TRPG 大河物語 @ ウィキ

キャラクター作成

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
【キャラクター作成】
あなたに代わって冒険するキャラクターを作成します。
『大河物語』でのキャラクターたちは、「普通の冒険者、将来の英雄」という扱いです。
極端な悪人、神様や悪魔などは(現時点では)プレイできません。



■能力値の決定■
次に、職業と人種の組み合わせによって能力値が決定されます。
まず職業を選び、基本能力値を決めます。 次に人種を選び、能力値への修正値を加えます。
最後にボーナスポイントとして1点を加えて完成です。
以下の2つの表から、職業と人種を選んで下さい。

『大河世界』の代表的な職業
闘士 騎士 剣士 盗賊 狩人 魔術師 賢者 神官 市民 芸人
武勇
機敏
精神

『大河世界』の人種
ラクセン人 大河上流から中流域、および大河の北に住む人々。穏やかな農耕文化を持つ。 機敏+1 精神+1
シバ人 大河中流から下流に住む人々。旧シバ王国の文明を受け継ぐ。 武勇+1 精神+1
荒野人 浅黒い肌の遊牧民。大河の南、荒野とハス湖畔に住む。 武勇+1 機敏+1
東夷 海から漂着する謎の人々。彼らの故郷は大海の東にある島国だという。 機敏+2
エルフ 古代の妖精族の末裔。森に住み、長い寿命を持ち、魔術に長ける。 精神+2
小妖精 羽の生えた小人や、小動物などの姿をした小さな妖精族。 機敏+2
有翼人 背に翼を持つ謎めいた一族。大河上流の高山を守る。 機敏+2
ドワーフ 北の山脈に住む小人族。たっぷりの髭と頑強な肉体を持つ。 武勇+2
ホビット 北の丘陵地帯に住み、畑を耕しつつ呑気に暮らす小人族。 機敏+2
巨人族 太古の巨神たちの末裔。身長は2.5㍍から3㍍ほど。大河上流の山脈に住む。 武勇+2
獣人族 かつて半神たちから生まれた一族。獣と人の両方の性質を持つ。 武勇+1 機敏+1
傀儡人 古帝国の技術で生み出された人造人間。ときおり発掘され、現代に蘇る。 武勇+1 機敏+1
竜人 南東の諸島の森に住む半竜半人の一族。武芸と魔術に優れ、竜を崇める。 武勇+1 精神+1
魔族 ミルドラ神の影響を強く受けた一族。人間社会ではあまり歓迎されない。
PCとして作成できるのは、比較的穏和な者のみ。
武勇+1 精神+1

さらに1点を、いずれかの能力値に自由に割り振ることができます。
合計で9点、平均は3点になります。
ちなみにこれはPCたち(英雄や冒険者)の平均で、
普通の人々の平均は2点です。

各能力値の意味
武勇 「戦士らしさ」をあらわす能力。パワフルさ、身体の頑健さなどをあらわします。
戦闘にこの能力値を使うと、「武器や格闘技を使って真正面から戦う」ことになります。
機敏 「盗賊らしさ」をあらわす能力値。この数値が高いほど素早く、巧みな行動ができます。
戦闘時には、「素早く動きながらの急所攻撃」「遠距離からの狙撃」などができます。
精神 「賢者らしさ」をあらわす数値。頭の良さ、魔力の大きさ、知識の豊富さなどをあらわします。
戦闘にこの能力を使うと、「魔法での戦闘」「機械やトリックによる攻撃」になります。

人種・職業によって決定される能力値が気に入らない場合は、
9点を自由に割り振って決めることも出来ます。最大値は7点まで。



※作成例※
ヘリウス君は、シバ人の騎士です。
騎士の基本能力値は 武勇3 機敏1 精神2  これに人種修正の 武勇+1 精神+1 を加えました。
さらにボーナスポイントの1点を、機敏に加えます。
最終的にヘリウス君の能力値は、 武勇4 機敏2 精神3 になりました。




■スキルの修得■
次に、スキルを3つ修得します。以下の表から選んで下さい。
ちなみに、種族によっては特別に修得可能になるスキルもあります。
《スキル一覧表》


■所持金・アイテムの入手■
次に、所持金とアイテムを設定します。
各キャラクターは、最初に5万Gを所持しています。

また、各キャラクターはそれぞれ自由にアイテムを設定し、所持しておくことができます。
ただしこれらのアイテムには、数値的な効果は持たせられません。
ですから、最初はあまり設定上強力なアイテムは持たせない方が良いでしょう。

ちなみに「大河物語」では、普通の武具にルール上の効果はありません。


■HPの決定■
特にGMから指定されない限り、どのキャラクターも
20点のHPを持ちます。

ちなみにこのシステムでのHPは、キャラクターの「気力と生命力」を数値化したもので、
減少したとしても、必ずしも負傷を表すとは限りません。







以上で完成です。
格好いい名前を付け、以下の項目をキャラクター一覧に書き込んでください。

名前:
職業:
人種:
能力値:武勇  機敏  精神
HP:20
スキル:
所持金・装備品:5万G
設定: