るしにゃん王国wiki

森の癒し手

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

部品構造


  • 大部品: 森の癒し手 RD:23 評価値:7
    • 部品: 森の癒し手とは
    • 部品: 特別な薬素材の採取方法
    • 大部品: まじない師 RD:19 評価値:7
      • 部品: 職業概要
      • 部品: 着用条件
      • 部品: まじない師としての知識
      • 部品: フィールドワーク
      • 部品: おまじない
      • 大部品: 衛生管理 RD:2 評価値:1
        • 部品: 器材管理
        • 部品: 雑菌を追い出す
      • 大部品: まじない師になるまでの修行 6年(師弟制度の場合) RD:7 評価値:4
        • 部品: 炊事・掃除・洗濯の1年目
        • 部品: 素材集めに走らされる2年目
        • 部品: 薬の処方の仕方を教わる3年目
        • 部品: おまじないを覚える4年目
        • 部品: 治療の手伝いを始める5年目
        • 部品: 最終試験の6年目
        • 部品: それ以外の場合
      • 大部品: 装備品(まじない師) RD:5 評価値:3
        • 部品: 乳鉢と乳棒
        • 部品: 薬草手帳
        • 部品: 軽装で清潔な衣服
        • 部品: 治療に使用する薬草など
        • 部品: 診断書
    • 大部品: 草木医師 RD:2 評価値:1
      • 部品: 草木医師とは
      • 部品: 草木治療の知識



部品定義


部品: 森の癒し手とは

森の癒し手とは、るしにゃん王国の代表的な医師のあり方の一つであり、人体と植物の負傷や治療を生業とする者のことである。

部品: 特別な薬素材の採取方法

森の癒し手は草木医師としての知識をまじない師の経験に重ねることで、普通の薬草などにない薬効を持つ特別な素材を採取する技術を持っている。
こればかりはまじない師に教えても、草木医師としての経験を詰まないと覚えることができないものだ。

部品: 職業概要

低物理域における医師の基本的な姿。おまじないによる検査・治療を行い、薬草等から薬を調合して患者に処方する。

部品: 着用条件

学校、あるいは徒弟制度による教育を受け、まじないしとして必要なことについて6年以上の学習・研鑽をした者だけが着用できる。

部品: まじない師としての知識

まじない師の知識は低物理の医師としての知識であり、カウンセリング方法、処方する薬の知識、治療方法の知識などがある。
高物理域の医師との大きな違いは呪いや魔法による汚染への対処方法を学ぶことにあるだろう。

部品: フィールドワーク

処方する薬の材料である薬草などを、自身の手で採取したり将来まじない師になる弟子にとりにいかせている。そのため、複雑な森の中を歩き回る体力と技術、目的物を探す観察眼等に優れる。

部品: おまじない

弱い魔法のこと。起きる現象は些細なもので、人を傷つけるようなものはおまじないではない。高物理域で詠唱された場合は何も効果はなく気休めにしかならない。

部品: 器材管理

治療に必要な器材の数、状態を常にチェックし、十分な数を清潔に確保しておく。戦場では使用できる器材や補給経路に限りがあるためこの管理は大変重要になってくる。

部品: 雑菌を追い出す

医療従事者は可能な限り治療スペースを確保し、そこを清潔に保つ義務がある。小まめに清掃洗濯を行い、感染症を予防し治療に相応しい場とする。

部品: 炊事・掃除・洗濯の1年目

衛生管理と健康管理が重要であることを一番最初に学ぶ。その最たる手段が充分な食事と掃除と洗濯を欠かさないことである。

部品: 素材集めに走らされる2年目

薬の材料をとりに行かされるようになる。次第に体力がつき、合間を縫って師の仕事ぶりを見たり本を読み、医学に関する知識をつけ始める。

部品: 薬の処方の仕方を教わる3年目

自分の手で集めてきた材料を元に薬を作るようになる。最初は失敗続きだが段々と患者に使えるレベルの薬が作れるようになる。

部品: おまじないを覚える4年目

薬の処方と併せて行う魔法による治療方法を教わりはじめる。薬も魔法もあくまで人の生きる力を手助けするためのものと学ぶ。

部品: 治療の手伝いを始める5年目

師の治療行為を手伝い、簡単な処置を任されるようになる。失敗をして師に怒られることもあるが、失敗したことこそ、次は間違えないようになっていく。

部品: 最終試験の6年目

これまで学んできた知識が身についているかを確認する最後の修行。人によっては7年目以降も引き続き師のもとに残り勉強を続けることを選ぶ。

部品: それ以外の場合

代表的な6年間の学習の流れは以上のとおりだが、学校でまじないしとしての基礎を学ぶ場合も似たような事項は学習していく。また、覚えが悪いものは同じ事を繰り返し学ぶ必要があるため、修行期間が長くなっていく。

部品: 乳鉢と乳棒

固体を粉砕または混和するために使用する石材の鉢と棒。もっぱら調剤・実験器具として用いられる。人によっては薬研というローラーを使うこともあるが機能は同じ。

部品: 薬草手帳

手の中に納まるような小さな記録本。一介の医師として大事な心構えから始まり、薬草の採取場所、薬の調合方法、おまじないで注意することなどが書き込まれている。

部品: 軽装で清潔な衣服

治療の邪魔にならないように、また屋外での活動に問題がないように考えて作られた衣服。感染源とならないよう清潔にしてある。

部品: 治療に使用する薬草など

フィールドワークで採取したものやそこから調合した薬、消毒薬など。よく使うものは常に在庫を切らさないよう数量を管理している。

部品: 診断書

丈夫な紙に患者の状態や環境、病状、今後の治療方針などをまとめたもの。まずはこれを書くところから治療が始まる。

部品: 草木医師とは

人間ではなく植物の病気等を治す医師のこと。植物の汚染や疾病を治療し、健全に生育させることがその職務である。

部品: 草木治療の知識

人体の知識のように植物の基本的な構造を知るほか、植物がかかる病気やその治療方法についての知識を学んでいる。



提出書式


 大部品: 森の癒し手 RD:23 評価値:7
 -部品: 森の癒し手とは
 -部品: 特別な薬素材の採取方法
 -大部品: まじない師 RD:19 評価値:7
 --部品: 職業概要
 --部品: 着用条件
 --部品: まじない師としての知識
 --部品: フィールドワーク
 --部品: おまじない
 --大部品: 衛生管理 RD:2 評価値:1
 ---部品: 器材管理
 ---部品: 雑菌を追い出す
 --大部品: まじない師になるまでの修行 6年(師弟制度の場合) RD:7 評価値:4
 ---部品: 炊事・掃除・洗濯の1年目
 ---部品: 素材集めに走らされる2年目
 ---部品: 薬の処方の仕方を教わる3年目
 ---部品: おまじないを覚える4年目
 ---部品: 治療の手伝いを始める5年目
 ---部品: 最終試験の6年目
 ---部品: それ以外の場合
 --大部品: 装備品(まじない師) RD:5 評価値:3
 ---部品: 乳鉢と乳棒
 ---部品: 薬草手帳
 ---部品: 軽装で清潔な衣服
 ---部品: 治療に使用する薬草など
 ---部品: 診断書
 -大部品: 草木医師 RD:2 評価値:1
 --部品: 草木医師とは
 --部品: 草木治療の知識
 
 
 部品: 森の癒し手とは
 森の癒し手とは、るしにゃん王国の代表的な医師のあり方の一つであり、人体と植物の負傷や治療を生業とする者のことである。
 
 部品: 特別な薬素材の採取方法
 森の癒し手は草木医師としての知識をまじない師の経験に重ねることで、普通の薬草などにない薬効を持つ特別な素材を採取する技術を持っている。
 こればかりはまじない師に教えても、草木医師としての経験を詰まないと覚えることができないものだ。
 
 部品: 職業概要
 低物理域における医師の基本的な姿。おまじないによる検査・治療を行い、薬草等から薬を調合して患者に処方する。
 
 部品: 着用条件
 学校、あるいは徒弟制度による教育を受け、まじないしとして必要なことについて6年以上の学習・研鑽をした者だけが着用できる。
 
 部品: まじない師としての知識
 まじない師の知識は低物理の医師としての知識であり、カウンセリング方法、処方する薬の知識、治療方法の知識などがある。
 高物理域の医師との大きな違いは呪いや魔法による汚染への対処方法を学ぶことにあるだろう。
 
 部品: フィールドワーク
 処方する薬の材料である薬草などを、自身の手で採取したり将来まじない師になる弟子にとりにいかせている。そのため、複雑な森の中を歩き回る体力と技術、目的物を探す観察眼等に優れる。
 
 部品: おまじない
 弱い魔法のこと。起きる現象は些細なもので、人を傷つけるようなものはおまじないではない。高物理域で詠唱された場合は何も効果はなく気休めにしかならない。
 
 部品: 器材管理
 治療に必要な器材の数、状態を常にチェックし、十分な数を清潔に確保しておく。戦場では使用できる器材や補給経路に限りがあるためこの管理は大変重要になってくる。
 
 部品: 雑菌を追い出す
 医療従事者は可能な限り治療スペースを確保し、そこを清潔に保つ義務がある。小まめに清掃洗濯を行い、感染症を予防し治療に相応しい場とする。
 
 部品: 炊事・掃除・洗濯の1年目
 衛生管理と健康管理が重要であることを一番最初に学ぶ。その最たる手段が充分な食事と掃除と洗濯を欠かさないことである。
 
 部品: 素材集めに走らされる2年目
 薬の材料をとりに行かされるようになる。次第に体力がつき、合間を縫って師の仕事ぶりを見たり本を読み、医学に関する知識をつけ始める。
 
 部品: 薬の処方の仕方を教わる3年目
 自分の手で集めてきた材料を元に薬を作るようになる。最初は失敗続きだが段々と患者に使えるレベルの薬が作れるようになる。
 
 部品: おまじないを覚える4年目
 薬の処方と併せて行う魔法による治療方法を教わりはじめる。薬も魔法もあくまで人の生きる力を手助けするためのものと学ぶ。
 
 部品: 治療の手伝いを始める5年目
 師の治療行為を手伝い、簡単な処置を任されるようになる。失敗をして師に怒られることもあるが、失敗したことこそ、次は間違えないようになっていく。
 
 部品: 最終試験の6年目
 これまで学んできた知識が身についているかを確認する最後の修行。人によっては7年目以降も引き続き師のもとに残り勉強を続けることを選ぶ。
 
 部品: それ以外の場合
 代表的な6年間の学習の流れは以上のとおりだが、学校でまじないしとしての基礎を学ぶ場合も似たような事項は学習していく。また、覚えが悪いものは同じ事を繰り返し学ぶ必要があるため、修行期間が長くなっていく。
 
 部品: 乳鉢と乳棒
 固体を粉砕または混和するために使用する石材の鉢と棒。もっぱら調剤・実験器具として用いられる。人によっては薬研というローラーを使うこともあるが機能は同じ。
 
 部品: 薬草手帳
 手の中に納まるような小さな記録本。一介の医師として大事な心構えから始まり、薬草の採取場所、薬の調合方法、おまじないで注意することなどが書き込まれている。
 
 部品: 軽装で清潔な衣服
 治療の邪魔にならないように、また屋外での活動に問題がないように考えて作られた衣服。感染源とならないよう清潔にしてある。
 
 部品: 治療に使用する薬草など
 フィールドワークで採取したものやそこから調合した薬、消毒薬など。よく使うものは常に在庫を切らさないよう数量を管理している。
 
 部品: 診断書
 丈夫な紙に患者の状態や環境、病状、今後の治療方針などをまとめたもの。まずはこれを書くところから治療が始まる。
 
 部品: 草木医師とは
 人間ではなく植物の病気等を治す医師のこと。植物の汚染や疾病を治療し、健全に生育させることがその職務である。
 
 部品: 草木治療の知識
 人体の知識のように植物の基本的な構造を知るほか、植物がかかる病気やその治療方法についての知識を学んでいる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "森の癒し手",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "森の癒し手とは",
         "description": "森の癒し手とは、るしにゃん王国の代表的な医師のあり方の一つであり、人体と植物の負傷や治療を生業とする者のことである。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "特別な薬素材の採取方法",
         "description": "森の癒し手は草木医師としての知識をまじない師の経験に重ねることで、普通の薬草などにない薬効を持つ特別な素材を採取する技術を持っている。\nこればかりはまじない師に教えても、草木医師としての経験を詰まないと覚えることができないものだ。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "まじない師",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "職業概要",
             "description": "低物理域における医師の基本的な姿。おまじないによる検査・治療を行い、薬草等から薬を調合して患者に処方する。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "着用条件",
             "description": "学校、あるいは徒弟制度による教育を受け、まじないしとして必要なことについて6年以上の学習・研鑽をした者だけが着用できる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "まじない師としての知識",
             "description": "まじない師の知識は低物理の医師としての知識であり、カウンセリング方法、処方する薬の知識、治療方法の知識などがある。\n高物理域の医師との大きな違いは呪いや魔法による汚染への対処方法を学ぶことにあるだろう。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "フィールドワーク",
             "description": "処方する薬の材料である薬草などを、自身の手で採取したり将来まじない師になる弟子にとりにいかせている。そのため、複雑な森の中を歩き回る体力と技術、目的物を探す観察眼等に優れる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "おまじない",
             "description": "弱い魔法のこと。起きる現象は些細なもので、人を傷つけるようなものはおまじないではない。高物理域で詠唱された場合は何も効果はなく気休めにしかならない。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "衛生管理",
             "children": [
               {
                 "title": "器材管理",
                 "description": "治療に必要な器材の数、状態を常にチェックし、十分な数を清潔に確保しておく。戦場では使用できる器材や補給経路に限りがあるためこの管理は大変重要になってくる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "雑菌を追い出す",
                 "description": "医療従事者は可能な限り治療スペースを確保し、そこを清潔に保つ義務がある。小まめに清掃洗濯を行い、感染症を予防し治療に相応しい場とする。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": false,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "まじない師になるまでの修行 6年(師弟制度の場合)",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "炊事・掃除・洗濯の1年目",
                 "description": "衛生管理と健康管理が重要であることを一番最初に学ぶ。その最たる手段が充分な食事と掃除と洗濯を欠かさないことである。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "素材集めに走らされる2年目",
                 "description": "薬の材料をとりに行かされるようになる。次第に体力がつき、合間を縫って師の仕事ぶりを見たり本を読み、医学に関する知識をつけ始める。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "薬の処方の仕方を教わる3年目",
                 "description": "自分の手で集めてきた材料を元に薬を作るようになる。最初は失敗続きだが段々と患者に使えるレベルの薬が作れるようになる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "おまじないを覚える4年目",
                 "description": "薬の処方と併せて行う魔法による治療方法を教わりはじめる。薬も魔法もあくまで人の生きる力を手助けするためのものと学ぶ。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "治療の手伝いを始める5年目",
                 "description": "師の治療行為を手伝い、簡単な処置を任されるようになる。失敗をして師に怒られることもあるが、失敗したことこそ、次は間違えないようになっていく。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "最終試験の6年目",
                 "description": "これまで学んできた知識が身についているかを確認する最後の修行。人によっては7年目以降も引き続き師のもとに残り勉強を続けることを選ぶ。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "それ以外の場合",
                 "description": "代表的な6年間の学習の流れは以上のとおりだが、学校でまじないしとしての基礎を学ぶ場合も似たような事項は学習していく。また、覚えが悪いものは同じ事を繰り返し学ぶ必要があるため、修行期間が長くなっていく。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": false
           },
           {
             "title": "装備品(まじない師)",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "乳鉢と乳棒",
                 "description": "固体を粉砕または混和するために使用する石材の鉢と棒。もっぱら調剤・実験器具として用いられる。人によっては薬研というローラーを使うこともあるが機能は同じ。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "薬草手帳",
                 "description": "手の中に納まるような小さな記録本。一介の医師として大事な心構えから始まり、薬草の採取場所、薬の調合方法、おまじないで注意することなどが書き込まれている。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "軽装で清潔な衣服",
                 "description": "治療の邪魔にならないように、また屋外での活動に問題がないように考えて作られた衣服。感染源とならないよう清潔にしてある。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "治療に使用する薬草など",
                 "description": "フィールドワークで採取したものやそこから調合した薬、消毒薬など。よく使うものは常に在庫を切らさないよう数量を管理している。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "診断書",
                 "description": "丈夫な紙に患者の状態や環境、病状、今後の治療方針などをまとめたもの。まずはこれを書くところから治療が始まる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": false
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "草木医師",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "草木医師とは",
             "description": "人間ではなく植物の病気等を治す医師のこと。植物の汚染や疾病を治療し、健全に生育させることがその職務である。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "草木治療の知識",
             "description": "人体の知識のように植物の基本的な構造を知るほか、植物がかかる病気やその治療方法についての知識を学んでいる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
記事メニュー