※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ショボン(´・ω・`)通り3番目解説まとめトップ

※無期限の休載決定(2012/03/16 詳細は現在スレッドにて)

簡易TOPICS(過去のものはこちらへ→TOPICS過去ログ


  • 無期限の休載決定
  • 球磨川禊できない子を見て動揺した
  • タマモが怒っているため、彼女とはコミュが出来ないようである。若干逆恨みが入っている
  • 紹介してもらった人材は球磨川禊であった。お抱えの冒険者兼助手?としてアリス一方通行Sfタマモがついて来ているようだ
  • 「とんべり一号店」の収支関係および新しい仕様変更についてはお知らせに記載。
  • 「とんべり二号店」のオープンにあたってやらない夫から、とんべり本店経営のアシストが出来る人材として商人を斡旋してもらった(やる夫は二号店に力を入れる)
  • 婚約者である風見幽香が口を聞いてくれる第一条件が解除された。
  • コロセウムにて先代巫女との試合に完勝する。先代巫女との関係が夫婦となった。50万Bを獲得した
  • オシリスの黄金<ゴールド>獅子座は直前に出会った両儀式(元:小獅子座)であると判明。当代の獅子座を実力で蹴落としたらしい
  • オシリス大総統の娘の内、妹であるシャルロットパイツァ・ダストへ交換人質に出されているらしい。実力は黄金<ゴールド>級。
  • パイツァ・ダストからの刺客、伊藤誠幻海にフェチバトルを挑んだが一撃で葬られた。リベンジブラストのような『発』を扱うようだ
  • 初フェチバトルに勝利(オート戦闘:ススム)
  • 幻海が若返る技を使用してフェチバトルの相手役のパートナーを務めた。どう見ても春夏さん。
  • ネイトとの関係が【パートナー】になった。
  • ネイト母親はパイツァ・ダストの幹部で過激派であり、オシリス所属の父親との間の子に当たる為、立場が非常に危ういらしい。
  • アンドロメダ座のネイトパイツァ・ダストからの交換人質らしい。(本来はパイツァ・ダスト所属)その詳細は次回
  • 幻海の弟子であるキル夫と再会し、フェチバトルに関する講義を受けた。フェチズマーとしてのパートナーにネイトを紹介された。
  • オシリスの”蟹座”である阿良々木暦は、神々の道(「最果て」など)へ辿り着く為の『真理の扉』を開けるというという特殊技能を持っているらしい。
  • 石碑の文字を読み取って教えてくれた女性は両儀式と言うらしい。その自己紹介を真剣に受け止めるならば酒場「グループ」経由で暗殺を請け負っているらしい。
  • ウラメシ山へ幻海の修行を受けに行く途中で、寂れた小さな祠を発見する。その手前にある石碑には、「神を守護する存在」という意の文章が書かれていた。その昔、神様が引き篭もった場所らしい
  • 御坂美琴に会い、剣術の特訓に付き合う。『発電体質の人間のDNA★』を取りたいと伝えるつもりが、何故か「お前が欲しい」と解釈されてしまう。美琴との関係が恋人同士になった
  • やる夫が「前羽の構え」を覚え、アビリティ『危険察知』が『未来予知』へ成長した。
  • トーリの姉、葵・喜美と知り合う。普段は東方の国で”葵屋”という旅館を経営しているとのこと。何やら【天女の羽衣】と【羽衣狐】を探していて『甘辛煮漬』を必要としているという。現段階の情報では要領を得ない
  • アンゼロットホシノ・ルリのメルアドを知っているらしい。アンゼを介して連絡を取れるようになった
  • せっちゃんがつわりを起こし、懐妊。球磨川禊によると、通常の予定よりかなり早いらしい
  • 明らかに本人が関知しない固有アビリティや自身の経験があることをやる夫が悟る。
  • せっちゃんから『とんべり2号店』用の店の権利書および優勝賞品の『王家の土地』を渡される。ホロとの関係が婚約者になった
  • 挑発を繰り返した結果、ルル山がせっちゃんに焼かれる
  • 銀<しろがね>チームに敗退し準優勝。賞金200万Bと『帝剣「デュランダル」☆』『薄刀「針」★』を賞品として得た。

※古いものから消えていきます
最終更新:2012年03月16日 18:20
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。