木下洋介

きのした ようすけ

コーエーテクモゲームスに所属しているゲーム音楽作曲家。ベーシストやギタリストとしても活動している。
コーエーテクモゲームス入社前にはミュージシャンとして活動しており、三宅基樹氏と共にクラブユニット「STARSHIP AFRICA」を結成。
さらにその後伊藤俊治氏らとともにチップチューンユニット「8bit Project」で活動している。
コナミの『GuitarFreaksV5 & DrumManiaV5』における桜井零士氏の「White Sketchbook」の編曲・演奏にも参加していた。

コーエーテクモゲームス入社後は『真・三國無双7』の頃から本作的に作曲の仕事をするようになる。
『真・三國無双7』では当時まだ新人でありながらも、無双サウンドらしいノリの良い曲を数多く生み出し高評価を得た。
『真・三國無双7 Empires』ではサウンドディレクターに抜擢されるなど、コーエーテクモゲームスの期待の新戦力として活躍中。
またゲーム音楽のレコーディングなどでは、自らギターやベースを担当するなど、演奏家としての仕事も行っている。

作曲作品の一例