るしにゃん王国wiki

ドルイド

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

部品構造


  • 大部品: ドルイド RD:22 評価値:7
    • 部品: 職業概要
    • 部品: みんなの相談窓口
    • 部品: 森の魔法
    • 大部品: 装備品(ドルイド) RD:3 評価値:2
      • 部品: ツノを模した装身具
      • 部品: 樫の木の杖
      • 部品: 白と若草の衣服
    • 大部品: ドルイドになる為の条件 RD:4 評価値:3
      • 部品: 着用制限
      • 部品: 野生の動物たちに好かれている
      • 部品: 森の神官としての実績 6年
      • 部品: 魔法使いとしての修練5年
    • 大部品: 森の神官 RD:12 評価値:6
      • 部品: 森の神官とは
      • 部品: 祭司
      • 部品: 1日2回の瞑想
      • 部品: 森渡りの健脚
      • 部品: 森と人との仲介者
      • 部品: 大切なものを守る為に行動する
      • 大部品: 森の神への信仰 RD:3 評価値:2
        • 部品: 森の神の伝説
        • 部品: 森の生命循環
        • 部品: 森の一部
      • 大部品: 森の神官になるまでの修行 6年 RD:3 評価値:2
        • 部品: 修行場所
        • 部品: 口伝による伝授 4年
        • 部品: 祭祀・儀式の準備・手伝い 1年



部品定義


部品: 職業概要

るしにゃん王国における主要な宗教である森林信仰の祭司を務める森の神官が魔法使いとしての修練を修めたもの。
魔法使いの中でも自然との調和を重んじる白魔法側に属し、その魔法は森を守るために紡がれる。

部品: みんなの相談窓口

ニャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

部品: 森の魔法

ドルイドとなった森の神官が操る魔法のこと。大自然と対話し、その力を借りて振るわれる魔法は、敵を傷つけるものは殆どなく、守りの技であるといわれている。

部品: ツノを模した装身具

ニャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

部品: 樫の木の杖

ニャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

部品: 白と若草の衣服

ニャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

部品: 着用制限

ドルイドを名乗ることができる権利は森の神官の中でも特に魔法を使うことに適正のある者が魔法使いとしての修練を重ね、さらに既にドルイドになっているもの、あるいは長老からの複数の信任を得た者だけである。
その数は森の神官の10%程度である。

部品: 野生の動物たちに好かれている

森の神官の代表たるドルイドは、当然森の動物達とも親交が深くなくてはいけない。けして同化せず、同じ森の一員である森国人として動物達とつきあえている者だけがドルイドを名乗れるのだ。

部品: 森の神官としての実績 6年

ドルイドとしての信任を得るには、最低でも森の神官として6年の実績を積む必要がある。その中で森の神官としての務めを正しく理解したと認められれば、ドルイドとなる信任を得ることができるだろう。

部品: 魔法使いとしての修練5年

世界の成り立ちや、魔法の原理、それらを正しく理解するための修練。これについては教科書が与えられ、数年かけて魔法使いとしての力の使い方を覚えていく。その期間はだいたい5年ほどといわれているが、遅いものは学校卒業と共に修練を始めても30歳を超えるくらいになるらしい。

部品: 森の神官とは

職業概要かぶったにゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

部品: 祭司

冠婚葬祭や年中行事など、季節や人生の節目に行う儀式を取り仕切る。祭祀の道具や手順は神官から神官へ語り継がれている。

部品: 1日2回の瞑想

森の神官は朝起きた後と夜眠る前、1日2回、15分の瞑想を日課としている。目をつぶり、心を静めて神に祈る。瞑想の効果により、森の神官は軒並み、優れた集中力を持つ。ここでいう瞑想とは瞑想通信の事ではない。

部品: 森渡りの健脚

森の神を信仰する森の神官は、森林について詳しくあらねばならない。そのため彼らは常日頃から森を歩き回っている。
もしこの時、今までに見られなかったような異常や違和感を感じた場合は、上司であるドルイドへ報告する。

部品: 森と人との仲介者

森と深く関わるドルイドは人と森の両方の立場から物事を見ることができる。森が人を脅かさないよう、逆に人が森を破壊しないよう、両者の媒も大事な役目。

部品: 大切なものを守る為に行動する

これは森の神官に限った話ではないが、るしにゃんの民は皆、基本的に平和主義である。殺して奪う、力で解決する、必要以上の力を欲する、といった行為を好まない。
彼らが自らの意思で他人に向けて力を振るう事があったなら、それはすなわち大切なものを守る為、自衛の為の行為であろう。
たいせつなものとは森であり、森に住まう動物たちであり、国であり、るしにゃんの民全ての事である。

部品: 森の神の伝説

その神は見上げるほどに大きく、森においての生死を司ると言われている。眷属は鹿であり、森の神もしばしば立派な角を持った鹿の姿で描かれ語られる。

部品: 森の生命循環

春の若木は幾度目かの夏にはやがて立派な巨木へと育ち、青々とした葉をつける。そして秋が過ぎ冬が来たならばその葉を散らし森を豊かにする養分となる。
その周囲には下草が生え、草を食む獣が集まり繁殖し、獣を食べる獣はその肉を食らう。
そうして肉を食らい育った獣はやがて番を見つけ子を成し、その一生を終えて土へと還っていく。
森はその中で生と死を内包し、バランスを取ることで永く広く広がっているのである。

部品: 森の一部

森の神への信仰は、己もその一部であると皆自然に感じているものである。
森の恵みで暮らし、生と死のバランスを崩さぬように常にその状態に気を配り、共生の努力を惜しまず、感謝を忘れずにいることが大事であるとされる。

部品: 修行場所

森の神官になる為の修行は森の中で行われる。森の中と言っても、命の危険・大きな怪我をする可能性のないような場所である。場所の詳細は一般的には秘匿とされているが、安全のため、森の護り手が日替わりで修行の様子を確認にくる他、藩王等、国の主要となる人間には場所についての情報は共有されている。

部品: 口伝による伝授 4年

森の神官に必要な知識は、口伝によってのみ伝授される。伝授されている最中は集中力を高める目的で、筆記行為が禁止される為、全てを覚えるのには4年ほどの期間を要する。
伝授される内容は祭司の項に記述した事をはじめ、大部品:森の神への信仰に関する考え方もこの時期に培われる。

部品: 祭祀・儀式の準備・手伝い 1年

1年間、先輩神官たちに付いて回り、口伝で教わった知識と照らし合わせながら、祭祀・儀式の手伝いを行う。
1年を終えた後、全体を通して働きが良いと判断されれば合格、悪ければ不合格で、もう1年準備・手伝いを行うこととなる。



提出書式


 大部品: ドルイド RD:22 評価値:7
 -部品: 職業概要
 -部品: みんなの相談窓口
 -部品: 森の魔法
 -大部品: 装備品(ドルイド) RD:3 評価値:2
 --部品: ツノを模した装身具
 --部品: 樫の木の杖
 --部品: 白と若草の衣服
 -大部品: ドルイドになる為の条件 RD:4 評価値:3
 --部品: 着用制限
 --部品: 野生の動物たちに好かれている
 --部品: 森の神官としての実績 6年
 --部品: 魔法使いとしての修練5年
 -大部品: 森の神官 RD:12 評価値:6
 --部品: 森の神官とは
 --部品: 祭司
 --部品: 1日2回の瞑想
 --部品: 森渡りの健脚
 --部品: 森と人との仲介者
 --部品: 大切なものを守る為に行動する
 --大部品: 森の神への信仰 RD:3 評価値:2
 ---部品: 森の神の伝説
 ---部品: 森の生命循環
 ---部品: 森の一部
 --大部品: 森の神官になるまでの修行 6年 RD:3 評価値:2
 ---部品: 修行場所
 ---部品: 口伝による伝授 4年
 ---部品: 祭祀・儀式の準備・手伝い 1年
 
 
 部品: 職業概要
 るしにゃん王国における主要な宗教である森林信仰の祭司を務める森の神官が魔法使いとしての修練を修めたもの。
 魔法使いの中でも自然との調和を重んじる白魔法側に属し、その魔法は森を守るために紡がれる。
 
 部品: みんなの相談窓口
 ニャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 部品: 森の魔法
 ドルイドとなった森の神官が操る魔法のこと。大自然と対話し、その力を借りて振るわれる魔法は、敵を傷つけるものは殆どなく、守りの技であるといわれている。
 
 部品: ツノを模した装身具
 ニャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 部品: 樫の木の杖
 ニャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 部品: 白と若草の衣服
 ニャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 部品: 着用制限
 ドルイドを名乗ることができる権利は森の神官の中でも特に魔法を使うことに適正のある者が魔法使いとしての修練を重ね、さらに既にドルイドになっているもの、あるいは長老からの複数の信任を得た者だけである。
 その数は森の神官の10%程度である。
 
 部品: 野生の動物たちに好かれている
 森の神官の代表たるドルイドは、当然森の動物達とも親交が深くなくてはいけない。けして同化せず、同じ森の一員である森国人として動物達とつきあえている者だけがドルイドを名乗れるのだ。
 
 部品: 森の神官としての実績 6年
 ドルイドとしての信任を得るには、最低でも森の神官として6年の実績を積む必要がある。その中で森の神官としての務めを正しく理解したと認められれば、ドルイドとなる信任を得ることができるだろう。
 
 部品: 魔法使いとしての修練5年
 世界の成り立ちや、魔法の原理、それらを正しく理解するための修練。これについては教科書が与えられ、数年かけて魔法使いとしての力の使い方を覚えていく。その期間はだいたい5年ほどといわれているが、遅いものは学校卒業と共に修練を始めても30歳を超えるくらいになるらしい。
 
 部品: 森の神官とは
 職業概要かぶったにゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 部品: 祭司
 冠婚葬祭や年中行事など、季節や人生の節目に行う儀式を取り仕切る。祭祀の道具や手順は神官から神官へ語り継がれている。
 
 部品: 1日2回の瞑想
 森の神官は朝起きた後と夜眠る前、1日2回、15分の瞑想を日課としている。目をつぶり、心を静めて神に祈る。瞑想の効果により、森の神官は軒並み、優れた集中力を持つ。ここでいう瞑想とは瞑想通信の事ではない。
 
 部品: 森渡りの健脚
 森の神を信仰する森の神官は、森林について詳しくあらねばならない。そのため彼らは常日頃から森を歩き回っている。
 もしこの時、今までに見られなかったような異常や違和感を感じた場合は、上司であるドルイドへ報告する。
 
 部品: 森と人との仲介者
 森と深く関わるドルイドは人と森の両方の立場から物事を見ることができる。森が人を脅かさないよう、逆に人が森を破壊しないよう、両者の媒も大事な役目。
 
 部品: 大切なものを守る為に行動する
 これは森の神官に限った話ではないが、るしにゃんの民は皆、基本的に平和主義である。殺して奪う、力で解決する、必要以上の力を欲する、といった行為を好まない。
 彼らが自らの意思で他人に向けて力を振るう事があったなら、それはすなわち大切なものを守る為、自衛の為の行為であろう。
 たいせつなものとは森であり、森に住まう動物たちであり、国であり、るしにゃんの民全ての事である。
 
 部品: 森の神の伝説
 その神は見上げるほどに大きく、森においての生死を司ると言われている。眷属は鹿であり、森の神もしばしば立派な角を持った鹿の姿で描かれ語られる。
 
 部品: 森の生命循環
 春の若木は幾度目かの夏にはやがて立派な巨木へと育ち、青々とした葉をつける。そして秋が過ぎ冬が来たならばその葉を散らし森を豊かにする養分となる。
 その周囲には下草が生え、草を食む獣が集まり繁殖し、獣を食べる獣はその肉を食らう。
 そうして肉を食らい育った獣はやがて番を見つけ子を成し、その一生を終えて土へと還っていく。
 森はその中で生と死を内包し、バランスを取ることで永く広く広がっているのである。
 
 部品: 森の一部
 森の神への信仰は、己もその一部であると皆自然に感じているものである。
 森の恵みで暮らし、生と死のバランスを崩さぬように常にその状態に気を配り、共生の努力を惜しまず、感謝を忘れずにいることが大事であるとされる。
 
 部品: 修行場所
 森の神官になる為の修行は森の中で行われる。森の中と言っても、命の危険・大きな怪我をする可能性のないような場所である。場所の詳細は一般的には秘匿とされているが、安全のため、森の護り手が日替わりで修行の様子を確認にくる他、藩王等、国の主要となる人間には場所についての情報は共有されている。
 
 部品: 口伝による伝授 4年
 森の神官に必要な知識は、口伝によってのみ伝授される。伝授されている最中は集中力を高める目的で、筆記行為が禁止される為、全てを覚えるのには4年ほどの期間を要する。
 伝授される内容は祭司の項に記述した事をはじめ、大部品:森の神への信仰に関する考え方もこの時期に培われる。
 
 部品: 祭祀・儀式の準備・手伝い 1年
 1年間、先輩神官たちに付いて回り、口伝で教わった知識と照らし合わせながら、祭祀・儀式の手伝いを行う。
 1年を終えた後、全体を通して働きが良いと判断されれば合格、悪ければ不合格で、もう1年準備・手伝いを行うこととなる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "ドルイド",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "職業概要",
         "description": "るしにゃん王国における主要な宗教である森林信仰の祭司を務める森の神官が魔法使いとしての修練を修めたもの。\n魔法使いの中でも自然との調和を重んじる白魔法側に属し、その魔法は森を守るために紡がれる。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "みんなの相談窓口",
         "description": "ニャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "森の魔法",
         "description": "ドルイドとなった森の神官が操る魔法のこと。大自然と対話し、その力を借りて振るわれる魔法は、敵を傷つけるものは殆どなく、守りの技であるといわれている。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "装備品(ドルイド)",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "ツノを模した装身具",
             "description": "ニャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "樫の木の杖",
             "description": "ニャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "白と若草の衣服",
             "description": "ニャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー",
             "part_type": "part"
           }
         ]
       },
       {
         "title": "ドルイドになる為の条件",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "着用制限",
             "description": "ドルイドを名乗ることができる権利は森の神官の中でも特に魔法を使うことに適正のある者が魔法使いとしての修練を重ね、さらに既にドルイドになっているもの、あるいは長老からの複数の信任を得た者だけである。\nその数は森の神官の10%程度である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "野生の動物たちに好かれている",
             "description": "森の神官の代表たるドルイドは、当然森の動物達とも親交が深くなくてはいけない。けして同化せず、同じ森の一員である森国人として動物達とつきあえている者だけがドルイドを名乗れるのだ。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "森の神官としての実績 6年",
             "description": "ドルイドとしての信任を得るには、最低でも森の神官として6年の実績を積む必要がある。その中で森の神官としての務めを正しく理解したと認められれば、ドルイドとなる信任を得ることができるだろう。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "魔法使いとしての修練5年",
             "description": "世界の成り立ちや、魔法の原理、それらを正しく理解するための修練。これについては教科書が与えられ、数年かけて魔法使いとしての力の使い方を覚えていく。その期間はだいたい5年ほどといわれているが、遅いものは学校卒業と共に修練を始めても30歳を超えるくらいになるらしい。",
             "part_type": "part"
           }
         ]
       },
       {
         "title": "森の神官",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "森の神官とは",
             "description": "職業概要かぶったにゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "祭司",
             "description": "冠婚葬祭や年中行事など、季節や人生の節目に行う儀式を取り仕切る。祭祀の道具や手順は神官から神官へ語り継がれている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "1日2回の瞑想",
             "description": "森の神官は朝起きた後と夜眠る前、1日2回、15分の瞑想を日課としている。目をつぶり、心を静めて神に祈る。瞑想の効果により、森の神官は軒並み、優れた集中力を持つ。ここでいう瞑想とは瞑想通信の事ではない。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "森渡りの健脚",
             "description": "森の神を信仰する森の神官は、森林について詳しくあらねばならない。そのため彼らは常日頃から森を歩き回っている。\nもしこの時、今までに見られなかったような異常や違和感を感じた場合は、上司であるドルイドへ報告する。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "森と人との仲介者",
             "description": "森と深く関わるドルイドは人と森の両方の立場から物事を見ることができる。森が人を脅かさないよう、逆に人が森を破壊しないよう、両者の媒も大事な役目。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "大切なものを守る為に行動する",
             "description": "これは森の神官に限った話ではないが、るしにゃんの民は皆、基本的に平和主義である。殺して奪う、力で解決する、必要以上の力を欲する、といった行為を好まない。\n彼らが自らの意思で他人に向けて力を振るう事があったなら、それはすなわち大切なものを守る為、自衛の為の行為であろう。\nたいせつなものとは森であり、森に住まう動物たちであり、国であり、るしにゃんの民全ての事である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "森の神への信仰",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "森の神の伝説",
                 "description": "その神は見上げるほどに大きく、森においての生死を司ると言われている。眷属は鹿であり、森の神もしばしば立派な角を持った鹿の姿で描かれ語られる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "森の生命循環",
                 "description": "春の若木は幾度目かの夏にはやがて立派な巨木へと育ち、青々とした葉をつける。そして秋が過ぎ冬が来たならばその葉を散らし森を豊かにする養分となる。\nその周囲には下草が生え、草を食む獣が集まり繁殖し、獣を食べる獣はその肉を食らう。\nそうして肉を食らい育った獣はやがて番を見つけ子を成し、その一生を終えて土へと還っていく。\n森はその中で生と死を内包し、バランスを取ることで永く広く広がっているのである。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "森の一部",
                 "description": "森の神への信仰は、己もその一部であると皆自然に感じているものである。\n森の恵みで暮らし、生と死のバランスを崩さぬように常にその状態に気を配り、共生の努力を惜しまず、感謝を忘れずにいることが大事であるとされる。",
                 "part_type": "part"
               }
             ]
           },
           {
             "title": "森の神官になるまでの修行 6年",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "修行場所",
                 "description": "森の神官になる為の修行は森の中で行われる。森の中と言っても、命の危険・大きな怪我をする可能性のないような場所である。場所の詳細は一般的には秘匿とされているが、安全のため、森の護り手が日替わりで修行の様子を確認にくる他、藩王等、国の主要となる人間には場所についての情報は共有されている。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "口伝による伝授 4年",
                 "description": "森の神官に必要な知識は、口伝によってのみ伝授される。伝授されている最中は集中力を高める目的で、筆記行為が禁止される為、全てを覚えるのには4年ほどの期間を要する。\n伝授される内容は祭司の項に記述した事をはじめ、大部品:森の神への信仰に関する考え方もこの時期に培われる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "祭祀・儀式の準備・手伝い 1年",
                 "description": "1年間、先輩神官たちに付いて回り、口伝で教わった知識と照らし合わせながら、祭祀・儀式の手伝いを行う。\n1年を終えた後、全体を通して働きが良いと判断されれば合格、悪ければ不合格で、もう1年準備・手伝いを行うこととなる。",
                 "part_type": "part"
               }
             ]
           }
         ]
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
記事メニュー