は異常な心を持っていますが、日常生活では善良な人物です。過去に酷いPTSDを持っている、また相談相手がいない孤独な生活を強いられすぎて突然、激情的になることがあったはずです。彼はソビエト軍の捕虜になった経験があります。戦後、上手くいかなくて確かに闇の仕事をしていた時期もあったでしょう。彼は国家…警察、軍事的組織に深い憎しみを抱えていた。酷い話ですが”四つ足”は”犬”を意味します。軍人や警察官の方の比喩でしょう。私はその観点から見ると、被害にあわれた女の子の家族の知り合いでしょうが、実行犯とは断言できない。何故ならば、女の子の失踪事件と自分の戦争体験の区別がつかないまま文章の羅列(ワードサラダ)を送った。もし、彼が女の子を拐ったならば、彼はリラックスしている女の子を急に拐えるくらいに”良いお爺ちゃん”だったのでしょう。だから、容姿も態度も気品のある人だった可能性がある。良い仕事につけたのかもしれない。ついでに、意味不明なカタカナ言葉に、ロシア語が混ざっていないか?探してみてください。私は抑留被害にあわれた方を非難してこの説を紹介してはいません。ですが、私自身があの体験をした方の中にはもう白雪の地獄から心を取り戻すことが出来なかった方がいたのを知っている。 -- (Fritz) 2019-11-05 20:19:41
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る