藤後浩之

とうご ひろゆき

コナミに所属していたゲーム音楽作曲家。「Togo」や「Togo-chef」といった別名義がある。
コナミ入社前にもゲーム音楽の仕事をしており、テクノスジャパンの移植作品(ナグザット発売)のサウンドに関わる。
PCECD版『ダブルドラゴンII ザ・リベンジ』や『ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会』などを担当。

1998年にコナミへ入社。入社当時は『メタルギアソリッド』といった家庭用ゲーム作品のサウンドを製作。
その後BEMANIシリーズの家庭用サウンドプロデューサーを務め、beatmaniaシリーズなどBEMANIの初期作品から関わり始める。
また当時コナミの受付嬢だった新谷さなえ(Sana)を見出し、BEMANIシリーズのボーカリストとしてプロデュースを行った。

2006年にコナミを退社し、レコーディングスタジオ「ボンゴマンゴ」を立ち上げる。
退社後もBEMANIシリーズへの楽曲提供は続け、他に『GO!GO!ミノン』や『ファイナルファンタジーXIII-2』などを手掛けた。
かつてのコナミの同僚だった前田尚紀氏プロデュースの『CROSS×BEATS』にも曲を提供している。

現在は沖縄県の石垣島へ移住しており、ホテルを経営しているとのこと。海とか島とかが大好きらしい。

担当作品の一覧

最終更新:2019年11月30日 14:49