NAMCO×CAPCOM 攻略wiki

rockmandash

最終更新:

匿名ユーザー

- view
管理者のみ編集可

ロックマンDASHシリーズ

はるか未来、大陸のほとんどが海に沈んだ地球…。
かつての文明を忘却の彼方へ追いやるかのように、
人々は残された大地で独自の文化を形成し、生活を営んでいた。
そんな人々を支えるのが、ディグアウター達である。
彼らは、古代文明の遺跡を発掘し、
そこからディフレクターと呼ばれるエネルギー源を採集する。
彼らなくしてこの世界が成立しないと言っても、過言ではない。

ロックとロールは、そんなディグアウターを生業とし、
「大いなる遺産」の謎を追いかけ世界を旅していた。
行方不明であるロールの両親に、いつか再び会えることを願って。

多くのディグアウター達の夢である「大いなる遺産」だが、
それが何であるかを知る者は誰もいない。ディフレクターに変わる、
無限の力をもつ新エネルギーだという説が一番有力である。


ロック・ヴォルナット

14年前、赤ん坊の時に遺跡でバレルに拾われ、育てられた。
現在は、ディグアウトを生業とするキャスケット家の一員として、
メインダイバー(実際に遺跡に入っての作業)を担当。
ディグアウターとして類まれな素質と能力を持っているが、
なぜ、遺跡に捨てられていたのかなど、その出生は不明。

ロール・キャスケット

14歳。明るく、前向きなロックのガールフレンド。
両親はロールがまだ幼いころ、ディグアウト中に行方不明となるが、
ロールはその後を継いでディグアウターに。
メカニックの天才で、飛行船『フラッター号』の整備・操縦をこなし、
ディグアウトの時は、オペレーターとしてロックをサポートする。

トロン・ボーン

ボーン3兄弟の長女でロールに負けず劣らずのメカニックの天才。
戦闘メカの設計・製作を担当する。

コブン

メカの操縦から戦闘まで、
悪どいやり口でお宝を奪う、
空賊「ボーン一家」一家のために懸命に働くロボット。
全部で40体いるが性格はさまざま。

リーバード

古代遺跡を守る機械生命体の総称。
誰によって作られたのかは不明である。
本作にはホロッコ、レッドホロッコ、アイスホロッコ、ゴルベッシュ、ファイアゴルベッシュの5種が登場している。

ロックマン・ジュノ

物語(原作)の舞台であるカトルオックス島の中心に存在する、
メインゲートの中で眠っていた機会生命体。
その正体は島の全てを監理する『二等粛正官』であり、
主な役目は島のデコイ(人間)を一定数に抑える事。
ロックの事をロックマン・トリッガー様と呼び、ロックの正体を知っているようだったが、
ジュノの役目であるデコイの制御の問題でロックと意見が決裂しロックと戦う事になる。
島の動力源であり、幻と言われているレインボーディフレクターの圧倒的なエネルギーを使い戦ったが、
元が戦闘タイプではなかったので逆にロックによって破壊された。
その直後に巨大な体に乗り移って第二幕を始めたが、
あえなく破壊され、バックアップもデータの命令で完全に消去された。

尚、ロックことロックマン・トリッガーは『一等粛正官』で、
カトルオックス島全初期化プログラムを割り込み命令で止めるほどの命令権を持っており、
ロックマン・ジュノをイレギュラー化の嫌疑ありと判断し、
そのバックアップを消せるほどの強制権を持っているようだ。
また、レインボーディフレクターはロックの後を追って来たボーン一家に持ち逃げされた。
テーマBGMはクラシックの「小フーガト単調」