満天星国

満天星国メード協会

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

部品構造


  • 大部品: 満天星国メード協会 RD:12 評価値:6
    • 部品: 概要
    • 部品: 設立の経緯
    • 部品: 事務所
    • 部品: 事業内容
    • 部品: 広報
    • 部品: 会員規則
    • 部品: 従業員
    • 部品: 財源
    • 部品: 支出
    • 部品: 会長
    • 部品: 事務長
    • 部品: 会長の言葉



部品定義


部品: 概要

多種多様なメードが存在する満天星国においてその教育・管理・認定を行うために設立された公益法人である。

部品: 設立の経緯

満天星国には多種多様なメードが存在する。その能力に応じて呼び名が変わることは有名であるが、能力に見合わない職業を自称する者もおり、バトルメードの国としての威信にかかわる事態として政府でも認識されていた。そこで公益法人として協会が設立された。

部品: 事務所

政庁から少し離れた場所に建つメード学校。その近くにある古びた館がその事務所となっている。こういうのは「雰囲気が大事ですよ雰囲気が!」との会長の声によって選ばれた館ではあるが、内部は改装され登録業務や特製のメード服の縫製などを行うのに十分な設備となっている。

部品: 事業内容

バトルメードの教育方針の策定、バトルメード名簿への登録、能力に応じた認定、勤め先の斡旋などを主としている。

部品: 広報

バトルメード自身はメード学校出身であるため、この組織のことは周知の事実である。しかし雇主となる側が知らない場合もあるため定期的に広報活動を行っている。

部品: 会員規則

その1:バトルメードとしての誇りを忘れないこと。家の埃は残さないこと。
その2:常に自らの能力を磨き続けること。食器と同じくらい磨くこと。
その3:仕える主には絶対の忠誠を誓うこと。

部品: 従業員

メードを管理するための組織であるからには現役のメードが働くことは問題があると考えられていた。しかし満天星国には彼女たちがいる、そう、隠居したメードである。収入が安定しない彼女たちにちょっとだけ手伝ってとお願いすることで人員を確保、常に10人程度が勤められるようにローテーションで業務を回している。

部品: 財源

基本での財源はメードの登録費用であり、2年に1回徴収することになっている。その他勤め先の斡旋においても成立した場合に雇用主より斡旋料を徴収することになっている。

部品: 支出

隠居メードさんへの給料、光熱費、広報費などが挙げられる。ハイ・バトルメードやメードプリンセスのメード服はそもそもの登録人数が少ないので1着ごとの費用は高いものの全体から見れば少ないのである。税金は事業内容から判断してある程度優遇されており、収支のバランスが取れる程度となっている。

部品: 会長

隠居したメード、かつyuzuki氏のデザインに昔から触れておりそのデザインされたメード服が似合う者を選別する目を持つ人物。それは満天星国には一人しかいなかった。執政である里樹澪がその任についており、ハイ・バトルメード、メードプリンセスの認定は彼女が直々に行っている。
「yuzukiさんのデザインを活かすことができるメードでなければ私は判を押しませんよっ!」

部品: 事務長

隠居したメードの中でもゲームに飽きた、運営ゲームの方がやりたいという人物がたまにいる。そういった人物には事務長として就任してもらい、従業員の取りまとめを行ってもらうことになっている。また、会長が不在の場合は代理を務めることもある。

部品: 会長の言葉

「メードとして満天星国で働く以上、皆様にはお願いしなければならないことがあります。それは、成長を諦めないでいただきたいということです。メードという職業はなれば終わりではありません、進歩する世界に合わせて成長しなければ主への奉仕を完璧にこなすことは出来ません。そのためには生涯にわたっての学習が必要となります。一人でそれを行う事は不可能ですが、満天星国には我々が居ます。学習のための環境を整え、能力の高いメードの認定を行うなど、皆様のサポートをするための組織です。今後は満天星国のメードは一味違うぞと、他国からも認められるようにしていきたいと考えております。
ですので皆様、重ねて申し上げます。成長を諦めないでください。共にメードの新しい世界を切り開いてゆきましょう」



提出書式


大部品: 満天星国メード協会 RD:12 評価値:6
  • 部品: 概要
  • 部品: 設立の経緯
  • 部品: 事務所
  • 部品: 事業内容
  • 部品: 広報
  • 部品: 会員規則
  • 部品: 従業員
  • 部品: 財源
  • 部品: 支出
  • 部品: 会長
  • 部品: 事務長
  • 部品: 会長の言葉


部品: 概要
多種多様なメードが存在する満天星国においてその教育・管理・認定を行うために設立された公益法人である。

部品: 設立の経緯
満天星国には多種多様なメードが存在する。その能力に応じて呼び名が変わることは有名であるが、能力に見合わない職業を自称する者もおり、バトルメードの国としての威信にかかわる事態として政府でも認識されていた。そこで公益法人として協会が設立された。

部品: 事務所
政庁から少し離れた場所に建つメード学校。その近くにある古びた館がその事務所となっている。こういうのは「雰囲気が大事ですよ雰囲気が!」との会長の声によって選ばれた館ではあるが、内部は改装され登録業務や特製のメード服の縫製などを行うのに十分な設備となっている。

部品: 事業内容
バトルメードの教育方針の策定、バトルメード名簿への登録、能力に応じた認定、勤め先の斡旋などを主としている。

部品: 広報
バトルメード自身はメード学校出身であるため、この組織のことは周知の事実である。しかし雇主となる側が知らない場合もあるため定期的に広報活動を行っている。

部品: 会員規則
その1:バトルメードとしての誇りを忘れないこと。家の埃は残さないこと。
その2:常に自らの能力を磨き続けること。食器と同じくらい磨くこと。
その3:仕える主には絶対の忠誠を誓うこと。

部品: 従業員
メードを管理するための組織であるからには現役のメードが働くことは問題があると考えられていた。しかし満天星国には彼女たちがいる、そう、隠居したメードである。収入が安定しない彼女たちにちょっとだけ手伝ってとお願いすることで人員を確保、常に10人程度が勤められるようにローテーションで業務を回している。

部品: 財源
基本での財源はメードの登録費用であり、2年に1回徴収することになっている。その他勤め先の斡旋においても成立した場合に雇用主より斡旋料を徴収することになっている。

部品: 支出
隠居メードさんへの給料、光熱費、広報費などが挙げられる。ハイ・バトルメードやメードプリンセスのメード服はそもそもの登録人数が少ないので1着ごとの費用は高いものの全体から見れば少ないのである。税金は事業内容から判断してある程度優遇されており、収支のバランスが取れる程度となっている。

部品: 会長
隠居したメード、かつyuzuki氏のデザインに昔から触れておりそのデザインされたメード服が似合う者を選別する目を持つ人物。それは満天星国には一人しかいなかった。執政である里樹澪がその任についており、ハイ・バトルメード、メードプリンセスの認定は彼女が直々に行っている。
「yuzukiさんのデザインを活かすことができるメードでなければ私は判を押しませんよっ!」

部品: 事務長
隠居したメードの中でもゲームに飽きた、運営ゲームの方がやりたいという人物がたまにいる。そういった人物には事務長として就任してもらい、従業員の取りまとめを行ってもらうことになっている。また、会長が不在の場合は代理を務めることもある。

部品: 会長の言葉
「メードとして満天星国で働く以上、皆様にはお願いしなければならないことがあります。それは、成長を諦めないでいただきたいということです。メードという職業はなれば終わりではありません、進歩する世界に合わせて成長しなければ主への奉仕を完璧にこなすことは出来ません。そのためには生涯にわたっての学習が必要となります。一人でそれを行う事は不可能ですが、満天星国には我々が居ます。学習のための環境を整え、能力の高いメードの認定を行うなど、皆様のサポートをするための組織です。今後は満天星国のメードは一味違うぞと、他国からも認められるようにしていきたいと考えております。
ですので皆様、重ねて申し上げます。成長を諦めないでください。共にメードの新しい世界を切り開いてゆきましょう」




インポート用定義データ


[
{
"title": "満天星国メード協会",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "概要",
"description": "多種多様なメードが存在する満天星国においてその教育・管理・認定を行うために設立された公益法人である。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "設立の経緯",
"description": "満天星国には多種多様なメードが存在する。その能力に応じて呼び名が変わることは有名であるが、能力に見合わない職業を自称する者もおり、バトルメードの国としての威信にかかわる事態として政府でも認識されていた。そこで公益法人として協会が設立された。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "事務所",
"description": "政庁から少し離れた場所に建つメード学校。その近くにある古びた館がその事務所となっている。こういうのは「雰囲気が大事ですよ雰囲気が!」との会長の声によって選ばれた館ではあるが、内部は改装され登録業務や特製のメード服の縫製などを行うのに十分な設備となっている。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "事業内容",
"description": "バトルメードの教育方針の策定、バトルメード名簿への登録、能力に応じた認定、勤め先の斡旋などを主としている。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "広報",
"description": "バトルメード自身はメード学校出身であるため、この組織のことは周知の事実である。しかし雇主となる側が知らない場合もあるため定期的に広報活動を行っている。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "会員規則",
"description": "その1:バトルメードとしての誇りを忘れないこと。家の埃は残さないこと。\nその2:常に自らの能力を磨き続けること。食器と同じくらい磨くこと。\nその3:仕える主には絶対の忠誠を誓うこと。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "従業員",
"description": "メードを管理するための組織であるからには現役のメードが働くことは問題があると考えられていた。しかし満天星国には彼女たちがいる、そう、隠居したメードである。収入が安定しない彼女たちにちょっとだけ手伝ってとお願いすることで人員を確保、常に10人程度が勤められるようにローテーションで業務を回している。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "財源",
"description": "基本での財源はメードの登録費用であり、2年に1回徴収することになっている。その他勤め先の斡旋においても成立した場合に雇用主より斡旋料を徴収することになっている。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "支出",
"description": "隠居メードさんへの給料、光熱費、広報費などが挙げられる。ハイ・バトルメードやメードプリンセスのメード服はそもそもの登録人数が少ないので1着ごとの費用は高いものの全体から見れば少ないのである。税金は事業内容から判断してある程度優遇されており、収支のバランスが取れる程度となっている。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "会長",
"description": "隠居したメード、かつyuzuki氏のデザインに昔から触れておりそのデザインされたメード服が似合う者を選別する目を持つ人物。それは満天星国には一人しかいなかった。執政である里樹澪がその任についており、ハイ・バトルメード、メードプリンセスの認定は彼女が直々に行っている。\n「yuzukiさんのデザインを活かすことができるメードでなければ私は判を押しませんよっ!」",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "事務長",
"description": "隠居したメードの中でもゲームに飽きた、運営ゲームの方がやりたいという人物がたまにいる。そういった人物には事務長として就任してもらい、従業員の取りまとめを行ってもらうことになっている。また、会長が不在の場合は代理を務めることもある。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "会長の言葉",
"description": "「メードとして満天星国で働く以上、皆様にはお願いしなければならないことがあります。それは、成長を諦めないでいただきたいということです。メードという職業はなれば終わりではありません、進歩する世界に合わせて成長しなければ主への奉仕を完璧にこなすことは出来ません。そのためには生涯にわたっての学習が必要となります。一人でそれを行う事は不可能ですが、満天星国には我々が居ます。学習のための環境を整え、能力の高いメードの認定を行うなど、皆様のサポートをするための組織です。今後は満天星国のメードは一味違うぞと、他国からも認められるようにしていきたいと考えております。\nですので皆様、重ねて申し上げます。成長を諦めないでください。共にメードの新しい世界を切り開いてゆきましょう」",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]