堀内賢雄(ほりうち けんゆう)

担当キャラ


他作品・声優ネタ

  • 国民的ロボットアニメには割と縁がある。
    • エルレインを崇拝しているネオ・ジオンの若き兵士
      • 「エルレイン様のお言葉」を思い出して恍惚とするシーンはある種の"コーナー"と化していたらしい。
      • だが当のエルレインからは死の際には「強化しすぎた」と冷淡な反応が返ってきたのみであった。
        • 小説版ではコングマンとワルトゥという心から死を悼んでくれる友人に看取られた。
    • リガ・ミリティアを率いるノームの父親。ノームがニュータイプであると信じて徹底的に鍛え上げた。
    • フリーデンの艦長。元は旧連邦のニュータイプ兵士であった。
      • なお、脇役としては珍しく主役機を愛機とした。
  • 「ウボァー」
    • シーザ「ウボァーって何なんスか?」
      • 王国心ではジェイドがこの台詞を叫んだ。
    • 地獄に落ちても執念で這い上がるパラメキア皇帝。
      • ちなみに小説によると本名はマティウス。
      • リメイク版では死後、善と悪の2体に分離した。ただし善と言っても本人がそう言っているだけでやっていることは悪行である。
    • シリーズの主人公・ラスボスが一堂に会するお祭りゲーではリオンと一騎打ちを演じる。
      • メテオスォームっぽい術も使えるが、詠唱中は隙だらけなので見てから余裕で潰される。ぶっぱは甘え(キリ
        • 他にも追尾弾を跳ね返されて自滅したりと、残念な性能の術技が多い。
        • しかし極まったプレイヤーが使うと、詠唱硬直を狙ってくる相手に設置を踏ませる策士と化す。
  • おいたん (By.アミィ)
    • ワルトゥは義理の兄。居候しているジョニーはワルトゥと同じく親友。
    • 職業はミュージシャン。双子の息子はミント。
  • ファイナルプレイヤーをBLAST技に使う特殊部隊の大佐。娘がいる。
  • 某潜入ステルスゲームの2作目(厳密には後半)の主人公。終盤でリーガルとともに行動した。
    • 名前の由来はかつて世界一の興収記録を誇った映画からといわれている。
    • リフィル、ディムロス、コーネルピンと戦う。
    • 嫁はフィリア。成り行き上、一時は別居したが、その間(後述)に産まれた子供とも一緒に暮らすようになる。
      • 彼の部屋は机とベッドが置いてあるのみでまるで刑務所のようだったらしい。
      • 偶然(というか黒幕の陰謀)出会ったフィリアと映画の話で盛り上がってしまう。本当は似た者同士なのかもしれない。
    • 敵から見えなくなるアイテムを装備すると髪の部分だけが隠れないのでハゲではないかと疑われている。
    • 実は彼を育てたのはラスボスのリーガル(もうひとりの別人)であり、本当の両親を殺して兵士として育てたことを聞かされる。
    • 3作目では非常に良く似たソ連軍少佐。ヒューゴの愛人であるかのような描写も。
      • 非常に食い意地が張っており、落ちている食べ物は毒であろうとお構いなしに拾い食いする。また部下や科学者に対する暴行・虐待は日常茶飯事らしい。
      • 殺害しても何故かゲームオーバーにはならない(兵士や科学者の前で殺せばなる)。なお、彼を尋問するとヒューゴの弱点のほか、2作目の彼の台詞が聞ける。
      • ヒューゴとの戦いで彼の顔を模したマスクを装備すると…
    • 4作目ではいろいろ凄まじいことになっており、年老いたリーガルを最後までサポートした(詳細は検索されたし)。
      • 彼のスニーキングスーツは同社のロボットゲームの主役機(ランナーはクラース)をモチーフにしたものである。
    • 4作目の数年後の物語の続編では主人公に抜擢。「無法者」という名を持つ傭兵会社のサイボーグ兵士シャオルーン、フォッグ、リカルドなどと激闘を繰り広げた。
      • ラスボスはユージーン。
  • レ○プマン!
  • 豹の頭を持つノスフェラスの王。元は惑星ランドックの皇帝だった。
    • なりゆきで兵隊に襲われているエステルとジュードを助け、共に旅をすることになる。
    • 旅を続けていくうちにエステルとジュードにとって大きな支えとなっていく。
  • バルバトス「物語を構築する脚本家。HOLY隊員ゲオルギアス。彼が原稿用紙に文字を刻む時、新たな物語が動き出す。最悪の脚本【マッド・スクリプト】が今、キールの運命を大きく改訂する。この罠、まさに脚本どおり」
    • 赤いアフロの色黒男。語尾は「~である」
    • 初登場時は忍び込んできたキールを隊員にすべく脚本を書いた。キールが想像以上に好戦的であったために失敗する。
    • デミテルと共にエトスの元にいるリオンを誘拐しようとするが、デミテルに見捨てられ、原稿用紙の中へ消えていった。
  • 3人の眼鏡っ娘と共に地球を守る学園長。苗字は違うものの実子は学園に通うヴェイグ。
    • 一応国家権力の一組織であり、彼がトップというわけではない。だが他の役人が出てこないので実質総大将。
    • 口を開く度にどこかポエミーな台詞が飛び出す。長官というには些か威厳に欠ける。
      • その立場にありながら影が薄いことを気にしており、マルタに洗脳され利用されてしまう。だが鼻血を出してすぐに退場してしまった。
    • 科学者であるジュディスに好意を持っていたが避けられていた。
  • ブラウンシュヴァイク公の元部下。ミクトラン暗殺を進言するも却下され、独断で実行するが、事前に察知されていたため失敗する。
    • その後は自分の才覚を売り込み、ダオスの副官となる。これはミクトランの人事の成功例のひとつと言われている。
  • 「お願い。ご迷惑をおかけしております。工事中、ご協力をお願いいたします」
  • 日本語で「赤色矮星」という名を持つ宇宙船の雑用係。規則違反を犯したため時間が凍結されている部屋での謹慎処分を食らったが、その間に他の乗組員が全滅。ただ一人残された彼は船の人工頭脳ガレノス(後にギリオーヌに)によってホログラムとして保存されていた犬猿の仲の上司フォッグやペットの猫の子孫で猫人間のジョニー等と共に地球を目指す旅に出る。
    • カレーとビールが好物でかなり怠惰な性格。船橋士官のマーテル(TOS)に惚れていたが、後にパラレルワールドの彼女が船にやってくる。
  • マイナーランドの国王。どこかとぼけた印象を持つ。
    • ライバルはメイジャーランドの女王サナトス。なんというか腐れ縁のような感じもするが。
      • 実はメイジャーランドの国王。お付の三銃士と共にラスボスの復活を食い止めようとしたが、その部下に洗脳されてしまった。
      • サナトスは妻にあたり、娘の説得で洗脳が解けた。番外編となる劇場版では、洗脳されたサナトスを救うために奮闘する。
  • どこからもなく颯爽と現れ、コレットの危機を救うイケメンさん。
    • その正体は、かつて伝説の戦士だったコレットの祖母の妖精。
    • 普段はデフォルメされた怪獣だが、イケメンさんに変身する。モデルはコレットの祖父らしい(現在は故人)
  • 当たると痛い竜の騎兵隊で、3号機のパイロットを務めた。友人はサレとテネブラエ。
    • 当時のロボット物としては珍しい「電子戦特化の機体」を操る。ちなみに機体AIの愛称は「マギー」。無論元チャンポンではない。
  • 「たとえ おまえらがその昔、幼き頃、捨てられて凍えてる仔犬を助けたことがあるとしよう……でも死ね 」
  • ミルハウストの亡き兄。無愛想・不器用な弟とは対照的に明るく親しみやすい性格だったが任務中にミルハウストを庇って死んでしまった。
    • ミルハウストが無口で無愛想になってしまったきっかけは元々、ゲオルギアスの死である。
    • 髪型は2の天の青龍に近い。またクラース(4における天の青龍)のモチーフにもなっている。
  • 「暗殺者の信条」というタイトルの某ステルスアクションゲームの3作目では、主人公リチャードの父。
    • イギリス人のアサシンであり、アサシン教団と敵対しているテンプル騎士団に所属している。とある先住民のアメリカ人女性との間にリチャードを授かるが育てたのは一応の妻である先住民女性で、リチャードがアサシンになってからゲオルギアスは初めて息子リチャードと出会う。
      • 最期はリチャードの手によりこの世を去る。リチャードは内心ではゲオルギアスを父と慕っていた。
  • ディムロス(ガイアス)、アスベル、イエガーの育ての親である会長。
  • スパイ養成学校、通称「D機関」を創設した大日本帝国陸軍中佐。その素性や経歴の一切が不明。
    • 厳しい審査の元、彼の下に集まった訓練生はエミル(後に殉職)、スレイ、クラック(後に異動)、アイゼン、トルメ、カイル、モーゼス、アスベル、ザビーダ。スタンもスカウトしたが辞退された。
      • 実はザビーダは彼を失脚させようとするボータ率いる「風機関」からの回し者。
  • 凄腕の旅の傭兵にして人形師をしている。
    • 人形の事になると我を忘れるほどに熱くなる、その結果奥さんに逃げられたらしい。
    • ちなみに娘もいる、その娘も父親の教育の賜物なのか屈強な戦士である。