※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

公式セッションモードFAQ - 日本語訳



 海外公式サイトの FAQ にある「SESSION MODE FAQ」の日本語訳です。セッションモードは2014版のみの機能です。
 各種名称の内、英語版と日本語版で異なるものは日本語版に準拠して訳しています。

+目次

即興なんてやったこと無いんだけど、セッションモードってどうやって始めるの?

 セッションモードには初心者が即興を行えるようにする為の、40段階以上のミッションがあります。自分の楽器で数曲ほどそれなりに演奏出来るようになったなら、セッションモードに入ってこれらのミッションに進んでみましょう。「マイバンド」内の「現在のミッション」パネルにあるアドバイスを全て完了すれば、直ぐに即興が出来るようになるでしょう。


どうやってバンドとプレイするの?

 メインメニューから「セッションモード」へ行くと、「マイバンド」の画面になります。ここでは一緒にプレイするバンドを選んだり作ったりできます。既にどの楽器が自分のバンドに必要なのか分かっているなら、76種類の楽器から4つの楽器スロットを埋めるものを選んで下さい。そうではなく好きなジャンルから既成のバンドを選びたい場合は、「プリセットバンドをロードする」から一つを選びましょう。「マイバンド」画面では、ルート、スケール、テンポ等、バンドとあなたのプレイに影響する項目を設定できます。
 バンドと設定が整えば、「セッションスタート」ボタンを押します。これがどのボタンかは、画面の下部に表示されています。


セッションモードのプレイ方法は?

 セッション中は画面の下部に、ギターネックの上に色分けされたノートが表示されます。これら「スケールノート」はバンドとの音の調和が保証されています。中まで塗りつぶされたスケールノートは「コードトーン」で、とりわけ調和の取れた音になります。スケールノートをプレイに必要なだけ幾らでも利用すれば、良い音が得られるでしょう。
 またギターのネックの視点位置を上下にシフトさせたり、全体が見えるようにズームアウトさせられます。これによってネック上にスケールノートが現れる他の場所を確認できます。ですから開始位置を制限する必要はありません。フレットボード全体でプレイして下さい。シフトやズームアウトの為のボタンは、画面の下部に表示されます。


どうやって楽器を選べば良いの?

 セッションモードでは76種類の楽器から選択でき、ドラムセットからカズーまであらゆるものがあります。一から自分だけのバンドを作ることも、プリセットのバンドをロードすることもできます。また作ったバンドは保存できます。
 まだ始めたばかりなら、セッションモードの最初の幾つかのミッションで基本を学びましょう。ミッションは簡単なバンドや楽器で始まります。そこでセッションを最大限に活用する為の大事なヒントを得られるでしょう。


楽器のカテゴリの一部がグレーアウトしてるのは何故?

 一つのカテゴリからは一つの楽器だけを使用できます。それによってバンドの音のバランスを取る為です。


演奏をしているのにバンドが演奏を止めてしまう。

 バンドはプレイヤーが演奏を止めた時に、演奏を止めます。プレイヤーが演奏を十分な音量で初めないと、バンドは演奏が「終わっている」と判断し、止めてしまうことがあります。少し大きく、大胆な演奏をしてみて下さい。それでもバンドの演奏を維持することに問題があるなら、チューナーから楽器をキャリブレーションしてみて下さい。


バンドの演奏がインテンシティー・メーターの上まで到達しない。

 インテンシティー・メーターの上部は、本当に激しい演奏の為に取り分けられています。激しくプレイして下さい。それでもまだインテンシティー・メーターの上部に届かないなら、チューナーから楽器をキャリブレーションしてみて下さい。


バンドの演奏がずっとインテンシティー・メーターの上に行ったままなんだけど?

 バンドはあなたに従うことを覚えておいて下さい。この場合、あなたが常に最大限に強いプレイをしている可能性があります。しかしもしあなたが静かに演奏しても、それにバンドが付いてこないと感じるなら、チューナーから楽器をキャリブレーションしてみて下さい。


ちょっと、全部の答えがキャリブレーションしろってどうなのさ?

 ロックスミス2014が正しく動作するためにキャリブレーションは非常に重要ですが、セッションモードでは特に重要です。それはあなたがバンドに耳を傾けるのと同じで、セッションモードのミュージシャンはあなたとその楽器を正しくフォローする為、どのような音が鳴るのかを理解しなければならないからです。
 あなたが自分の演奏が少し変だと、あるいはセッションモードの演奏が少し変だと感じるなら……キャリブレーション、またキャリブレーション、さらにキャリブレーション。


正しいノートを弾いたかどうか、どうすれば分かるの?

 何が正しく何が間違っているかなんて事は考えないで下さい。即興は何でも有りで良いのです。スケールのノート(協和音)も、スケール外のノート(不協和音)も音楽に成り得ます。実際、それらのコントラストがセッションをより興味深いものに聞こえさせるのです。とはいえスケールの形を学んでいる時、スケールのノートを演奏しているかどうかが視覚的に分かると便利です。画面中央のハーモニシティ・メーターがそれです。スケール上のノートを演奏している時はハーモニシティ・メーターはきれいで滑らかな曲線を描いている事に気付くでしょう。逆にスケール外のノートを演奏するなら、ハーモニシティ・メーターはギザギザと不鮮明になって、不協和音を表します。


バンドの演奏を止めるには?

 あなたが演奏を止めるだけで、バンドも直ぐに追随して演奏を止めます。でも彼らはその後、直ぐにでもあなたとまた演奏したいと思っていますよ。


演奏中にテンポを変えられる?

 はい! 画面下部に表示されるボタンのガイドを使えば、リアルタイムにバンドのテンポを変更できます。


トーンデザイナーで格好良いトーンが出来たんだけど、セッションモードで使える?

 はい! 好きなトーンをカスタムトーンスロットに割り当て、セッションモードでバンドと演奏している時にトーンを切り替えられます。


バンドがスケールノートを変えてくる! もっと単純な演奏にするにはどうすれば良いの?

 マイバンド画面で「バンドレベル」スライダーを「ジャム」か「メインストリーム」に変更します。バンドレベルは、バンドメンバーの意見をどれだけ反映するかに影響します。バンドレベルが非常に高いなら、初めてなら圧倒されるほどの劇的な変化を提示するかもしれません。「ジャム」や「メインストリーム」に対応できると感じたなら、普段よりバンドレベルを上げてみてバンドの変化に従いていけるかを確かめてみましょう。
 もし始めたばかりなら、ミッションをこなすのに少し時間を割きましょう。セッションモードをカスタマイズし、制御する方法をそこで学べます。


ベースでセッションモードをプレイできる?

 はい! 既にゲーム内の他の場所でベースを選んでいるなら、ただそのままセッションモードに入って下さい。既にセッションはベース用に整えられている事でしょう。
 もしギターでセッションモードをプレイしていたなら、画面下部にあるボタンのコマンドを利用して「マイパート」画面に入ります。「マイパート」に入ったらベースに切り替え、セッションモードに戻るだけです。


最終更新:2013年11月16日 21:44