TRPG 大河物語 @ ウィキ

公式91ログ1

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

22:12 Vieri_21  > にゃー
22:13 Garol27_1 > ぐわっはっは
22:13 Sawil21_1 > んー懐かしい
22:13 Alethea21 > にゃー
22:13 GM_Cran   > ほんじゃあ、いっくよー
22:13 Rado_25   > にゃー
22:14 GM_Cran   > 大河物語オンラインセッション、ブランク明けのクランくんから、大分ガバガバな感じでお送りいたします。
22:14 GM_Cran   > よろしくお願いいたします。
22:14 * Rado_25 mode +o M_resol
22:14 Rado_25   > 宜しくおねがいします!
22:14 Vieri_21  > よろしくおねがいしまーす
22:14 Alethea21 > よろしくお願いします。
22:14 GM_Cran   > はて?
22:14 GM_Cran   >
22:14 GM_Cran   > 寝ていた?
22:14 GM_Cran   >
22:14 GM_Cran   > 今まで何をしていたのだろうか。
22:14 GM_Cran   >
22:14 GM_Cran   > 気がついたら、真っ暗な不思議な場所に立っている。 見覚えのある仲間たちもいるが、あまり覚えのない顔もある。ここはどこだろうか。あまり思い出せない。
22:15 GM_Cran   >
22:15 GM_Cran   > 自分を含めて6名いる……。というところで、ふっと明かりがついた。
22:15 GM_Cran   >
22:15 GM_Cran   > 「ふぁーっはっはっは! はーっはっはっは! 気がついたか、お前たち!」
22:15 GM_Cran   > とか、いきなり声が響いた。
22:15 GM_Cran   > ちょっと高いステージに置かれている玉座っぽい椅子に、何やら見覚えがあるような、でもないような顔の青年が足を組んで哄笑をあげている。
22:15 GM_Cran   > なんだ、これは?
22:15 GM_Cran   > という具合に、皆、体育館みたいな場所、なお、相手の玉座も校長先生がお話するくらいの感じの場所に立っています。
22:16 GM_Cran   > やけに豪勢な調度品、偉そうな青年、見覚えのあるどうやら同じ境遇の人たち、そんな具合です。
22:16 kiel-21-1 > 自分の服装とシチュエーションを見る
22:16 kiel-21-1 > 「夢かな……」
22:16 kiel-21-1 > 寝なおすか……くらいの感覚。
22:16 Rado_25   > 「どこだここ」
22:17 Garol27_1 > 「はて、知ってる顔と知らん顔があるが」
22:17 Vieri_21  > ぺたぺたと自分の身体検査をしておこう
22:17 Alethea21 > 「んー?」
22:17 Sawil21_1 > 「んー。気持ち悪い感覚。アレかな。魔法?」
22:17 Sawil21_1 > よくわからないものは全部魔法で片付ける
22:17 GM_Cran   > 自分の様子を確認した人たちは、何だか自分ではあるが自分ではないような感覚になる。具体的には、もっと未熟だった時代だったり、何かそもそも肉体自体が自分じゃなかったりするような感じ。
22:18 Sawil21_1 > 天狗の仕業じゃ、みたいな感覚
22:18 kiel-21-1 > 毎日磨いてる鎧じゃない……くすんでる……
22:18 Alethea21 > あまり変わらない気もする……。
22:18 kiel-21-1 > 磨きなおさないといかん……
22:18 Sawil21_1 > ぴょんぴょん跳んだり頭を突いたりしてみた後
22:18 Rado_25   > 何かあんま変わんねえわ俺!
22:18 GM_Cran   > 変わらない人は変わらないでいいかな。
22:18 Sawil21_1 > 「……あっ」
22:18 Sawil21_1 > 「背、縮んでるな」
22:18 GM_Cran   > 知っている顔がある場合はここで会話していていい。
22:18 Sawil21_1 > 武勇が1伸びた事でちょっと背が伸びたんですよこの子
22:18 Vieri_21  > おめでとう
22:19 Rado_25   > 「世の中って不思議な事もあるんだな」
22:19 GM_Cran   > というか基本的に全員知り合い設定なので、ただ、記憶が薄い場合とか忘れているとかはあり。
22:19 Garol27_1 > 「なぬ?」と、さうぃるんの背が縮んでる発言に
22:19 kiel-21-1 > 「夢だろこれ」
22:19 Garol27_1 > 兜を外して自分の背を確認するドワーフ
22:19 Sawil21_1 > 「夢を夢だと思いながら見てた覚え無いんだよねぇ。俺」
22:19 Garol27_1 > 兜(どっからどう見ても大型魚の頭)
22:19 Rado_25   > 「誰か頬つねれば分かるんじゃねえか」
22:20 * nick Rado_25 → Rado_25_1
22:20 kiel-21-1 > じゃあちょうどいいからあれしゃーさんをつねりあげる
22:20 GM_Cran   > 自分でつねらないやつがいる。
22:20 Vieri_21  > 「ひはぃ:つねった
22:20 Alethea21 > 「夢ならもっと願望を反映してもいいのでふぁー」 つねられ
22:20 kiel-21-1 > 「痛くなさそうだぞ」ラドさんに。
22:20 Garol27_1 > 「ふむ、おれは縮んでおらんな!まぁ、向こう二十年は背が伸びてなかったからな!!」がッはッは
22:21 GM_Cran   > ふふん、と鼻を鳴らして、目の前の青年いわく。「久しぶりだな、お前たち」とか背景で言ってる。
22:21 Rado_25_1 > 「じゃあ夢かもしれん」>痛くなさそう
22:21 kiel-21-1 > 「だよなぁ」
22:21 Alethea21 > 「夢でいいのかもしれません?」
22:21 Rado_25_1 > 「………うん?」
22:21 kiel-21-1 > 「寝なおすかな……」
22:21 Rado_25_1 > 「誰かいるぞ!」今気がついたように
22:21 Vieri_21  > 「うーん、俺様痛かったんだけどなあ」
22:21 Alethea21 > 痛かったら痛かったで別に構わないような……
22:21 kiel-21-1 > 「何だと……」
22:22 kiel-21-1 > なんかラドさんと話のテンポが合うな。
22:22 GM_Cran   > 「寝るなぁ!」
22:22 kiel-21-1 > 「誰だおめー」
22:22 GM_Cran   > 「この魔王クォートを見忘れたか!」
22:22 GM_Cran   > とか言ってる。
22:22 kiel-21-1 > 「……?」
22:22 Sawil21_1 > 「覚えてるような覚えていないような」
22:22 Alethea21 > 「…………?」
22:23 Rado_25_1 > 「何か見覚えはあるな……?酒場で見た気はする」
22:23 Sawil21_1 > 「でもまぁ」
22:23 Vieri_21  > 「えーとー、クォートはここが何なのか知ってるのか?」
22:23 Vieri_21  > 「なんで一人だけ高いところにいるんだろ」
22:23 kiel-21-1 > なんか名前は聞き覚えあるかな……
22:23 kiel-21-1 > もっと小さいガキの……
22:23 Rado_25_1 > 「魔王を知ってる人いるかー」とりあえず全員見渡してみる
22:23 kiel-21-1 > 青年……
22:23 kiel-21-1 > 青年?
22:23 Sawil21_1 > 「そういう奴って結構良く居ない? この街」>
22:23 Sawil21_1 > 魔王
22:24 Garol27_1 > 「ふむ、おぬし等の知り合いか?」と兜をかぶりなおしつつ
22:24 GM_Cran   > ノダっさんも魔王になっておかしくない。
22:24 kiel-21-1 > 「もっと小さいヤツなら居たよな」
22:24 Vieri_21  > 「魔王なら3人くらいー。この魔王も冒険者だったと思うよー」>魔王を知ってる者
22:24 Rado_25_1 > 「いやドワーフの爺さんも見覚えくらいはねえか、酒場にあんな感じの……おおやっぱ冒険者かっていうか本当に魔王多いなこの街」
22:24 Vieri_21  > たぶんPCだけで2人はいたとおもう・・・
22:24 GM_Cran   > 「うむ、当然知っているぞ。お前たちをここに招いたのが俺だからな!」と、ヴィエリんに
22:25 Rado_25_1 > 「なんてこった夢じゃねえのか」
22:25 Sawil21_1 > 「いや、夢を合体させるとかそういう魔法かもしれないけどさ」
22:25 Sawil21_1 > 基本
22:25 Sawil21_1 > 魔法はなんでもアリだと思っている
22:25 Alethea21 > 「ふむふむー……」 この場に面子確認しつつ
22:25 Sawil21_1 > 理不尽は全部魔法に押し付けるフシある
22:25 kiel-21-1 > 「あー……」
22:26 Vieri_21  > 「招かれたのか。そんで、どうしたよ魔王?」
22:26 Sawil21_1 > びえりんが
22:26 Alethea21 > 「よくわからない趣味をしているようです」 共通点見出そうとした結論
22:26 Sawil21_1 > すごい真面目だ
22:26 GM_Cran   > びえりんが進行役になってる
22:26 Rado_25_1 > (こいつ話進めてくれて助かるな…)
22:26 GM_Cran   > すごい
22:26 Garol27_1 > さすがびえりん
22:26 GM_Cran   > 「いやな、それがな」と青年は嘆息する。
22:26 Vieri_21  > 皆もクォートくんとお話していいんだよ
22:26 GM_Cran   > 「うむ。あれから何年経ったか覚えてないが、お前たちの世話もあってな、ようやく父上の領地を取り戻せたのだが。魔王って、何だ、暇なんだ。側近共は何かと書類を押し付けてくるわ、色々と勉強をさせてくるわ。ようやく、父上の配下だったものどもも従えて魔王を名乗れると言うことになったが、魔王があまり外に出る
22:26 GM_Cran   > のは良くないとか言われるわ」
22:26 Vieri_21  > すごい早口に見えた
22:26 kiel-21-1 > 夢を混ぜるのぶっころ対象かもしれないな……殺すかなどうしようかな……
22:27 Vieri_21  > お前電車の話する時だけ早口だよな……
22:27 Rado_25_1 > そういうのはやめよう!
22:27 Sawil21_1 > 「あー」
22:27 Rado_25_1 > 「よし分かった」
22:27 Rado_25_1 > 「結論から頼む」
22:27 Sawil21_1 > 「外出れないのはやってらんないよねぇ」
22:27 Sawil21_1 > 「よくわかんないけど」
22:27 Sawil21_1 > 共感
22:27 Vieri_21  > 「めでたい話なんだろうけど、そりゃ退屈だよなあ」
22:28 kiel-21-1 > 腕組みして地べたに座ってるとりあえず聞いてる。
22:28 Garol27_1 > 「おお、その気持ち分かるぞ。外に出れんというのは胴にも息が詰まる」
22:28 Vieri_21  > 「トランプとかする? あ、今日もってきてないんだった」
22:28 kiel-21-1 > いやヤンキー座りとかのほうにしとこう。
22:28 GM_Cran   > おもちがこわい。
22:29 GM_Cran   > 自称クォートは咳払いして、いわく。
22:29 Sawil21_1 > キールくんと一緒にヤンキー座りしてよう。
22:29 GM_Cran   > 「まあ、暇だったんで、ふとあの宿屋の連中と遊んだのが楽しかったのを思い出して、生きているやら死んでいるやらわからんが、見に行こうと思ったら、りびえ、ごほん、筆頭側近に出かけるのを止められたので、魂と記憶だけちょっと招いて、再構築して遊ぼうと思ったのだ!」
22:30 kiel-21-1 > 「つまり夢だな」
22:30 GM_Cran   > 偉そうに胸をはっていう。
22:30 Alethea21 > 「んんー……?」
22:30 Vieri_21  > 「魂と記憶を招いて再構築……」
22:30 Sawil21_1 > 「概ね分かんないけど」
22:31 Garol27_1 > 「…いま、おれの気のせいでは無ければなにやら物騒な言葉が聞こえたぞい」
22:31 kiel-21-1 > 「混ぜてんじゃねーなら別にいいな……いいのか……?」
22:31 GM_Cran   > 「うむ、しかも大分鍛錬して、ようやく招いた俺の記憶をもとに召喚したんだが、正直年代もバラバラなうえに、死んでるかもしれない連中もいるからな」
22:31 Sawil21_1 > 今回は皆無事だけど
22:31 kiel-21-1 > 「めちゃくちゃおめー技術無駄遣いしてねえ?」
22:31 GM_Cran   > キラっと笑う。
22:31 Alethea21 > 「とりあえず、暫定グレーとしておきましょう」
22:31 Sawil21_1 > 見た目だけよく似た全然違う生き物として再構成される可能性もあったんだよな
22:31 GM_Cran   > 「色々混ざっているやつもいそうだし、退化しているやつもいるかもしれん!」
22:32 kiel-21-1 > 事情はなんとなく把握した。
22:32 Vieri_21  > 「それって、帰ったら戻れる感じのやつ?」
22:32 Vieri_21  > 「よくわからんのだけど」
22:32 Rado_25_1 > 「戻れるっていうか」
22:32 Rado_25_1 > 「話聞くだけだと俺ら何か新たに作られてねえか」
22:33 Vieri_21  > 「そうなんだ」
22:33 Rado_25_1 > 「いや、魂は呼び出されてるからまた違うのか…?」
22:33 Vieri_21  > (増えたらちょっと便利かなとか考えている
22:33 kiel-21-1 > 「うーん、それはおめーあれだろ、死霊を人形に宿らせたときの同一性とかクッソめんどくせえ問題になるだろ……」
22:33 Sawil21_1 > 「そこはまぁ、別にいいよ」
22:33 * Cran  join #taigagaga表
22:33 Cran      > おーちーたー
22:33 Vieri_21  > じーえむっ
22:33 Rado_25_1 > おかえりっ!
22:33 kiel-21-1 > 「死霊+人形で出来た生き物は死霊の元の人なのか人形に引っ張られた人格なのかとかそういうよ……」
22:34 Cran      > ただいまただいま、やっぱり接続悪いな
22:34 Sawil21_1 > 「どうやら俺はここに居るみたいだし? どうもしっくり来ないけど足も動くし多分武器も振れる」
22:34 Alethea21 > 「うーん」
22:35 Rado_25_1 > 「哲学的な部分は正直分かりかねるがとりあえずだ」
22:35 Rado_25_1 > 「結局遊びたいって何したいんだお前」
22:35 Cran      > 「当たり前だ。俺の暇つぶしにつきあわせるんだからな、しっかり保存しているうえに、お前たちにとっては夢にしかなるまいが」
22:35 Garol27_1 > 「酒がうまいので取り敢えず良し!!」(いつの間にかスキットル取り出して飲んでる
22:35 Vieri_21  > 「ほむほむ」
22:36 Rado_25_1 > 「結局夢か」
22:36 Cran      > 「うむ、あのときは何やら闘技場とか色々と楽しいことがあったからな。ちょっとこの面々を分けて、勝負してもらおう。2つのチームで障害を突破して、俺を倒せと言いたいが」
22:36 Alethea21 > 「まぁ……グレーですね。グレーということにしておきます」 やれやれというように
22:36 Sawil21_1 > 「なるほど?」
22:36 Cran      > アレシアさんがこわい。
22:36 Sawil21_1 > 武器を抜いて
22:36 kiel-21-1 > 「遊ぶったって、野球ぐれえしか俺遊び知らねえけどな」
22:36 Sawil21_1 > 「あ、実家から送られてきた奴じゃないなコレ」
22:36 kiel-21-1 > 「誰ボールにする?」
22:36 Rado_25_1 > 「魔王にしようぜ」
22:37 kiel-21-1 > バット的なものは幸い持ってる。
22:37 Cran      > 「……」サウィルんを見ながら冷や汗をかいて曰く。
22:37 Vieri_21  > 「怖いこと言うなよぅ」>お前ボールな
22:37 kiel-21-1 > 「えっ」
22:37 Sawil21_1 > 「倒せって言うし?」
22:37 Cran      > 「正直、この魔術は大分負荷が高くてな」
22:37 kiel-21-1 > 「いやさ、野球ってアレだろ……」
22:37 Rado_25_1 > 「最終目的魔王倒すことだしなあ」
22:37 Vieri_21  > 「まあそうなんだけども」>倒せっていうし
22:37 kiel-21-1 > 「最終的に9人を満たせなくなったチームが負けみたいな……」
22:37 Rado_25_1 > 「そんな負荷が高い魔術を気軽に使うなや」
22:38 Vieri_21  > 「えっこわい」
22:38 Cran      > 「お前たちの平均を、だいたい力の強さやら機敏さやら魔力やらで平均3とすると、今の俺は-9くらいなので、思い切りぶん殴られると余裕で死ぬ」
22:38 kiel-21-1 > 「ピッチャーとキャッチャーが消耗激しんだよな」うんうんと頷く。
22:38 Sawil21_1 > 「一瞬の遊びだねぇ」
22:38 Cran      > 野球普及しすぎてねえ?
22:39 Vieri_21  > たぶん赤魔が本に書いたんですよ
22:39 Garol27_1 > なるほど
22:39 Rado_25_1 > おのれ赤魔
22:39 Vieri_21  > 妖精を飛ばしてピッチャー返しして9人に満たなくなった方の負け
22:39 Alethea21 > ふみゅー
22:39 Cran      > 「だから、まあ、側近にも止められまくっていたわけだが、ちょっと辺境に仕事があると嘘をついて使ったわけだ! はぁーはっはっは!」
22:39 Alethea21 > 「ちなみに貴方が死んだら私達はどうなるんでしょうか?」
22:39 Cran      > 妖精は機敏と精神には弱いがボールにはつよそうだな…。
22:40 kiel-21-1 > 「……」
22:40 kiel-21-1 > 「魚屋とか鍛冶屋呼んで暇つぶしになんのかな……」
22:40 Cran      > 「そうだな、別に問題なく還れるぞ。そういうふうに研究したから、まあ、俺を殺せばそのまま戻れるな。俺は死ぬが」
22:40 Alethea21 > 「人選が謎ですよね……」
22:40 kiel-21-1 > ラドさんとびえりんの認識、魚屋と鍛冶屋なんだよね。
22:40 Vieri_21  > 「さあ……」(魚屋って誰だろう
22:40 kiel-21-1 > えーと
22:41 Cran      > カジキマグロ屋…
22:41 Vieri_21  > 「死ぬのはだめだろうよ」
22:41 kiel-21-1 > 「魚屋(びえりんを指す)漁師(ドワーフを指す)鍛冶屋(ラドさんを指す)ガキ(あれしゃーさんを指す)」
22:41 Rado_25_1 > 「正直俺のような鍛冶屋で何をする気なのか想像ができねえ」
22:41 Vieri_21  > 「障害を突破してーって、何か用意してあるのか?」
22:41 kiel-21-1 > 「まぁ俺は最強だから呼ばれたのはわかるが……」あとはさうぃるんは戦えそうだよな、と指折り数えるくらい。
22:42 Alethea21 > 「子供扱いされました!」 なぜか嬉しそう
22:42 Vieri_21  > 「あれっ…………あ、いや、あの時か……」>指さされ
22:42 Cran      > メタると、アットランダムに、捕まえられた魂と記憶をこの場に召喚している、時期は1年から数百年後まで様々。接続するために負荷を要するので術者は超弱体化。死んだら解除されて魂とかは即時に戻るが、術者は死んだままになる。
22:42 Vieri_21  > どうしてそんな危険な術を。
22:42 kiel-21-1 > 「クソガキ」訂正。
22:42 Sawil21_1 > リスクしかねぇ
22:42 Garol27_1 > 「漁師。おれが、漁師」
22:42 Alethea21 > 「えへへ」 余計嬉しそうになった
22:42 Cran      > かわええ。
22:43 Garol27_1 > 「ふーむ、何故か皆おれを初対面だと漁師と呼ぶ。なぜだ」※おそらく兜の所為
22:43 Sawil21_1 > 「海っぽいからじゃない?」
22:43 Vieri_21  > 「いっつも魚ばっか食ってるし、まあ、うん……」兜を見て目をそらす
22:43 kiel-21-1 > ストレスフルな表情。
22:43 kiel-21-1 > 「釣りが仕事なんじゃねえの、オッサン」
22:44 kiel-21-1 > 釣りしてるとこばっか見るぞ。
22:44 kiel-21-1 > 割と大漁だし。
22:44 Rado_25_1 > 「よし」
22:44 Cran      > よす
22:44 kiel-21-1 > びえりんがさばいてるのも見るのでますます魚屋の認識が。
22:44 Rado_25_1 > 「このままだと世間話だけで1日終わるな、そんで魔王、結局俺たちは何をどうしてお前を倒しに行けば良いんだ」
22:45 Rado_25_1 > 「チーム分けとか言ってるがそもそもどう分けるんだ」
22:45 Rado_25_1 > 「そこら辺説明しろやオラァ!」
22:45 Garol27_1 > 「なんと。一日三尾は食うからあの位釣らねば足らなくなるというのに」
22:45 Cran      > 「いや、なんだ。倒す必要はない、というか、1対1でも今の俺は負けるぞ!」
22:45 kiel-21-1 > 「野球するには人数たんねえな、何すんだ」
22:45 kiel-21-1 > 野球は1チーム20人くらいずつ用意しねえとすぐ勝負付くからな
22:45 Sawil21_1 > ハードル競走
22:46 kiel-21-1 > やめろ。俺は実はめちゃくちゃもやしなんだ
22:46 Cran      > 「まあ、障害と賞品を用意しているから、それを突破して、最後に宝物を奪ったものの勝ちだ。賞品は魂とともにそれぞれに送る」
22:46 Alethea21 > 激辛早食い
22:46 kiel-21-1 > 俺は無理して鎧を着こんでるだけで
22:46 Vieri_21  > 「障害ってなんだろ?」
22:46 kiel-21-1 > 実は腕相撲するとあれしゃーさんとどっこいなんだ。
22:46 kiel-21-1 > すていやん辺りともどっこい。
22:46 Vieri_21  > びえりんもどっこいだぞーまかせろー
22:47 kiel-21-1 > 機敏あるからこう、腕相撲技術みたいな物が……
22:47 kiel-21-1 > 「……」
22:47 Cran      > 「チーム分けか、そうだな…。ヴィエリ、アレシア、ガロルが1チーム。残りが2チームといったところかな」
22:47 kiel-21-1 > 「それってよー」
22:47 Sawil21_1 > 腕相撲はこの中で我が最弱だから安心しろ
22:47 kiel-21-1 > 「相手チームぶっ飛ばしても良いの?」
22:47 Vieri_21  > 「えっ」
22:47 Cran      > 「ああ、構わんぞ」
22:47 Vieri_21  > 「あれっ」
22:47 kiel-21-1 > 「いやどうせ夢だろ」
22:47 Cran      > ろうそくを保持するミッションで相手のろうそくを吹き消す系対応。
22:47 kiel-21-1 > 「こう……やってもほら、後遺症とかねえんだろ……」
22:47 Alethea21 > 「私をぶっ飛ばしちゃうんです?」
22:48 Vieri_21  > 「ちなみに、俺様達ってここで死んだらどうなるん?」
22:48 Sawil21_1 > 「場合によるかなぁ。えっと、君。アレシアか」
22:48 Alethea21 > 「まぁそれはそれで……」
22:48 Sawil21_1 > 「足早い方?」
22:48 Vieri_21  > そーっと、アレシアさんとキールさんの間に入ってみよう
22:48 kiel-21-1 > 「おめー喜びそうで嫌だけどまぁそのほう効率良いからな……」
22:48 Cran      > 「術式に基づいて、帰還するが、勝負が終わるまでは留置だな。その場合はカードゲームを用意しているぞ」
22:48 Alethea21 > 「足は全然ダメダメですねー」
22:48 Sawil21_1 > 「じゃあ俺はどっちでもいいなぁ」
22:49 kiel-21-1 > 「カードやったことねんだよ俺」
22:49 Sawil21_1 > 価値観が小学生
22:49 Rado_25_1 > 「俺もねえなあ」
22:49 Cran      > 「まあ、すまんが、死にそうな傷で痛いときには死ぬほど痛くはなるが」
22:49 Sawil21_1 > 「見たことはある」
22:49 kiel-21-1 > やってるのは裏の酒場で見たことはあるが。
22:49 kiel-21-1 > 「あれだろ、負けたら血液ちょっとずつ抜く奴だろ……」
22:49 kiel-21-1 > 「すぐそばに再生術師が控えてるやつ……」
22:49 Vieri_21  > 「おれさま普通のカードゲームがいいなあ」
22:49 Cran      > ちなみに魔王クォート、ひとりババ抜きとかしてる設定。
22:49 kiel-21-1 > プロだな。
22:49 Vieri_21  > ひとりで。
22:49 Rado_25_1 > 一人ポーカー
22:49 Garol27_1 > ぷろだった
22:50 Sawil21_1 > 「あー」
22:50 Alethea21 > 「さすがにその手のお仕事はしたことないですね」
22:50 Cran      > 一人じゃんけんは意識を隔離するという方法を編み出し、割とまっとうな勝負ができるくらい。
22:51 Vieri_21  > 魔王すごい
22:51 kiel-21-1 > 「じゃあなんだ」
22:51 Cran      > 「まあ、俺の暇つぶしですまんが、たまにはそういうのも悪くあるまい? お前たちが元の世界でいつの時代に生きているか知らんが、この記憶は報酬と一緒に持ち帰ってもらうつもりだからな」
22:52 kiel-21-1 > 「ぶっ飛ばすか出し抜くかしたらご褒美がもらえるって? それ金になるんだろうな」
22:52 kiel-21-1 > 「金になるんなら俺はなんでもするが」
22:52 Cran      > (訳:名誉点はないけど、経験値とカネはもらえる)
22:52 Sawil21_1 > 「んー」
22:53 Sawil21_1 > 「とりあえずさ」
22:53 kiel-21-1 > 金になるんならガキをヨイショしまくっておだてまくって報酬を吊り上げた過去もあるぞ俺は。
22:53 Cran      > 「ああ、それくらいのことは想定している。なお、道中に宝も置いてあるからな、それもついてくるぞ」
22:53 Sawil21_1 > 「その障害ってのどこになんの?」
22:53 kiel-21-1 > 「よっしゃ」
22:53 Alethea21 > なんでもするのか……
22:53 Vieri_21  > きーちゃん靴なめる?
22:53 kiel-21-1 > 金額次第でなめるな。
22:53 Rado_25_1 > 「まあ分かった、金がもらえるならいつもの仕事と同じだ」
22:53 Vieri_21  > すごいな。
22:53 Garol27_1 > 「ふむ、たまにはこういうのもいいじゃろ」
22:53 kiel-21-1 > そりゃあ報酬と労力が釣り合うならやるよ。
22:54 kiel-21-1 > プライドじゃあ金は稼げねんだよ。
22:54 Alethea21 > ここに7000ごーるどが。
22:54 Sawil21_1 > うぃるんはどっちかっていうと趣味優先なので
22:54 kiel-21-1 > こわい。
22:54 Alethea21 > さておき。
22:54 Cran      > 「うむ。これからチームを2つに分けて、別々の場所に転送する。道中には、夜種もどきやらなにやらも配置しているし、罠もある。そういったものを突破して、(なるべく俺を殴らずに)俺のこの剣を先に奪ったものが勝ちだ」と、装飾の見事な(売れば金になりそうな)剣をかかげる。
22:54 Sawil21_1 > どんな殺人SASUKEが俺を待っているのかでテンションが変わる
22:54 Vieri_21  > 「なにやら」
22:54 kiel-21-1 > 最初からぶっ飛ばしにかかるのはナシか……
22:55 Vieri_21  > ヤンキーステイ、ステイ
22:55 Cran      > おすわりおすわり
22:55 Alethea21 > かもんかもん
22:55 Rado_25_1 > へいへいピッチャーびびってるー
22:56 Cran      > 「ちなみにいうが、俺は一応、瞬間回避やら転移やらは出来るし、先手を取って逃げることも出来るぞ。まっとうなルートで来たときには、偽物が相手をするからそれなりの歯ごたえはあると思うが」
22:56 Cran      > でも殴らないでくださいお願いします、しにます。という。
22:56 Rado_25_1 > 「真っ当じゃねえルートあるんかい」
22:56 Vieri_21  > しなないでね。
22:57 Cran      > 全能力値-9というへっぽこなので…。
22:57 kiel-21-1 > 「よっし、じゃあ俺ァいつでもいいぞ」
22:57 kiel-21-1 > 木の棒(杖……?)を肩にかついでトントンしている
22:57 Garol27_1 > 「おれも趣旨がわかれば何時でも構わんぞ」
22:57 Vieri_21  > 全能力値-255にしてから状態異常にすると最大値になるんですね
22:57 Sawil21_1 > 「ん。了解」
22:57 Alethea21 > 最終的に世界が止まるんですね
22:57 Cran      > 「具体的には、今この場で奪い取りに来るとかだな。結界は張っているが、例えば、どこぞのリューから始まる筋肉鬼なら一撃で壊せる」
22:57 Vieri_21  > 「あー……」
22:58 Sawil21_1 > あー
22:58 Sawil21_1 > このメンツそういうの苦手ですね
22:58 Vieri_21  > ね。
22:58 Garol27_1 > ね
22:58 Alethea21 > 攻撃にがてです!
22:58 Vieri_21  > 一番の火力がサウィルさんじゃないかなあ。
22:58 kiel-21-1 > 「今の俺だと多分そういうの無理だな……」
22:58 Cran      > みんなかたぁい
22:58 Vieri_21  > 攻撃とか怖くて苦手ですぅ
22:58 kiel-21-1 > 詠唱がない。
22:58 Sawil21_1 > 「そうだねぇ」
22:58 Cran      > あ、ちょっと花摘み。
22:58 Sawil21_1 > 元の自分でも所詮機敏なので
22:58 kiel-21-1 > ほい。
22:58 Vieri_21  > てららい
22:59 Sawil21_1 > るーにんみたいな超パワーではない
22:59 kiel-21-1 > がっつり地べたに足構えて鉄壁して詠唱して殴る魔術師。
22:59 Vieri_21  > 置いて帰ろう
22:59 kiel-21-1 > やめろよ。
22:59 kiel-21-1 > 結界もあるんだからな!!!!!
22:59 Rado_25_1 > 特化型でもなければ倍化技も無いからなあ
22:59 kiel-21-1 > 結界で一緒に閉じ込められるんだからな!!!!!
23:00 Alethea21 > けっかいだけこわしてにげよう
23:00 Vieri_21  > かくれんぼしようぜ、お前オニな
23:00 Garol27_1 > いってらー
23:00 kiel-21-1 > よく耐久力ふると
23:00 kiel-21-1 > 1ゾロがでるんだよこの結界。
23:00 Vieri_21  > ほろろ
23:00 Rado_25_1 > 正直鉄壁してる人殴るより
23:00 Vieri_21  > その結界おもちで出来てますよ
23:00 Alethea21 > わたしだけならにげなくてもいいな……
23:00 Rado_25_1 > 結界殴った方が早そうだよな
23:00 Rado_25_1 > ……
23:00 Rado_25_1 > 餅の結界とかむしろ破壊しにくそう
23:00 Alethea21 > とりもち!
23:01 Garol27_1 > もちもち
23:02 kiel-21-1 > 「そういや、名前はっきりと聞いてねえ奴も居るか?」
23:02 Vieri_21  > 「記憶も曖昧かもとか言ってたよな」見回す
23:02 Vieri_21  > 「たぶん皆みたことはあるんだけど、一応名乗っとく?」
23:03 Garol27_1 > 「それが良いかもしれんの!」
23:03 Sawil21_1 > 「ん。俺はサウィル。酒場で塩水を舐める仕事の人でよかったっけ」
23:03 Rado_25_1 > 「まあ良いんじゃねえか、俺はラドだ。まあさっき言われてた通り鍛冶屋だな」
23:03 kiel-21-1 > 「それで金貰えるんならそうしてっけどな」
23:03 Vieri_21  > 「それ仕事じゃないからね」
23:04 Vieri_21  > 「俺様はヴィエリ。ええと一応、魚屋ではないつもりなんだけど手伝ったことはあるかな」
23:04 kiel-21-1 > 「俺ぁキール、最強の戦魔術師(造語)だ」
23:04 Vieri_21  > 「戦魔術師ってなに?」
23:04 Alethea21 > 「アレシアです。だいたい見た目の通りですねー」
23:04 Sawil21_1 > 「こっち流に言うと荒野人って奴で、狩人かなぁ。でもなんか」
23:04 Cran      > 見た目で分かるのか…
23:04 Alethea21 > 神官フルセット
23:04 Sawil21_1 > 「こっちの狩人って俺の知ってる奴じゃないんだよね」
23:04 kiel-21-1 > 「なまっちょろいザコ魔術師と違って前線を張れる戦闘と戦争に特化した一番つええ魔術師だ」
23:05 kiel-21-1 > 「そして俺はその中でも最強のやつだ」ふんす
23:05 Garol27_1 > 「おれは銀髭のガロルじゃ。なんぞ旨い飯を探して傭兵なんぞしとる」
23:05 Sawil21_1 > まぁ
23:05 Vieri_21  > 「なるほどぉ」
23:05 Cran      > っ ポララポ
23:05 Rado_25_1 > 「すげえ魔術師だな」
23:05 kiel-21-1 > 「おうよ」
23:05 Sawil21_1 > 戦魔術師っていう職業が造語で一人しか居ないから
23:05 Sawil21_1 > 自動的に最強だよな
23:05 Garol27_1 > 「それはもう喰った」>ポララポ
23:05 kiel-21-1 > やめなよ。
23:05 Vieri_21  > うん
23:05 Alethea21 > なんばーわんおんりーわん!
23:05 Rado_25_1 > 「つまりそんな戦魔術師のいるうちのチーム勝ったも同然じゃねえか…」
23:06 Cran      > せーかいにひーとーつだーけのはーなー
23:06 kiel-21-1 > 「あったりめーよ……」
23:06 kiel-21-1 > 「なんせオレがいるからな……」
23:06 Cran      > ラドさんはちょろいんだったのか…
23:06 * nick Cran → GM_Cran
23:06 kiel-21-1 > 残念だなお前たちのチームには俺がいなくてよ……
23:07 kiel-21-1 > まぁ悪いが俺は一人しかいねーからな……
23:07 GM_Cran   > 半分に割れば良いんじゃないかな。
23:07 Garol27_1 > 「ふむ、これは強敵じゃぞ。頑張ろうではないかヴィエリの、アレシアの」
23:07 Alethea21 > 増やさないと……
23:07 kiel-21-1 > 普通の人は死ぬから
23:07 Rado_25_1 > キー ール
23:07 GM_Cran   > 自己紹介が終わったら、ゲームスタートの合図で今日は終了かなー
23:07 Sawil21_1 > キー/ル
23:07 Garol27_1 > 髭を撫でつけながら
23:07 Vieri_21  > 最強だから大丈夫だよ
23:07 kiel-21-1 > パラレルワールドから引っ張ってきたりミミックで増やしたりするのもやめようね。
23:07 GM_Cran   > キッてもキッてもプラナリア
23:07 Vieri_21  > 「そだね。やるからには頑張りますかーと」
23:07 Alethea21 > 「やるからには最善をーですね」
23:07 Vieri_21  > のびー
23:09 Garol27_1 > 「なに、おれは見た目通り固いのが自慢じゃ。適度に壁にしてくれて構わんぞ」
23:10 Garol27_1 > 手斧で頭の大型魚の頭をガンガン、と叩いて
23:10 Vieri_21  > 「おー、頼もしいね旦那。俺様逃げ足くらいしか取り柄ないからなぁ」
23:10 Garol27_1 > 「礼は魚で手を打とう」
23:10 kiel-21-1 > (やっぱ漁師と魚屋だよなぁ……)
23:10 GM_Cran   > っ メザシ
23:10 Sawil21_1 > やっぱ魚好きなんだ
23:11 Sawil21_1 > 「魚かぁ。向こうのチームじゃなくて良かったかもね」
23:11 Alethea21 > 猟師と魚屋とお客さんのチーム
23:11 GM_Cran   > ウィンウィンの関係
23:11 Vieri_21  > 「釣りは最近やってねえな。たまにはやってみますか」
23:11 Rado_25_1 > 仲良いなあっちは
23:12 kiel-21-1 > 「釣りか……」
23:12 Vieri_21  > そっちも皆さん揃って治安悪くて気があってますよ……
23:12 kiel-21-1 > 餌になる事なら得意なんだがな……
23:12 Rado_25_1 > 「そもそも海とか見た覚えがねえな俺」
23:12 Vieri_21  > きーちゃん魚の餌だからな。
23:12 GM_Cran   > 世紀末チームvs魚市場チーム
23:12 kiel-21-1 > 生きて帰れてこそ餌だろ。
23:12 Rado_25_1 > 待ってくれ!俺は善良な鍛冶屋なんだ!
23:12 Rado_25_1 > どっかの一般的な市民ならともかく俺を巻き込まないでくれ!
23:13 kiel-21-1 > 釣り自体は下手なんだよな。
23:13 Garol27_1 > 「おお、良いぞ釣りは!釣って楽しい喰って美味しい!」
23:13 GM_Cran   > どっかの一般的な市民とやらが一番うさんくさい件
23:13 kiel-21-1 > 「釣れねんだよ、性に合わねえ」
23:13 Vieri_21  > 安心してください、立派なヤンキーですよラドさん
23:13 Rado_25_1 > そんなぁ
23:13 Garol27_1 > 「おれの里の魚はどいつもこいつも鍛冶にしか使えん有様でのぉ…こっちに来てから魚のうまさに目覚めてな」
23:14 Vieri_21  > 「鍛冶」
23:14 Alethea21 > 善良とヤンキーの両立……
23:14 kiel-21-1 > 「こう、川ごと一回思いっきり吹っ飛ばしてとろーとしたんだけどよー……なんか邪魔されてな……」川に詠唱ぶちこんでダイナマイト漁法
23:14 GM_Cran   > 「あー……何だ、飲み物とか軽食でも出すか?」と、和気あいあいしているところにクォート曰く。
23:14 kiel-21-1 > 「あぁいや金だよ金」
23:14 kiel-21-1 > 「はよ始めんぞ」
23:14 Vieri_21  > 「まあ川魚としちゃ、ホルム周りは美味いほうだと思うよ」>魚の旨さ
23:14 Sawil21_1 > 「障害だよね。障害。飯は帰って食うからさ」
23:15 kiel-21-1 > 鎧の籠手をがつんと打ち合わせて気合を入れる。
23:15 GM_Cran   > 「ふむ、じゃあ、ゲームが終わったときに出せる馳走は用意しておこう。お前たちもそれでいいか?」
23:15 kiel-21-1 > 「タダ飯ならなんでもいい」
23:15 kiel-21-1 > 「……」
23:15 kiel-21-1 > 「でも夢なんだよな……でもタダ飯に違いはねえしな……」
23:16 Vieri_21  > 「クォートも一緒に食えるやつ? 楽しみにしてるな」
23:16 Alethea21 > 「まぁ、とりあえずホスト側の意向に従いますよー」
23:16 Garol27_1 > 「飯の前の運動はより飯を上手くするからの、いつでも良いぞ」
23:16 Rado_25_1 > 「ま、このまま話してても何も始まらねえな」
23:16 GM_Cran   > 「夢でも、美味い記憶は残るからな、それで我慢してくれ」といいつつ、ヴィエリには、何だか懐かしそうに「そうだな、待っているぞ」とかいっている。
23:17 Alethea21 > 「談笑目的ならそれはそれでーですけどね」
23:17 Sawil21_1 > 「暇つぶしってんならそれでも良い気はするけどね」
23:17 kiel-21-1 > もっと人数集めりゃ草魔野球できるんだけどな。
23:18 Sawil21_1 > くさま
23:18 Rado_25_1 > 新たな魔術師が
23:18 kiel-21-1 > 魔野球の草野球だから草魔野球。
23:18 Vieri_21  > やきうこわい
23:18 kiel-21-1 > ボールじゃなくて投射魔法で遊ぶ。
23:18 Vieri_21  > 範囲魔法で遊ぼう
23:18 Rado_25_1 > 「そんじゃ魔王、そろそろ転送頼む」
23:18 GM_Cran   > 「うむ」とうなずく。
23:18 GM_Cran   > 「それでは、行くぞ!」持っている報奨の剣を掲げて、それなりに魔王っぽい威厳さを撒き散らしながら、告げる。「これより、ゲームを開始する!」、その言葉と同時に、両チームはまた、見知らぬ小部屋に転移した。
23:18 Alethea21 > あれ、このチーム遠距離……
23:18 Vieri_21  > 「うん」とクォートに目を合わせて
23:18 kiel-21-1 > 遠距離など
23:19 kiel-21-1 > どのチームにもない。
23:19 Alethea21 > 泥仕合!
23:19 Garol27_1 > どろじあい!
23:19 GM_Cran   > と、ここまでで今回はセッションは終了!
23:19 Vieri_21  > ガロルさんと並んだ方が安全なんだろうなあ
23:19 GM_Cran   > 後は雑談とかで適当にはらけてオッケーです!
23:19 Vieri_21  > はあい
23:19 GM_Cran   > ありがとうございましたあああ
23:19 Vieri_21  > ありがとうございました!
23:19 Alethea21 > 固かったり不屈だったり回復だったり……
23:19 kiel-21-1 > おつかれー
23:19 Alethea21 > おつかれさまでしたー
23:20 * nick GM_Cran → Cran_afk
23:20 Sawil21_1 > お疲れさまでしたー
23:20 Garol27_1 > おつかれさまでしたー
23:20 Rado_25_1 > お疲れ様でしたー