※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夢ヶ峰 ウツロ(ゆめがみね うつろ)

  • 性別:女性
  • 所持武器: 八木・宇田アンテナ
  • 攻撃力:18 防御力:0 体力:6 精神力:3 FS「やる気」3

特殊能力『アナタに通じるワタシのセカイ』
 発動率:90% 成功率:100%


【効果】精神力半減ダメージ:15
【タイプ】瞬間型
【スタイル】アクティブ
【対象】周囲3マス敵全員:3.7
【時間】一瞬:1

【消費制約】攻撃力5消費:25
【FS】3

計算式:(100-15*3.7+25)*(1+0.1*3)=90.35→90%

周囲3マスの敵全員の精神を半減させる

能力原理

自らの精神と周囲の人間の精神を共鳴させ、対象となった人物の弱い一面を顕在化させる能力。
普段強気に振舞っているほど強い影響を受けるが、これはその様なタイプの方が心の中にある弱い面との落差が大きいためである。
普段から精神薄弱な者にはそれほど効果は無く、もともと弱い面が表出している相手に対しては全く無意味である。

もともとはあまり指向性のある能力でなかったが、八木・宇田アンテナを媒介にすることで指向性を得、敵のみを対象にできるようになった。

キャラクターの説明


国立魔人研究所第3支部と独立行政法人魔人総合研究所の共同研究
「魔人一族Yをサンプルとした流派型後天性魔人一族覚醒プロセスについてのケーススタディ」
の結果を元に作成された、精神共鳴能力者。

もともと、流派型の後天性魔人一族がなぜ同系統の能力に覚醒するのかという疑問への解答として
すべての人間にはある程度の中二力が眠っており、一族との交流・覚醒の儀式などの方法を用いてその中二力に方向性を与え表に出してやることで魔人化させる。
という推測がなされていた。
その裏付けを取るため
「会話によって相手の精神に中二的な思考を芽生えさせ、それを元とし魔人能力を萌芽させる」
という覚醒プロセスを取る魔人一族をサンプルとして行われたのが上記の共同研究である。

夢ヶ峰 虚は、その一族の覚醒プロセスを模倣する前段階として「相手の精神に秘められたある面を顕在化させる」能力を持った人工魔人の作成試験で生まれた魔人である。

作成は上手くいったものの研究自体は難航し、結局共同研究は破たん。
国立魔人研究所は後天性魔人一族研究から手を引き、魔人総合研究所はネクロマンス・ダンスの研究へシフトすることになる。

書類上は夢ヶ峰も共同研究が破たんした時点で廃棄されたことになっているのだが、とある一族により秘密裏に回収され、なぜか希望崎学園に通わせられている。

相手の精神からあらゆる面を引き出すことが出来る能力が本来の目的だったが、そこまでの技術は存在せず の精神と似た面を引き出す能力にとどまっている。
能力の作用を分かりやすくするため、精神的には著しく不安定であり、対象に突発的な魔人覚醒などが起こっても対処できるよう非常にダウナーで無気力。