鏡越しマスカレード

かがみごしますかれーど【登録タグ: 天谷椿 巡音ルカ
作詞:天谷椿
作曲:天谷椿
編曲:天谷椿
唄:巡音ルカ

曲紹介

お久しぶりです。天谷椿です。

嘘がテーマの一曲です。嘘にも色々ありますよね。
  • 天谷椿氏の3作目。
  • ギターは Chang7010氏、イラスト・動画は ばにろう氏 がてがける。
  • 動画冒頭の"Ut ameris, amabilis esto."はラテン語で「愛されるためには、(あなた自身が)愛される人であるように」という意味。


歌詞

光の届かない部屋の片隅
その姿見は今日も素顔を映す
素のままの私を 搔き消すために
誰もに望まれる あたし演じる

そっと 真紅に染まった百合が囁くの ”見捨てられるくらいなら”
だから その鏡からは目を背けつつ 仮面のまま踊るの

欺いてカーニバル 真実に鍵かけて
愛されない自分 なんて欲しくないの
ひた隠してカーニバル 本心に蓋をして
偽物でも構わないでしょう 鏡越しマスカレード


いくつもの仮面を 付け替える度
本当の自分を見失いそう
「こんな君は紛い物 卑怯な偽物」それがどうしたと言うの?
それに あたしは嘘など一度たりとも 吐いたことはないのよ?

赤く染めてカーディナル 深紅のカクテルはね
口から溢れ出る言葉と同じ色
飲み干してカーディナル 弱音も流し込んで
仮面越しじゃ気づけないでしょう あたしの涙には


「本当の気持ちは言わなきゃ見えない」? おかしなことを言うのね
なら 本当の私を知ったとしても まだ愛してくれるの?


欺いてカーニバル 真実に鍵かけて
隠した本音にも 気が付いてほしいの
ひた隠してカーニバル 心とは裏腹ね
それでもなお偽るでしょう 鏡越しマスカレード


コメント

名前:
コメント: