【種別】
宗教・魔術・科学

【元ネタ】
セレマ教 - Wikipedia
古いギリシャ語で意志を意味する言葉のラテン文字転写。表記揺れでテレマ、テレーマ、セレーマ。
本作でもよく使われる「汝の欲する所を為せ」という言葉を教義とし、自身の「真の意志」を見出す事を本質とする宗教でもある。
セレマ系魔術は「Magick」と表記され、
提唱者のアレイスター=クロウリーは「魔術(Magick)とは、〈意志〉に応じて変化を引き起こす〈科学〉にして〈業〉である」と述べている。

【初出】
新約十七巻の豊山琉華の発言「僧院テレマ」。
「テレマ」という単語単体の初出は、同巻ラストでの烏丸府蘭土御門元春の会話。
学園都市をテレマの概念に含めた場合、登場自体は一巻からということになる。
また、テレマを代表する言葉である「汝の欲するところを為せ、それが汝の法とならん」の初出は七巻。

【解説】
アレイスター=クロウリーが創設したテレマ僧院に関係する概念。
単にカタカナ表記の場合もあれば、「法」にテレマとルビが振られる事もある。
元ネタ通りであれば、テレマは現実のクロウリーが創設した宗教、及び彼が主張している概念を指す。

テレマの数価は九三。
テレマ=法の書を伝えたエイワスの数価も同じらしく、この数価自体も現実に基づくものである。

また、現実のクロウリーは『銀の星』というテレマ系の魔術結社を創設したのだが、
これについて新約九巻でオティヌスが「銀の星を名乗るあの男」と述べている。
現実の銀の星に所属していた弟子の名前も新約十九巻で判明)

形を変えたテレマ僧院が「学園都市」らしく、
クロウリーにとっては「科学」という体裁がテレマのカモフラージュになっていた。

【備考】
本作においてその概念、成り立ち等が断片的に語られている。
ただし、新約十九巻時点ではテレマ教とは関連付けられていない。
史実に沿えば以下のクロウリーの言動は、全てテレマ関係に分類される。

1904年、クロウリーは最初の妻「ローズ(未編集)」とのアフリカ旅行中に高次元存在「エイワス」の召喚に成功。
この時にエイワスからもたらされた情報が、魔道書の原典「法の書」として書き留められた。

「法の書」が世に出て以降、クロウリーはエジプト神話の神の名を引用し、人が生きる「時代」を3つに区切るようになった。

  • イシスの時代」…十字教登場前の原始宗教の時代。
  • オシリスの時代」…十字教による単一支配下の時代。
  • ホルスの時代」…十字教の一強状態が終わり、十字教そのものが崩壊を迎えた後、人類が真なる目覚めを果たす時代。
(「時代」は「アイオーン」というルビが付く場合がある。)

magickというクロウリーの魔術体系もテレマの体系で、
クロウリーの(表の歴史での)没後にも、彼の弟子や後継者が使用していた。

なお、作中の四大属性の歪みが現実世界でのテレマ基準と一致しているが、作者が意図していたかは不明。