あふろぐ

じょしもん

最終更新:

aflog

- view
だれでも歓迎! 編集

じょしもん


掲載雑誌 まんがタイムジャンボ(芳文社)
発表期間 2009年~
単行本 既刊1巻
掲載ページ数 6~8P
見出しの書体 ナール

概要

  • 前作「ひまじん」が休止後(後にまんがタイムで再開)、ひと月のブランクを経てスタートした作品である。
  • 第2回より巻頭カラー・表紙を担当。イレギュラーとしては何度かあったが、本格的な担当は初となる。初回はモノクロだった。
  • 初回が5ページだったが、巻頭に移行した2回目からは6~8ページとなっている。最近は8ページに落ち着いている。現在、1回当たりのページ数が最も多いのはこの作品(以前はうちの大家族もそうであったが、縮小されている)。
  • 作者の連載作品としては初めて1ページ目に大ゴマを使用していない(それ以前にも読み切りなどではこの手法を使う事もある)。
  • グッティー同様、季節の進行が緩やかになっている(連載1年の時点でまだ春の描写の為)。
  • 重野さん曰く、原点に立ち帰り明るく楽しい作品にしたとの事。そのため、シリアスな要素は比較的薄めである。
  • 同誌での目次の4コマも担当している。
  • キャラクターの目にハイライトが常に入っている。
  • 2011年7月7日に初の単行本が刊行された(同日には夫人の藤島じゅんさんの「丸の内!」1巻も刊行された)。それに合わせ、まんがタイムスペシャル・まんがタイムオリジナル・まんがホームにゲスト掲載された(タイムオリジナル・ホームには「ぼくの彼女はウェートレス」終了以来の登場となった)。

あらすじ

  • 何も取り柄もない山園高校の高校1年、横山美々。何気に生物部に入ると、顧問の番場によって部長にさせられる。
  • その生物部にはくせのある生物が多数存在していた。
  • その後、微生物萌えのゴッシー、昆虫好きの羽子、食虫植物好きの香苗も加わる(その他2年の武田もいるが、アレルギーのため出てこない)

じょしもんの登場人物