新川蜜柑

新川蜜柑とは,塔野市新川区周辺で栽培されているみかんの品種。間違っても人名ではない。

歴史


元々,新川区(を含む塔野市全体)は土地が石灰質で,米など穀物の栽培には向いていなかった(そもそも塔野という地方名の由来はタワーカルスト)。そのかわり柑橘類の栽培には適していたため,この品種をはじめとして果樹栽培が盛んな地区となった。

現在


そのまま出荷するほか,発酵により酒類なども製造されている。またこれを使用した商品として塔野シティサイダーがある。またリモネン分の反応による化学工業や,バイオ燃料源としての使用も拡大している。住川みかんとはライバル関係であるが,地理的優位のある新都周辺ではこちらが優勢。
最終更新:2020年09月12日 15:32