ゴルベーザ四天王とのバトル

The Dreadful Fight

収録作品:ファイナルファンタジーIV[SFC/PS/WSC/GBA/NDS/Mob/PSP/iOS/And]
作曲者:植松伸夫

概要

さあ!回復してやろう!
全力でかかってくるがいい!


曲名の通りゴルベーザ四天王との対決で流れる戦闘BGM。
ファイナルファンタジーシリーズ初の通常ボスの曲とは別に作曲された上位ボスの曲であり、四天王戦の他にゴルベーザや月の地下渓谷のボス戦等でもこの曲が使われる。
緊張感と疾走感がある「バトル2」に対して、重々しいイントロから始まり主旋律のヴァイオリンとトランペットの裏でドラムが打ち鳴らされる重厚感と緊迫感に比重が置かれた曲である。

この曲が初めて流れるのは試練の山でのスカルミリョーネ第2戦目。
橋を渡り終えた途端、背後から倒したはずのスカルミリョーネが現れまさかのバックアタック。
アンデッドの姿でこの曲を引っ提げバトルに突入するインパクト抜群の流れは、「ゴルベーザ四天王」という集団がこれまでのボスとは別物の存在であることをプレイヤーに思い知らせることとなった。

現在では個性あふれるゴルベーザとその四天王のテーマ曲として認知され、数あるFFシリーズの曲の中でも知名度の高い曲であり、他作品にて複数のアレンジ曲が存在する。

シアトリズム ファイナルファンタジー』ではBMSに原曲が収録されプレイできるのだが、究極の譜面が「ビッグブリッヂの死闘」、「ブレイズエッジ」そしてDLCの「Force Your Way」と共に途轍もない難易度になっている。スタッフの間でもこの曲が最高難度であったと認知されていたらしく、続編の「シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール」では連続スライドトリガーを中心に難易度の抑えられた譜面に修正されている。

なお、「FINAL FANTASY IV ORIGINAL SOUND VERSION」において、「ゴルベーザ四天王とのバトル」と盛大に誤植されていたりする。

過去ランキング順位


サウンドトラック

FINAL FANTASY IV OST REVIVAL DISC

FINAL FANTASY IV ORIGINAL SOUND VERSION


「ゴルベーザ四天王とのバトル」が収録されている。