※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アップデートまとめ


+目次

Patch 1.03での変更点 (2012.08.14配信)


公式に発表された修正点

1. パッチの主な目的はベース拡張DLCのサポートです。
  • ベースの拡張を購入する前に、最初にゲームを起動してギターかベースかを選択するとき、プレイヤーは互換性に関するヒントを参照できます。

2. ゲーム内ストアの修正
  • より多くのリストが一度に見えるようになりました。
  • より多くの詳細を確認できるようになりました。
    • 曲の長さ
    • リリース日
  • よく利用される情報が読み取りやすいよう、一目で分かるアイコンが追加されました。
    • 含まれている譜面の種類についてのアイコン
    • 新しく提供される"Authentic Tone"を表すアイコン
    • その曲がパックでも配信されているかを示すアイコン
  • 注目のアイテムは、関連するカテゴリに表示
    • 注目のアイテムのセクションは、ソング一覧、パック一覧、ギア一覧の上に表示されます。

3. セーブデータの保守性の向上
  • セーブデータがこのタイトルに使用するメモリの量を減らすため、記述方法を改定しました。
  • これにより、以前のバージョンのセーブデータをロードしたときに、それが更新され、また以前のものとは互換性が無くなる旨を伝えるメッセージが表示されます。

4. ユーザーはより速く曲の一覧をスクロールできるようになりました。
  • 右か左の方向キーを押し続けると、曲の一覧を素早くスクロールでき、ついで文字を使ったスキップが始まります。
  • これにより数秒でセットリストの最後に到達できます。

5. アクセラレーターに"Set Speed"と呼ばれる新機能を追加しました。
  • セット・スピードで、プレイヤーが選択したフレーズを再生する速度を設定することができます。
  • リフ・リピーターは選択された速度を維持し、プレイヤーが再び速度を変更するか、Resume Accelerationを選択するまでそのままです。
  • プレイヤーがResume Accelerationを選択すると、フレーズの全てのノートを正しくプレイする度に、ロックスミスはフレーズを少しスピードアップします。
  • プレイヤーはアクセラレーターからSet Masteryを選択できます。これによりアクセラレーターでは、自由にスピードを速くしたり遅くしたり、難易度を下げたり上げたりできるようになり、フレーズ練習の理想的な場所となりました。

6. 両方のプラットフォームで、メモリへDLCの曲をロードする際の問題を特定しました。
  • ハードウェアの違いにより、PS3では多くのプレイヤーにおいてこれが不安定の原因となっていました。
  • 十分な数のDLCの曲があったならば、360でも同様の問題が起きていたでしょう。
  • メモリにDLCの曲を読み込む方法を変更したので、もはや一方のプラットフォームで僅かなスペースによって発生していた不安定な動作を引き起こさないでしょう。

7. ノートの判定をDisplay Lag Calibration設定と正しく一致するように修正
  • 以前は表示ラグを300msなどに設定していた場合、正しく演奏されたノートを実際にはミスと判定していました。

8. ハイスコアが続いた後に低いスコアが来た場合、最高のスコアを低いスコアで上書きしてしまう可能性があった問題の修正

9. 一般的なノート判定の精度と性能を改善

10. 一般的なメモリ使用量の改善。DLCとは無関係な部分での、両方のプラットフォームのゲームの安定性の大幅な改善に繋がっています。

11. Xbox 360版での音声応答速度が改善されました。

その他の修正

  • 今までは○でキャンセル、×で決定だったが、入れ替わって○で決定、×でキャンセルになった
  • トロフィーの説明が日本語化された
  • チューニングに"Eb"と"Open G"が追加された

公式に発表された修正点の原文



1. A major reason for the patch is to allow Rocksmith to support the Bass Expansion DLC.
  • Before purchasing the Bass Expansion, players will already be able to see a hint of this compatibility when they first load the game and are asked to choose guitar or bass.

2. Revised In-Game Store
  • More listings visible at once
  • More information available
    • Song Length
    • Release Date
  • At a glance, readable icons for commonly repeated information.
    • Icons for the arrangements available
    • Icons to indicate an offer includes a new authentic tone
    • Icons to indicate a song is also part of a pack
  • Featured items are now displayed in the relevant categories
    • Instead of a Featured Item section, Featured items will appear in blue at the top of Song list, Pack list, or Gear list.

3. Save Data refactoring
  • We’ve revised the way Save Data is written in order to reduce the amount of memory used by the title.
  • As such, there is a message upon loading previous version Save Data stating that it will be updated, and incompatible with previous versions.

4. The user can now scroll through the list of Songs faster.
  • When holding the right or left direction, the song list will at first scroll quickly through songs and then start skipping by letter.
  • It is possible to get to the end of the set list in a few seconds.

5. We’ve added a new feature in Riff Repeater – Accelerator called “Set Speed.”
  • Set Speed allows players to set the speed at which the selected phrase will play back.
  • Riff Repeater will remain at the selected speed until players choose to change the speed again or until they choose Resume Acceleration.
  • If a player chooses Resume Acceleration, each time they play all of the notes in a phrase correctly, Rocksmith will speed up the phrase slightly.
  • Players can also choose Set Mastery in Accelerator. This means Accelerator is now the ideal place to practice a phrase, speed it up, slow it down; increase and decrease the difficulty at will.

6. On both platforms we were able to identify an issue in the way we were loading DLC songs in to memory.
  • Due to differences in hardware, this caused instability for many players on PS3.
  • With enough DLC songs, it would also have been a problem on 360 as well.
  • We’ve changed the way we are loading DLC songs into memory so they now take up a fraction of the space and should no longer cause instability on either platform.

7. Note Detection adjusted to correctly match Display Lag Calibration settings
  • Previously, if a player set the Display Lag to 300 milliseconds, detection would actually miss correctly played notes.

8. Fixed a bug in which repeated high scores followed by lower scores could overwrite the Highest Score with a lower score.

9. General improvements to the accuracy and performance of note detection.

10. General improvements to memory usage. This has led to significant improvements in the stability of the game on both platforms, not just related to DLC.

11. Improved audio response time on Xbox 360 version.





Patch 1.02での変更点 (2012.02.01配信)


公式に発表された修正点

1. ユーザーはプレイ後の画面から"Songs"を選べるようになりました。
  • 1. シングルプレイでは、"Rocksmith Recommends"ではなく、曲一覧に直接行く事ができます。
  • 2. マルチプレイでは毎回ギターを再調整することなく、新しい曲を選択できるようになりました。

2. ギターケード・ゲームでポーズボタンを使って不正に得たスコアは、失格とするように修正しました。ポーズ画面では、もう一度ゲームを一時停止するとリーダーボードから失格とされる、という警告文を表示します。

3. イベント・マネージャーかソングから選択した場合、リフリピーターでユーザーの持つライフ(Lives)の量が30に増加しました。


4. ユーザーはマルチプレイヤー以外のあらゆるソングやイベントでクイック・チューニングをする前に、精密チューニングを起動出来るようになりました。(訳者補足:演奏前のチューニング確認画面で、PS3では×ボタンを押すことで移行出来ます)

5. ユーザーはリフ・リピーター中にポーズ・メニューから、そこでの"Phrase Mastery"レベルを選択出来るようになりました。変更したフレーズのレベルが実際に自然と達成されたものより低くない限り、設定したレベルのフレーズを完了すると、完全な曲の演奏にもそのレベルが引き継がれます。

6. ユーザーが十分に上手いなら新しい曲をより高いフレーズ・レベル(通常のレベル5ではなくレベル7)で始める事ができ、また、より少ない正確な反復回数でハイレベルなフレーズへとレベルアップすることが出来ます。

7. ユーザーがオプション・メニューからフレーズ・レベルを最高にすると、ゲームに戻った時それを基準として新しい曲のフレーズ・レベルも高くなります。

8. "Satisfaction"のシングルノート譜面のマスターモードが解除出来るように修正しました。

9. "Do You Remember"のコード譜面のマスターモードが解除出来るように修正しました。

10. 音に対してノートがどれくらい早く表示されているかの差を調整する為に、ラグ・コレクションがオプション・メニューに加えられました。(訳者補足:オプションのSound & Display Settings内にあるDisplay Lag Calibrationに入ると、伸び縮みするゲージとそれに合わせた音が鳴るので、それを見聞きしながら数値を調整します)

11. 一般的な安定性の向上により、クラッシュ問題を修正しまた。

その他の修正

  • "Songs"からプレイした後、"Journey"ではなく"Songs"にも戻れるよう変更

  • 数回リハーサルしても規定点に届かないときに、規定点を下げるかどうか選べるようになった

  • マスターイベントのアンコールで曲名しか分からず、シングル譜面なのかコード譜面なのかが分からなかった問題の修正(未確認)

  • リフリピーターでベンドが反応しない不具合の修正(未確認)

公式に発表された修正点の原文



1. The user is now able to select ‘Songs’ from the Post Play screen.
  • 1. In single player, this allows the user to go straight to the song list, rather than Rocksmith Recommends.
  • 2. In multiplayer, this allows them to select a new song without having to re-calibrate their guitars each time

2. A fix has been entered to disqualify any Guitarcade Game score that was gotten through exploitation of the Pause Button. A warning message appears on the Pause Screen informing the user that pausing the game again will disqualify their score from the leaderboards.

3. The amount of lives that the user has in Riff Repeater has been increased to 30 when selected from Event Manager or Song selection.

4. The user is now able to invoke the precision tuner before quick-tuning in any song or event, excluding multiplayer.

5. The user is now able to select their own “Phrase Mastery” level in the Pause Menu of Riff Repeater activities. Completing the phrase on the set level carries that progress into the full song, unless the new phrase level is LOWER than what has actually been achieved naturally.

6. The user can now start new songs at a HIGHER phrase level if they are good enough (Level 7 as opposed to Level 5), and they can also level up high-level phrases with fewer correct repetitions.

7. When the user sets Phrase levels to Highest in the Options menu, the game will return their base difficulty level for new songs to their higher phrase level.

8. A fix has been implemented so that the “Satisfaction” Single Note arrangement can be unlocked for Master Mode.

9. A fix has been implemented so that the “Do You Remember” Chord arrangement can be unlocked for Master Mode.

10. Lag Correction will be a new feature in the Options menu to adjust the difference between sound and how fast notes appear.

11. General stability improvements to fix crashes.


最終更新:2012年11月15日 23:33