※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DB2のイベントモニターを一括削除するシェルサンプル


下記のシェルはイベント名の命名規則が"S_"、"C_"のものに絞り込んでいますので、
awk コマンドの /~~/ の条件を変更または削除することで、流用できると思います。


#!/bin/sh

db2 connect to sample

cp /dev/null tmp.sh

echo "db2 connect to sample" > tmp.sh


db2 select evmonname,type from syscat.events | awk '/^[CS]/{printf "db2 set event monitor %s state 0\n", $1;}' >> tmp.sh
db2 select evmonname,type from syscat.events | awk '/^[CS]/{printf "db2 drop event monitor %s \n", $1;}' >> tmp.sh

db2 list tables | awk '/^CONN_|^CONNHEADER_|^CONTROL_|^STMT_|^CONNMEMUSE_/{printf"db2 drop table %s\n", $1;}'>> tmp.sh

sh tmp.sh

最終更新:2006年09月05日 15:46