カードリスト > 他家 > Ver.3.0 > 129_立花宗茂

武将名 たちばなむねしげ 無双の勇将
SR立花宗茂 高橋紹運の子で、「鎮西一の剛勇」と評された
名将。関ヶ原の戦いでは徳川家康より莫大な
恩賞で、東軍への参加を請われるが、豊臣家
への忠義を挙げ、これを拒否。西軍に属すが、
三成の敗戦後は改易され、浪人する。のちに
家康から器量を評され、旧領に復帰した。

「世がどうなろうとも、
     変わらぬものが一つ……
          それはこの宗茂の生き様だ!!」
出身地 豊後国(大分県)
コスト 2.5
兵種 槍足軽
能力 武力8 統率6
特技 攻城 気合 魅力
計略 大津の包囲戦? 【陣形】(発動すると陣形が出現し、
その中にいる間のみ効果が発生する。
陣形は複数同時に使用できない)
味方の武力が上がる。さらに範囲内
の敵と味方の部隊数の合計値が多い
ほど兵力が徐々に回復する。
必要士気7
Illustration : 風間雷太

従来の騎馬隊ではなく、槍足軽として登場した4枚目の立花宗茂。
バランス型の数値に特技3つと豪華なスペック。

計略は味方の武力+5に加え、兵力が徐々に回復する陣形。
兵力回復は陣内の敵と味方の部隊数が多いほど大きい。
範囲は自身が中心からやや後方にいる円で、直径は約カード縦5枚分ほどで、動かせる。
効果時間は9.2c。(以上 3.00B)

敵と味方の部隊数が多いほど効果が高いので、正面からのぶつかり合いには強い。
兵力回復を阻止しようとすると、相手は陣の外から戦わなければならない。
城前で発動されると攻城妨害が困難となり、強力な城攻めとなる。
ただしその場合でも、防衛側が武力上昇の高い超絶強化や、ダメージ計略であったりすると、押し返される恐れは十分ある。
ある意味で大津城の戦いの史実通りにデザインされたカード。