※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Linux デバッグ方法


Linuxで、Solaris のtrussにあたるコマンドが、straceになります。

このコマンドからコマンド実行すると実行されたコマンドで実施したシステムファンクションコール
などの情報が得られます。

strace -f -F -o /tmp/log.txt <コマンド>

例)

/usr/bin/strace -f z-F -o /tmp/log.txt java


出力例)

[pid 2756] gettimeofday( <unfinished ...>
[pid 2762] <... mmap2 resumed> ) = 0xaa90e000
[pid 2756] <... gettimeofday resumed> {1157439854, 233864}, NULL) = 0
[pid 2756] gettimeofday( <unfinished ...>
[pid 2762] sigaltstack(NULL <unfinished ...>
[pid 2756] <... gettimeofday resumed> {1157439854, 234344}, NULL) = 0
[pid 2762] <... sigaltstack resumed> , {ss_sp=0xaa904000, ss_flags=0, ss_size=40960}) = 0

最終更新:2006年09月15日 10:54