新生人工言語論

エスペラントと文化

最終更新:

lideldmiir

- view
管理者のみ編集可

エスペラントと文化


エスペラントはオリジナルの、つまりアプリオリの文化と風土を持ちません。
普及型という事情を考えると、文化と風土の差を明瞭にするよりは、漂白したほうが効率がよいからです。

さて、そもそもエスペラント人という民族がどこかに特定の地域に住んでいるわけではないので、エスペラントに風土はありません。
また、エスペラントのネイティブの大集団が特定地域に住んで特殊な生活を営んでいるわけでもないので、文化もありません。

演出型の人工言語だと、トールキンの指輪物語みたいに架空の風土や文化を作ることがありますが、エスペラントはそういうことをしません。
この意味で、エスペラントは固有の文化・風土を持ちません。

エスペラントの文化と風土は、主に西洋のもので、われわれ日本人とは異なった感覚を持っています。ちょっと実例を挙げます。
エスペラントでは兄弟に長幼の区別はなく、姉妹はどちらも fratino です。
また、代名詞も「彼」と「彼女」を表すもので分かれています。
これら傾向は多くの西洋語にいえることですが、日本語にはない特徴です。

父は patro といいます。母は女性を表す -in- という接中辞を加えて patrino といいます。
一般に「親」を表すときは patro を代表させることがあります。男が無標になるのは英語の man などと同じ発想です。
もっとも、これは多くの諸言語にもいえることなので傍証としては弱いのですが。

より良い傍証は lupo(狼)です。
これは形容詞になると lupa(狼の)という意味になりますが、同時に「残酷な」という意味も持ちます。
グリム童話などに見られるように、狼のイメージは「残酷」です。
しかし、日本では狼は「大神」に通じることから、必ずしも「残酷」とは限りません。「孤高」などを象徴することがあります。そのことは今日でも「一匹狼」のような単語に残っています。

もし、日本のエスペランティストが lupa と言ったら、それは孤高を意味するかもしれません。
当然、西洋人は「lupa に孤高の意味はない」と言うでしょうが、私たちはそれでもエスペラントを世界語と呼ぶ気になるでしょうか。
このように、あくまでlupa は西洋文化を反映しています。

また、akvo は「水」ですが、同時に「お湯」でもあります。
akvo と聞いた日本人が「水」だと思って触れたら、実は「お湯」だったということがありえます。


エスペラントは世界語を目指しているので、西洋に傾倒している事実は好ましくありません。
かといってあらゆる文化に対応した言語を作ることはできません。
稲と米を区別すれば日本にひいき的だし、区別しなければ西洋にひいき的です。どっちにしても不平等で、世界語としては批判されます。

これはとても難しい問題です。
世界語なので、各ユーザーがそれぞれの文化を背景に喋って良いということになったら、いったいどうなるでしょう。
日本人は勝手に akvo に冷たいイメージを持つし、イギリス人は勝手に lupa に残酷さを想起します。誤解が絶えませんね。

じゃあ逆に、特定の文化を採用したら?例えば西洋文化を公式に採用したらどうなるでしょう。
そしたら今度は「世界語のくせに何で西洋中心なんだよ」という批判を受けることになります。
この矛盾が解決できないので、エスペラントに限らず普及語をやっている人たちは、この問題そのものをあまり議論しない傾向にあります。



.
記事メニュー
目安箱バナー