「追い立てられた魔獣」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

追い立てられた魔獣」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *追い立てられた魔獣
 #divclass(attack){{{
 追い立てられた魔獣~
 カードタイプ:行動・攻撃(計略)~
 コスト:4~
 ~
 連結1~
 あなたはカードを1枚引く。~
 手札を5枚以上持つ全ての対戦相手は、手札からコスト5以上のカードを1枚選んで捨て札にする。~
 手札にコスト5以上のカードが1枚もない場合、手札を公開する。~
 ~
 illust:[[高畑ゆき]]~
 }}}
 **考察
 対戦相手の手札にある高額カードを捨て札にするカード。~
-序盤は効果を与える機会が少ないが、[[割り符]]や[[合併]]、[[呪詛の魔女]]などの序盤でこそ輝く強力なカードを弾くことができればかなりの優位に立てる。~
-中盤以降は[[大都市]]や[[公爵]]、レアカードなどを落とすことができ、幅広く場に影響を及ぼす。~
+序盤は効果を与える機会が少ないが、[[錬金術師]]、[[割り符]]や[[合併]]、[[呪詛の魔女]]などの序盤でこそ輝く強力なカードを弾くことができればかなりの優位に立てる。~
+中盤以降は[[大都市]]、[[議員]]、[[公爵]]、レアカードなどを落とすことができ、幅広く場に影響を及ぼす。~
+~
 相手にするときは、公爵の代わりに大都市を捨てることが出来る点を忘れないようにしたい。~
-[[クラムクラム>南洋の市姫 クラムクラム]]を擁立するならコスト5以上のカードを買わないという対策の取り方もある。~
+防衛カードで防ぐ場合、サブタイプが計略のため[[城壁]]では防げないことに注意。[[隠れ家]]、[[クノイチ]]、[[魔法の護符]]は有効。ただし直轄地にキープ中のクノイチを防衛宣言しても手札の数が5枚から減らないため無効となるのを覚えておこう(隠れ家と護符は元々キープができない)。~
+そもそもコスト5以上のカードを買わないという対策の取りようもあるが、デッキ構成にはひと工夫が必要になるだろう。~
+敢えて魔獣の脅威を一切受けないデッキを狙うとすればラオリリを使って[[宮廷侍女]]を10枚集める事しかないが、侍女は元々12枚しかなくすぐに他プレイヤーにカットされてしまうため、非常に破綻しやすい事を留意したい。~
+~
 //**Q&A