※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

□ VB 月カレンダーの使い方

□MonthCalendarオブジェクトを貼り付け以下の構文を追加。

  Private Sub MonthCalendar1_DateChanged(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.Forms.DateRangeEventArgs) Handles MonthCalendar1.DateChanged
       Label1.Text = Format(MonthCalendar1.SelectionStart, "yyyyMMdd")
       Label2.Text = Format(MonthCalendar1.SelectionEnd, "yyyyMMdd")
   End Sub

□返り値

 SelectionStartに、日付をクリックした場合や範囲指定をした場合の最も早い日付が返る。
 SelectionEndに、日付をクリックした場合や範囲指定をした場合の最も未来の日付が返る。
最終更新:2009年01月14日 16:14