天かける虹

あまかけるにじ

収録作品:タッチ!カービィ スーパーレインボー [WiiU]
作曲者:大原萌

概要

ブルースカイパレスのステージ4-1「天かける虹」で流れるBGM。
ここのステージは雲に彩られた空中ステージで、曲名通りカービィは虹の道を作りながら天を駆けて行く。
サウンドテストでは87番目のBGMで聴ける。

カービィの空ステージらしい爽やかな音楽で、とても優しい音色が使われているため長時間聴いていても全く苦にならない。
曲の前半は笛の音色による可愛らしい印象を持たせながら、サビに入れば一気に曲が雄大に広がるなどメリハリも持たせてある。
「空」というイメージ通りの美しさや解放感がぎゅっと凝縮されており、本作の音楽の中でも特に人気が高い曲である。
ただステージ自体の難易度は高く、強制スクロールの上に空のステージなので足場が少なく、インク不足によって落下死する例が多発した。
そのため「爽やかなBGMに対してステージが鬼畜すぎる」という評価もいただくことになった。

この曲は2017年に行われた「カービィ25周年コンサート」で演奏され、この時に作曲者が大原萌氏であることが判明している。
大原氏がアルバイト時代に初めて作った曲であり、ひたすらリテイクをくらい煮詰まっていた時に突然アイディアが湧いて作曲できたという。
それだけに大原氏にとってはとても思い入れのある曲となり、大原氏が作るカービィサウンドの原点にもなった。
本作はサントラは発売されていないが、「カービィ25周年コンサート」公演の曲を収録したサントラにこの曲が収録されている。

過去ランキング順位


サウンドトラック

星のカービィ25周年記念オーケストラコンサート


「ボールになったカービィメドレー」でこの曲が含まれている。