住川みかん

住川みかんとは、主に住川市で栽培されているみかん。住川市の特産品となっている。

概要

ルーツは1603年、惑星☆あかりんという戦国武将が何故か埋めたみかんの種から。住川みかんと同じ遺伝子を持つみかんは、Melicope triphyllaという学名を持つミカン科植物の遺伝子とCitrus unshiuという学名を持つミカン科植物を足して2で割った感じらしい。
1999年時点のデータによると、学名「Citrus Sumikawa」というミカン科植物。
果実はほぼ温州みかんと同じ姿をしている。とても甘さがあるが、少し辛さも感じ取れる味で主に20代に人気である。住川市民は日常食かのように食べている。
住川鉄道では、住川みかんのPR活動を積極的に行っており、社内に「みかん課」がある程である。
みかん課の主な活動は、住川みかんのPRと住川みかんドリンクを各地で販売する活動など。
南山地方内だけでなく山井田や新都、さらには新都でも販売したことがある。
最終更新:2020年10月31日 12:15