関ヶ原 Battle of destiny

関ヶ原 Battle of destiny

収録作品:戦国大戦 [AC]
作曲者:花田啓太朗

概要

2014年9月25日に実装された新バージョン『戦国大戦-1600 関ヶ原 序の布石、葵打つ-』の関ケ原ステージで流れるBGM。
ついに戦国時代における大山場である「関ヶ原の戦い」が実装。誰もが知ってる一大合戦のため音楽の方もかなりの力の入れ様。
Ver3.00の曲なので、最初のサントラではなくVer2.00以降の曲を収録した「戦国大戦 音曲集2」の方に収録されている。

三味線や笛と言った和楽器をベースに、エレキギターが唸る和風ロック系の曲で、サビのヒロイックなメロディーが特に熱い。
東軍西軍の様々な有名武将たち入り乱れ、それぞれの思惑・信念がぶつかり合う様な戦場のドラマチックさを盛り上げてくれる。
『戦国大戦』のステージ曲の中でも特に人気の高い音楽で、天下分け目の戦いと呼ばれる「関ヶ原」の名に恥じない名曲である。

またもの静かに始まるイントロ部分も特徴で、これは合戦前の霧のかかった戦場の映像とシンクロしている。
合戦前の霧がかかった関ケ原の映像でイントロが流れ出し、霧が晴れていざ合戦画面に入ると曲の方も一気に動き出す。
これは「朝は濃霧がかかっていたが、次第に霧が晴れて合戦が始まった」という史実における関が原の戦いに基づいた演出である。

その後『戦国大戦』は残念ながらサービス終了してしまったが、この曲は別のゲームで使われる機会があった。
スマホゲームの『ワールドチェイン』(こちらも2017年8月31日にサービス終了)で、戦国時代のマップにてこの曲が使用されている。
『ワールドチェイン』のストーリーも「関ヶ原の戦い」が重要なテーマとなっているので、この曲が使われるのもうなずける。

その後、現在稼働中の「三国志大戦-伝承の煌弓-」にて、戦闘中のbgmを変更する事が出来るbgmカードの追加で戦国大戦のbgmカードが登場した。勿論この曲も「双龍激突」のタイトルで追加され、発表された瞬間大いに盛り上がった。
戦国大戦をプレイしていたプレイヤーは勿論のこと、プレイした事がなく初めて聴いたプレイヤーからの評価が高い事からもこの曲の人気が伺えるだろう。

過去ランキング順位


サウンドトラック

戦国大戦 音曲集2