キノウツン藩国 @ ウィキ

きよしこの夜

最終更新:

member

- view
だれでも歓迎! 編集
船橋鷹大: こんばんは。23時からの生活ゲームに参りました。

芝村: 記事どうぞ

船橋鷹大: こちらです
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=4995&reno=4983&oya=4983&mode=msgview
【予約者の名前】23-00437-01:船橋鷹大:キノウツン藩国
【実施予定日時】2009年12月24日/23:00~24:00
【ゲームの種別】生活ゲーム
【ゲーム時間:消費マイル】
 ・1時間:20マイル
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
 ・船橋空歌MK3:個人ACE:0
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】33マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・23-00437-01:船橋鷹大:-33:入学済

芝村: イベントは?

船橋鷹大: 安全と思われる場所で家族と過ごします。

芝村: 二分待ってね

船橋鷹大: はい。よろしくお願いします。

PLACE着用します

芝村: /*/

ここは宰相府、冬の園のコテージだよ

外はゲレンデだ。

空歌はわーといっている

船橋鷹大: 「きれいだなー。うちの国じゃこんな景色見られないよなあ」

空歌:「でも、暖房代、いらないから」

空歌は笑った

船橋鷹大: 「ああ、暖かい方が子供も風邪引きにくいからね」
Q:子供たちはどうしてますか?

芝村: 母親に抱きついてる
空歌は幸せそう。
貴方を見て幸せそうに微笑んだ。

船橋鷹大: 微笑み返します

Q:何歳くらいでしょうか?

船橋鷹大: >子供

芝村: まだ、乳飲み子だ。

髪ははえてるけどね。

船橋鷹大: 「さてと、

Q:コテージの中はどんな様子ですか?

芝村: A:小さい一個のワンルームだ。

芝村: 暖炉があり、テーブルがある。ベッドは、今立てかけてある

船橋鷹大: 「クリスマスだし、ちょっとしたパーティでもしますか」

空歌:「はーい」

空歌は貴方にゆっくり近づいて、赤ちゃんを渡した。

自分はぱたぱたと、支度をしてる

船橋鷹大: 子供をあやします

船橋鷹大: 「んー。かわいいなあ」

空歌:「鷹大くんに、似てるから」

芝村: 空歌は恥ずかしそうにいった。

ケーキが出てきたよ。

船橋鷹大: Q:髪の色などの外見的な特徴はどんな感じでしょうか?

芝村: A:青い瞳、金と銀の髪だね
ふわふわの髪だ

船橋鷹大: #金ですか。どっちに似たのやら・・・

芝村: #どっちでもないなあ

芝村: 空歌はコーヒーも持ってきた。二人分

芝村: 自分はノンカフェインらしい
#意外に気を使う母親だ

船橋鷹大: 子供の面倒見つつ手伝える範囲で手伝います

空歌:「ふたりを、みてて」

船橋鷹大: Q:アレクサンドロスたちはいるんでしょうか?

芝村: 空歌はキスした

アレクサンドロスは、堂々とケーキを食べている

船橋鷹大: 「ん、わかった。準備は任せるよ」

芝村: 空歌はどこか不満そう。準備ではなく

しずしずと、準備した。

船橋鷹大: キスを返します

芝村: 空歌は、ものすごく嬉しそうえへへーと笑った。

綺麗なハンカチを貰った

船橋鷹大: 「ん、これは?」

芝村: 空歌はいそいそと赤いサンタ帽子をかぶった。

空歌:「えっへん。えっと、めりー、くりすます」

船橋鷹大: 「メリークリスマス。可愛いサンタさんだなあ」

芝村: 空歌は貴方と子供をぎゅーした。少し、手の長さがたりないが

ぎゅーした。

空歌:「だいすき」

船橋鷹大: ぎゅーします

「俺も大好きだよ」

空歌:「うん。私・・・あの」

顔が赤い

空歌:「お嫁さんにしてくれて、あの。ありがとう」

船橋鷹大: 「こちらこそ、お嫁さんになってくれてありがとう。」

芝村: 空歌は輝くように笑った。

船橋鷹大: 頬にキスします

芝村: 空歌は貴方を抱きしめた。

えへへと笑った。

#尻尾あったら全力でふるくらいの機嫌だ

船橋鷹大: 「ははは。

空歌:「アレク。あんまりたべない」

アレキサンドロス:「にゃご」

船橋鷹大: 「んー?猫だからあんまり甘いのは好きじゃないのかな?」

空歌:「?なにかあるの?」

芝村: アレキサンドロスはドアまで歩いてがりがりしてる

あけろといってるようだ。

船橋鷹大: 開けます

空歌:「だめ。あ・・・」

船橋鷹大: #やば

芝村: アレキサンドロスは偉そうにうなずくと、外にいった

船橋鷹大: 「ちょ、どこ行くんだよ!」

空歌:「迷わないかな・・・・」

船橋鷹大: 「んー。大丈夫だと思うけど」

芝村: ドアはなぜか閉まった。なぜか開かなくなってる。

空歌があれー?といってる

空歌:「う、うん・・・」

船橋鷹大: 「ふむ。これはアレクが出るなって言ってるのかな」

空歌:「猫・・・だよ?」

船橋鷹大: 「そりゃまあそうなんだけど。この世界はふしぎなことが溢れてるからなあ」

空歌:「そっか・・・そうだよね」
#疑わない人

船橋鷹大: 「まあ、迷うかどうかについては心配はないよ。ドアが開きさえすれば俺が探せるから」
#助かった?

芝村: 空歌:「うん」

空歌:「大きな猫だもんね」

船橋鷹大: 「うん、アレクは立派な猫だ」

芝村: 空歌は微笑んだ。

うなずいた

船橋鷹大: 「さて、せっかくだし二人でクリスマスの歌でも歌ってみようか」

空歌:「どんな?」

船橋鷹大: 「定番なのは…きよしこの夜とか?」

空歌:「あ。そ、それなら、なんとか!」

空歌:「う、歌う?」

船橋鷹大: 「よし、じゃあ歌伊と悠歌を抱きながら歌おうか」

空歌:「うん」

船橋鷹大: 悠歌を空歌に渡します。

芝村: 子供をだいた。
#お、シンクロしてる。

船橋鷹大: 歌伊抱き上げます

芝村: #空歌も悠歌をだこうとしてた

船橋鷹大: #おおーw

芝村: 空歌は澄んだ歌声で歌を歌い始めた。静かに

船橋鷹大: 一緒に歌います

芝村: 子供達は不思議そう。よく分かってない

芝村: あれ。でも真似してる。

ぶー。といってる

船橋鷹大: 微笑みながら歌い続けます。

芝村: 加護がついたきがした。

芝村: 空歌は優しく歌を歌っている。

/*/

船橋鷹大: #お。きよしこの夜の歌詞調べてたらBGMがw

芝村: ははは

評価は+1+1でした。

秘宝館には1,1で依頼できます。

なかいいのう

船橋鷹大: はい、ありがとうございます。

船橋鷹大: 名前に歌をつけたので機会があれば歌ってみようと思ってました。こんなに早く実現するとは思いませんでしたが

芝村: よかったやん

船橋鷹大: はい。アレクがどうなったのかだけ気になりますがおおむね満足です

芝村: ええ。では解散しましょう。ではー

船橋鷹大: はい、ありがとうございましたー