そして伝説へ

そしてでんせつへ


概要

エンディングスタッフロールで流れるBGM。
大魔王ゾーマを倒し、アレフガルドの王様から『ロトのテーマ』と共に「真の勇者ロト」の称号を預かる主人公一行。
勇者ロトの活躍と遺した武具は、アレフガルドの伝説となって後の世に伝えられたという…。

この曲と同時に表示される、そして でんせつが はじまった!というメッセージはドラクエ12をプレイした人なら感じ入るものがあるだろう。
音楽のほうも大きな物語の終わり、そして新しい物語の始まりを予感させるような、雄々しくそして壮大なものに仕上がっている。
ロト三部作を締めくくるのに、これ以上ないほどの相応しい楽曲としてシリーズの中でも特に人気の高いエンディングテーマである。

ただドラクエ3のエンディングには一つ悲劇的な側面を持ち合わせている。
ゾーマを倒した際、アレフガルドと主人公の世界を繋ぐギアガの大穴が閉ざされてしまい、主人公は故郷に帰ることが出来なくなってしまう。*1
このBGMを背景に、主人公の世界の風景がスタッフ名と共に次々と表示されるシーンは郷愁のような切なさもある。

すぎやま氏もお気に入りの楽曲であるらしく、ドラゴンクエストのコンサートではラストにこの曲が演奏されることが多い。
FFとドラクエのキャラが共演した「DQ&FF in いたストSP」ではスタッフロールで使用されており、
前半はFFシリーズ全般で使われている『プレリュード』が流れ、そして後半はDQシリーズの代表としてこの曲が流れ始める。
続くマリオとの共演作「いただきストリートDS」でもスタッフロール後半にドラクエ代表として再びこの曲が選ばれた。
ドラゴンクエストの音楽ゲーム「シアトリズムドラゴンクエスト」のスタッフロールでもこの曲が使われている。

過去ランキング順位


サウンドトラック

交響組曲 ドラゴンクエストIII そして伝説へ…

交響組曲 ドラゴンクエストIII(N響版) + FC版オリジナル音源

交響組曲「ドラゴンクエストIII」そして伝説へ+オリジナル
ゲームミュージック


交響組曲 ドラゴンクエストIII + GB版オリジナル音源

ドラゴンクエストIII~そして伝説へ~


SFC版オリジナル音源

ドラゴンクエスト ゲーム音源大全集1


FC版オリジナル音源