リワマヒ国ver0.8@wiki

仮面のお兄さんシン(ACE)

最終更新:

riwamahi

- view
だれでも歓迎! 編集

仮面のお兄さんシン(ACE)


iデータ

L:仮面のお兄さんシン = {
 t:名称 = 仮面のお兄さんシン(ACE)
 t:要点 = 仮面,どう見ても晋太郎
 t:周辺環境 = 砂漠
 t:評価 = 全能力15
 t:特殊 = {
  *仮面のお兄さんシンのACEカテゴリ = ,,,逗留ACE。
  *仮面のお兄さんシンのみなし職業 = ,,,{<精霊使い>,<式神使い>,<暗殺者>,<大魔法使い>}。
  *仮面のお兄さんシンの遠距離戦闘行為補正 = 遠距離戦闘行為,,条件発動,(遠距離での)攻撃、評価+5。
 }
 t:→次のアイドレス = 玖珂晋太郎(ACE),室賀兼一(ACE),式神使い(職業),暗殺者(職業)

HQ継承

 ※食糧供与HQ認定の継承1世代目により、全能力+1される
 ※食糧倉庫HQ認定の継承3世代目により、全能力+1される
 ※以上のHQ補正により、全能力+2される。

使用可能な特殊

  • 精霊使いの式神召喚能力 = ,,,なし。AR-3。<精霊使いの精霊>を召喚でき、これを使って闘える。(知識+幸運)/2で判定を行う。その難易は9である。
  • 精霊使いの特殊無効化能力 = ,,任意発動,対象の特殊1つを無効化できる。

L:精霊使いの精霊 = {
 t:名称 = 精霊使いの精霊(定義)
 t:評価 = 全能力6
 t:特殊 = {
  *精霊使いの精霊の定義アイドレスカテゴリ = ,,,NPC。
  *精霊使いの精霊の位置づけ = ,,,精霊。
  *精霊使いの精霊のアタックランク = ,,,AR15。
  *精霊使いの精霊の白兵距離戦闘行為 = 白兵距離戦闘行為,,条件発動,なし。
  *精霊使いの精霊の近距離戦闘行為 = 近距離戦闘行為,,条件発動,なし。
  *精霊使いの精霊の中距離戦闘行為 = 中距離戦闘行為,,条件発動,なし。
  *精霊使いの精霊の詠唱戦闘行為 = 詠唱戦闘行為,,条件発動,なし。
  #詠唱戦闘行為((知識+器用)÷2)
  *精霊使いの精霊の種類 = ,,,地水火風のいずれかの種類を選択し、それに応じた能力を持つ。
  *精霊使いの精霊の消滅 = ,,,ARが0になると消滅する。
 }

  • 式神使いの式神召喚能力 = ,,,なし。<式神使いの式神>を召喚できる。AR-3。(知識+幸運)/2で判定を行う。その難易は18である。
  • 式神使いの防御補正 = ,,条件発動,防御、評価+3、燃料-1万t。

L:式神使いの式神 = {
 t:名称 = 式神使いの式神(定義)
 t:評価 = 全能力10
 t:特殊 = {
  *式神使いの式神の定義アイドレスカテゴリ = ,,,NPC。
  *式神使いの式神の位置づけ = ,,,式神。
  *式神使いの式神のアタックランク = ,,,AR12。
  *式神使いの式神の白兵距離戦闘行為 = 白兵距離戦闘行為,,条件発動,なし。
  *式神使いの式神の近距離戦闘行為 = 近距離戦闘行為,,条件発動,なし。
  *式神使いの式神の中距離戦闘行為 = 中距離戦闘行為,,条件発動,なし。
  *式神使いの式神の詠唱戦闘行為 = 詠唱戦闘行為,,条件発動,なし。
  #詠唱戦闘行為((知識+器用)÷2)
  *式神使いの式神の消滅 = ,,,ARが0になると消滅する。
 }

  • 暗殺者の隠蔽行為補正 = 隠蔽行為,,条件発動,隠蔽、自動成功。
  • 暗殺者の被隠蔽看破補正 = ,,,(隠蔽状態の場合、破ろうとする時の)難易度、評価+4。
  • 暗殺者の中距離戦闘行為補正 = 中距離戦闘行為,歩兵,任意発動,(中距離での)攻撃、評価+3、燃料-1万t。
  • 暗殺者の侵入行為補正 = 侵入行為,,条件発動,侵入、評価+2。

  • 大魔法使いの詠唱戦闘行為補正 = 詠唱戦闘行為,,条件発動,(詠唱戦闘での)攻撃、評価+3、燃料-1万t。#詠唱戦闘行為((知識+器用)÷2)
  • 大魔法使いの三角飛び能力 = ,歩兵,条件発動,壁を蹴ってさらにジャンプすることができる。この場合では詠唱戦の判定でこれを行う。

  • 仮面のお兄さんシンの遠距離戦闘行為補正 = 遠距離戦闘行為,,条件発動,(遠距離での)攻撃、評価+5。

設定他


クリックすると、仮面が取れます
(イラスト:シコウ)

 藩王の秘書であり入国審査官を兼ねるイドは目の前の人物と、入国用の書類を前に困ったなぁと汗をかいていた。
普段、小国でお祭りなどの観光資源に乏しいこの国では、特別なイベントを除けば入国希望者など殆ど無く、
あったとしても入国目的と形式上の面接をするだけの入国審査ではあるのだが、前例の無い事態がおきていたのである。
元から大したことを記入するわけではないリワマヒの入国管理書類ではあるが、名前の欄に『シン』としか書いていないのである。
ニューワールドの人間ならば、名字しかない人間も結構多い為、普段ならば気にすることもない。
そう、普段ならば、はいどうぞと簡単にハンコを押して滞在許可を出すところであったが、この人物、
白い服に白いマント、そしてリワマヒでお祭りの時の舞台で付ける仮面を付けてはいるが、どこをどうみても隣国の大国であるFEGに滞在していた玖珂晋太郎本人だとしか思えなかったからである。
しかも、服装はいつものままで、ごっつい仮面で酷いコーディネートだ、などと思ったのはここだけの話しである。

「えーと、お名前は『シン』さん?」
「はい」
「入国目的は、観光とついでに留学ですか?」
「ええ、料理の修行でもしようかなと」

……短い沈黙。
その、それ以上完璧超人なまでに主夫修行を進めてどうするんですか、というツッコミを入れたくなる回答に、
彼はああ非常にやりにくいなぁ、もういいやと通常の入国手続きだけで済ませる事にした。
いきなり大爆発と一緒に白のアラダの人がやってくるとか、外の世界から来た背の高い女の子は大失敗料理であたり一面死屍累々にするとか、
藩王様の「大炊き出し大会をやります」の一言で国からあふれそうなぐらい人と食材があつまって来たりとか、
戦争にいったとき倒れた黒い騎士の人々が病院へ運ばれてきたり、
ダンジョンで死んだどうみても犬の国の住人である大剣士がはこばれてきたり、
最近では、黒にして黒光とかいうオーマネーム持ちの親父がコロッケ屋を開店してグルメなリワマヒ国民大喜びで大繁盛したりと、
今更国内の安全がどうこうとか言うのが馬鹿らしくなったのである。

「以前は、フィールドエレメンツグローリーに、ご滞在と。先ほど審査の終わったサウドさんとご一緒にいらっしゃったんですね」
「良い国でしたが、サウドさんがこちらの国へ行こうと言うので……」
仮面の下にある表情は微笑んでいるようにも見えるが、いやいや、と気を取り直し残りの質問をする。

「砂漠の国はさぞや暑かったでしょう。といっても、私たちの国も南国気候であちらとはまた違った暑さでは有りますが……」
「でも、この暑さが命を育んでいるのは判ります。」
「そう言ってもらえると嬉しいですね。食に自信はありますが、お菓子に関しては甘党でないとちょっと厳しいかもしれませんね」
手元にあった先代王猫タロ7世の前足形をとった猫足ハンコを入国許可証に押すと、
「ようこそ、シンさん。にゃんにゃん共和国リワマヒ国へ。私たちリワマヒ国民一同、貴方を歓迎いたします。」
彼は今できる最高の笑顔で、新しいお客さんを迎えることにした。