満天星国

テレビ局(国営)

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
*部品構造

-大部品: テレビ局 RD:22 評価値:7
--部品: 概要
--大部品: 設備 RD:5 評価値:3
---部品: テレビ撮影用カメラ
---部品: ミキサー
---部品: ガンマイク
---部品: 主調整室
---部品: 送信所
--大部品: 組織 RD:14 評価値:6
---部品: 経営委員会
---部品: 経理部
---大部品: 技術部 RD:3 評価値:2
----部品: 送出・回線
----部品: 制作・クリエイティブ
----部品: 技術開発
---部品: 人事部
---部品: 総務部
---部品: 制作部
---部品: 報道部
---部品: スポーツ部
---部品: 編成部
---大部品: 事業部 RD:3 評価値:2
----部品: イベント事業部
----部品: 映画事業部
----部品: コンテンツ事業部
--部品: 放送番組審議会
--部品: 委員会・審議会の人選について(満天星国の場合)



*部品定義

**部品: 概要
放送とは機器を用いて撮影した映像と音声を電波に変換し発信するすることで不特定多数の人間へ映像と音声を運ぶシステムである。撮影・録音した番組を収録・編集し、信号(高周波電波や高周波電流)に変換、電波塔、あるいは光ケーブルを用いて送信するのがTV局である。

**部品: テレビ撮影用カメラ
肩に担ぐか三脚に設置して使用するタイプのカメラ。テレビ番組全般において番組素材収集の要と言える機材である。

**部品: ミキサー
録音に用いる機材。用途に応じて様々な種類のマイクを繋げて録音します。屋外での撮影ではバッテリーや電池で駆動するタイプのものが使用される。

**部品: ガンマイク
長い棒の先にマイクを取り付けた機材。先端のマイク部分が「ガンマイク」であり、棒の部分は「ブーム」と呼ぶ。集音の指向性が非常に強く、ピンポイントの音を拾うのに適している。

**部品: 主調整室
完成した番組素材を、あらかじめ編成作業によって決定された放送進行表に従って番組のデータとして送信するのが主な役割である。放送設備の要であり、トラブルへの対応のため、番組が放送されている間は常に人員が配置される。有事やテロ集団による乗っ取りや悪質ないたずらを防ぐため厳重なセキュリティ体制が取られており、部外者の出入りは厳しく制限される。

**部品: 送信所
撮影した映像と音声を電気信号に変換したものを高周波の電波に乗せて送信するための設備。送信のみを行う一方通行の施設であり、放送区域を広く確保するため高い塔を持つ。

**部品: 経営委員会
経営方針などの重要な事項を決議する最高機関として設けられている。委員は12人で藩国から任命される。委員の任期は3年とし、委員長は委員の互選により選出される。

**部品: 経理部
TV局内におけるお金の流れを管理する仕事。入出金の管理、収支バランスの管理、小口清算、経費精算などを手掛ける。月単位で費用と収益のバランスを把握し、もしバランスが崩れた場合は関係部署へ改善の提案を行う。

**部品: 送出・回線
電波中継を行う技術者や、電波を正しく送信するため機器のメンテナンスを行う技術者、生放送を行う際の司令塔であるマスタールームを担当する職員など各種エンジニアからなる。

**部品: 制作・クリエイティブ
カメラマンや音声ミキサー、照明といったスタジオでの技術職やCGデザイナー、アニメーターや番組のBGMを担当するマルチオーディオ・ミキサー、収録番組を編集するオペレーターなどからなる。

**部品: 技術開発
撮影機材や回線など放送に関わる機材・インフラの改良・開発や新規機材の設計・開発を行う。中継車の開発・設計なども行う。

**部品: 人事部
テレビ局内の人材に関わる業務を行う。新規人材の採用、人事異動、社員育成のための研修や人材評価、優秀なスタッフへの表彰などを行う他、社員の給与、診療所や保養所、社員食堂といった設備の運営なども行っている。

**部品: 総務部
TV局の建物そのものや、TV局内のモノの管理を行う。建物内の設備メンテナンスや改装・改築など職場環境の整備を通して円滑な業務が行われるようにしていきます。また、レクリエーションとして大規模な社内行事の運営を行うこともあります。

**部品: 制作部
主にバラエティー番組やドラマ、アニメーション作品を制作する部署です。プロデューサーやディレクター、AD、アニメーターといった役職の人々が番組を絶えず企画・制作し、ロケやスタジオでの収録、編集を行い放送を行います。

**部品: 報道部
世の中の様々な出来事を、正確に、かつ素早く、深く掘り下げて視聴者に伝える部署です。政治・経済・社会・国際など各分野の記者や報道カメラマンが現場で取材した情報をディレクターが編集して、ニュース番組やドキュメンタリー番組として放送します。現場とテレビ局のスタッフの連携が重要となります。

**部品: スポーツ部
野球、サッカー、ビーチバレーの試合や、スキーやスノーボードといったウインタースポーツ、さらにはメード武術の演武大会から、エアバイクのレース大会まで年間を通して様々な試合やスポーツイベントを放送する部署です。また、スポーツに関するニュース番組の制作もここで行っています。

**部品: 編成部
制作された様々なジャンルの番組をいつどの時間で放送するか、またどんな新番組を制作するのか決定する部署。

**部品: イベント事業部
ドラマ番組で用いられた小道具やセットを用いた展覧会、アイドルや歌手によるライブイベント、アイドルや俳優による舞台作品といった各種イベントを企画・運営する部署である。

**部品: 映画事業部
映画作品の企画・制作・配給を行う部署である。制作する映画はスリリングなアクション映画、ハリセンが乱舞するスラップスティック、SF、ラブロマンス、ドキュメンタリー等々、多岐に渡る。

**部品: コンテンツ事業部
制作した番組に関するグッズなどの企画・制作を行う部署。また、映画、ドラマなど各種作品のDVD等での販売も行う。

**部品: 放送番組審議会
視聴者に信頼される、質の高い放送の実現を目指し活動を行う。具体的には視聴者からの放送番組に対する苦情・意見をまとめるとともに、放送番組の試写・視聴や制作過程の調査を行い、法律や倫理的な観点から内容に問題がある番組に対して内容の是正や放送の停止を勧告する。審議会のメンバーは藩国から任命され、TV局とは別組織となる。

**部品: 委員会・審議会の人選について(満天星国の場合)
過去の民族対立を忘れず、また繰り返さないようにするため、委員会の人選は特定の民族に偏らないよう配慮して行われる。



*提出書式

  大部品: テレビ局(国営) RD:22 評価値:7
  -部品: 概要
  -大部品: 設備 RD:5 評価値:3
  --部品: テレビ撮影用カメラ
  --部品: ミキサー
  --部品: ガンマイク
  --部品: 主調整室
  --部品: 送信所
  -大部品: 組織 RD:14 評価値:6
  --部品: 経営委員会
  --部品: 経理部
  --大部品: 技術部 RD:3 評価値:2
  ---部品: 送出・回線
  ---部品: 制作・クリエイティブ
  ---部品: 技術開発
  --部品: 人事部
  --部品: 総務部
  --部品: 制作部
  --部品: 報道部
  --部品: スポーツ部
  --部品: 編成部
  --大部品: 事業部 RD:3 評価値:2
  ---部品: イベント事業部
  ---部品: 映画事業部
  ---部品: コンテンツ事業部
  -部品: 放送番組審議会
  -部品: 委員会・審議会の人選について(満天星国の場合)
  
  
  部品: 概要
  放送とは機器を用いて撮影した映像と音声を電波に変換し発信するすることで不特定多数の人間へ映像と音声を運ぶシステムである。撮影・録音した番組を収録・編集し、信号(高周波電波や高周波電流)に変換、電波塔、あるいは光ケーブルを用いて送信するのがTV局である。
  
  部品: テレビ撮影用カメラ
  肩に担ぐか三脚に設置して使用するタイプのカメラ。テレビ番組全般において番組素材収集の要と言える機材である。
  
  部品: ミキサー
  録音に用いる機材。用途に応じて様々な種類のマイクを繋げて録音します。屋外での撮影ではバッテリーや電池で駆動するタイプのものが使用される。
  
  部品: ガンマイク
  長い棒の先にマイクを取り付けた機材。先端のマイク部分が「ガンマイク」であり、棒の部分は「ブーム」と呼ぶ。集音の指向性が非常に強く、ピンポイントの音を拾うのに適している。
  
  部品: 主調整室
  完成した番組素材を、あらかじめ編成作業によって決定された放送進行表に従って番組のデータとして送信するのが主な役割である。放送設備の要であり、トラブルへの対応のため、番組が放送されている間は常に人員が配置される。有事やテロ集団による乗っ取りや悪質ないたずらを防ぐため厳重なセキュリティ体制が取られており、部外者の出入りは厳しく制限される。
  
  部品: 送信所
  撮影した映像と音声を電気信号に変換したものを高周波の電波に乗せて送信するための設備。送信のみを行う一方通行の施設であり、放送区域を広く確保するため高い塔を持つ。
  
  部品: 経営委員会
  経営方針などの重要な事項を決議する最高機関として設けられている。委員は12人で藩国から任命される。委員の任期は3年とし、委員長は委員の互選により選出される。
  
  部品: 経理部
  TV局内におけるお金の流れを管理する仕事。入出金の管理、収支バランスの管理、小口清算、経費精算などを手掛ける。月単位で費用と収益のバランスを把握し、もしバランスが崩れた場合は関係部署へ改善の提案を行う。
  
  部品: 送出・回線
  電波中継を行う技術者や、電波を正しく送信するため機器のメンテナンスを行う技術者、生放送を行う際の司令塔であるマスタールームを担当する職員など各種エンジニアからなる。
  
  部品: 制作・クリエイティブ
  カメラマンや音声ミキサー、照明といったスタジオでの技術職やCGデザイナー、アニメーターや番組のBGMを担当するマルチオーディオ・ミキサー、収録番組を編集するオペレーターなどからなる。
  
  部品: 技術開発
  撮影機材や回線など放送に関わる機材・インフラの改良・開発や新規機材の設計・開発を行う。中継車の開発・設計なども行う。
  
  部品: 人事部
  テレビ局内の人材に関わる業務を行う。新規人材の採用、人事異動、社員育成のための研修や人材評価、優秀なスタッフへの表彰などを行う他、社員の給与、診療所や保養所、社員食堂といった設備の運営なども行っている。
  
  部品: 総務部
  TV局の建物そのものや、TV局内のモノの管理を行う。建物内の設備メンテナンスや改装・改築など職場環境の整備を通して円滑な業務が行われるようにしていきます。また、レクリエーションとして大規模な社内行事の運営を行うこともあります。
  
  部品: 制作部
  主にバラエティー番組やドラマ、アニメーション作品を制作する部署です。プロデューサーやディレクター、AD、アニメーターといった役職の人々が番組を絶えず企画・制作し、ロケやスタジオでの収録、編集を行い放送を行います。
  
  部品: 報道部
  世の中の様々な出来事を、正確に、かつ素早く、深く掘り下げて視聴者に伝える部署です。政治・経済・社会・国際など各分野の記者や報道カメラマンが現場で取材した情報をディレクターが編集して、ニュース番組やドキュメンタリー番組として放送します。現場とテレビ局のスタッフの連携が重要となります。
  
  部品: スポーツ部
  野球、サッカー、ビーチバレーの試合や、スキーやスノーボードといったウインタースポーツ、さらにはメード武術の演武大会から、エアバイクのレース大会まで年間を通して様々な試合やスポーツイベントを放送する部署です。また、スポーツに関するニュース番組の制作もここで行っています。
  
  部品: 編成部
  制作された様々なジャンルの番組をいつどの時間で放送するか、またどんな新番組を制作するのか決定する部署。
  
  部品: イベント事業部
  ドラマ番組で用いられた小道具やセットを用いた展覧会、アイドルや歌手によるライブイベント、アイドルや俳優による舞台作品といった各種イベントを企画・運営する部署である。
  
  部品: 映画事業部
  映画作品の企画・制作・配給を行う部署である。制作する映画はスリリングなアクション映画、ハリセンが乱舞するスラップスティック、SF、ラブロマンス、ドキュメンタリー等々、多岐に渡る。
  
  部品: コンテンツ事業部
  制作した番組に関するグッズなどの企画・制作を行う部署。また、映画、ドラマなど各種作品のDVD等での販売も行う。
  
  部品: 放送番組審議会
  視聴者に信頼される、質の高い放送の実現を目指し活動を行う。具体的には視聴者からの放送番組に対する苦情・意見をまとめるとともに、放送番組の試写・視聴や制作過程の調査を行い、法律や倫理的な観点から内容に問題がある番組に対して内容の是正や放送の停止を勧告する。審議会のメンバーは藩国から任命され、TV局とは別組織となる。
  
  部品: 委員会・審議会の人選について(満天星国の場合)
  過去の民族対立を忘れず、また繰り返さないようにするため、委員会の人選は特定の民族に偏らないよう配慮して行われる。
  
  


*インポート用定義データ

  [
    {
      "title": "テレビ局(国営)",
      "children": [
        {
          "title": "概要",
          "description": "放送とは機器を用いて撮影した映像と音声を電波に変換し発信するすることで不特定多数の人間へ映像と音声を運ぶシステムである。撮影・録音した番組を収録・編集し、信号(高周波電波や高周波電流)に変換、電波塔、あるいは光ケーブルを用いて送信するのがTV局である。",
          "expanded": true,
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "設備",
          "children": [
            {
              "title": "テレビ撮影用カメラ",
              "description": "肩に担ぐか三脚に設置して使用するタイプのカメラ。テレビ番組全般において番組素材収集の要と言える機材である。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "ミキサー",
              "description": "録音に用いる機材。用途に応じて様々な種類のマイクを繋げて録音します。屋外での撮影ではバッテリーや電池で駆動するタイプのものが使用される。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "ガンマイク",
              "description": "長い棒の先にマイクを取り付けた機材。先端のマイク部分が「ガンマイク」であり、棒の部分は「ブーム」と呼ぶ。集音の指向性が非常に強く、ピンポイントの音を拾うのに適している。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "主調整室",
              "description": "完成した番組素材を、あらかじめ編成作業によって決定された放送進行表に従って番組のデータとして送信するのが主な役割である。放送設備の要であり、トラブルへの対応のため、番組が放送されている間は常に人員が配置される。有事やテロ集団による乗っ取りや悪質ないたずらを防ぐため厳重なセキュリティ体制が取られており、部外者の出入りは厳しく制限される。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "送信所",
              "description": "撮影した映像と音声を電気信号に変換したものを高周波の電波に乗せて送信するための設備。送信のみを行う一方通行の施設であり、放送区域を広く確保するため高い塔を持つ。",
              "part_type": "part"
            }
          ],
          "expanded": true,
          "part_type": "group"
        },
        {
          "title": "組織",
          "children": [
            {
              "title": "経営委員会",
              "description": "経営方針などの重要な事項を決議する最高機関として設けられている。委員は12人で藩国から任命される。委員の任期は3年とし、委員長は委員の互選により選出される。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "経理部",
              "description": "TV局内におけるお金の流れを管理する仕事。入出金の管理、収支バランスの管理、小口清算、経費精算などを手掛ける。月単位で費用と収益のバランスを把握し、もしバランスが崩れた場合は関係部署へ改善の提案を行う。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "技術部",
              "children": [
                {
                  "title": "送出・回線",
                  "description": "電波中継を行う技術者や、電波を正しく送信するため機器のメンテナンスを行う技術者、生放送を行う際の司令塔であるマスタールームを担当する職員など各種エンジニアからなる。",
                  "part_type": "part"
                },
                {
                  "title": "制作・クリエイティブ",
                  "description": "カメラマンや音声ミキサー、照明といったスタジオでの技術職やCGデザイナー、アニメーターや番組のBGMを担当するマルチオーディオ・ミキサー、収録番組を編集するオペレーターなどからなる。",
                  "expanded": true,
                  "part_type": "part"
                },
                {
                  "title": "技術開発",
                  "description": "撮影機材や回線など放送に関わる機材・インフラの改良・開発や新規機材の設計・開発を行う。中継車の開発・設計なども行う。",
                  "part_type": "part"
                }
              ],
              "expanded": false,
              "part_type": "group"
            },
            {
              "title": "人事部",
              "description": "テレビ局内の人材に関わる業務を行う。新規人材の採用、人事異動、社員育成のための研修や人材評価、優秀なスタッフへの表彰などを行う他、社員の給与、診療所や保養所、社員食堂といった設備の運営なども行っている。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "総務部",
              "description": "TV局の建物そのものや、TV局内のモノの管理を行う。建物内の設備メンテナンスや改装・改築など職場環境の整備を通して円滑な業務が行われるようにしていきます。また、レクリエーションとして大規模な社内行事の運営を行うこともあります。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "制作部",
              "description": "主にバラエティー番組やドラマ、アニメーション作品を制作する部署です。プロデューサーやディレクター、AD、アニメーターといった役職の人々が番組を絶えず企画・制作し、ロケやスタジオでの収録、編集を行い放送を行います。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "報道部",
              "description": "世の中の様々な出来事を、正確に、かつ素早く、深く掘り下げて視聴者に伝える部署です。政治・経済・社会・国際など各分野の記者や報道カメラマンが現場で取材した情報をディレクターが編集して、ニュース番組やドキュメンタリー番組として放送します。現場とテレビ局のスタッフの連携が重要となります。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "スポーツ部",
              "description": "野球、サッカー、ビーチバレーの試合や、スキーやスノーボードといったウインタースポーツ、さらにはメード武術の演武大会から、エアバイクのレース大会まで年間を通して様々な試合やスポーツイベントを放送する部署です。また、スポーツに関するニュース番組の制作もここで行っています。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "編成部",
              "description": "制作された様々なジャンルの番組をいつどの時間で放送するか、またどんな新番組を制作するのか決定する部署。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "事業部",
              "children": [
                {
                  "title": "イベント事業部",
                  "description": "ドラマ番組で用いられた小道具やセットを用いた展覧会、アイドルや歌手によるライブイベント、アイドルや俳優による舞台作品といった各種イベントを企画・運営する部署である。",
                  "expanded": true,
                  "part_type": "part"
                },
                {
                  "title": "映画事業部",
                  "description": "映画作品の企画・制作・配給を行う部署である。制作する映画はスリリングなアクション映画、ハリセンが乱舞するスラップスティック、SF、ラブロマンス、ドキュメンタリー等々、多岐に渡る。",
                  "part_type": "part"
                },
                {
                  "title": "コンテンツ事業部",
                  "description": "制作した番組に関するグッズなどの企画・制作を行う部署。また、映画、ドラマなど各種作品のDVD等での販売も行う。",
                  "part_type": "part"
                }
              ],
              "expanded": false,
              "part_type": "group"
            }
          ],
          "expanded": false,
          "part_type": "group"
        },
        {
          "title": "放送番組審議会",
          "description": "視聴者に信頼される、質の高い放送の実現を目指し活動を行う。具体的には視聴者からの放送番組に対する苦情・意見をまとめるとともに、放送番組の試写・視聴や制作過程の調査を行い、法律や倫理的な観点から内容に問題がある番組に対して内容の是正や放送の停止を勧告する。審議会のメンバーは藩国から任命され、TV局とは別組織となる。",
          "expanded": true,
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "委員会・審議会の人選について(満天星国の場合)",
          "description": "過去の民族対立を忘れず、また繰り返さないようにするため、委員会の人選は特定の民族に偏らないよう配慮して行われる。",
          "expanded": true,
          "part_type": "part"
        }
      ],
      "expanded": true,
      "part_type": "group"
    }
  ]