あふろぐ

ひまじん

最終更新:

aflog

- view
だれでも歓迎! 編集

ひまじん


掲載雑誌 まんがタイムジャンボ→まんがタイム(芳文社)
発表期間 2000年~
単行本 既刊6巻
掲載ページ数 5P
見出しの書体 スーボO

概要

  • 2002年にはまんがタイムでも平行掲載していた時期がある。2004年には半年ほど休載していた。
  • 対極の作品は「たびびと」。
  • まんがタイムジャンボ2009年10月号をもって再び休載し、まんがタイムに掲載誌を移し同誌の2010年4月号より連載再開された。同作が掲載されるのは約7年半ぶりとなる。ちなみに、まんがタイムジャンボの方で1月のブランクを経て連載開始したのが「じょしもん」であり、2回目より巻頭を飾っている。
  • 重野作品にみられる感動系・シリアス系の要素が出てくるのはかなり稀で(それを匂わせる展開はあるがオチはそうでもない事が多い)、ほぼ純粋なギャグ漫画であるのが特徴である。重い展開がほとんどないので初心者にも読みやすい。
  • 2色カラー(もしくはフルカラー)率が比較的高いが、タイム移行後は白黒の比率が高い。
  • タイムジャンボ時代は4~6ページと変動があったが、タイムに移行してからは「たびびと」の枠を踏襲し基本的に5ページに落ち着いている。

あらすじ

  • 外出を嫌うフリーター・森川つぐみと親友のOL・和久井理沙の日常を描いた作品。舞台はほぼ全ての回でつぐみの部屋である。
  • 他にもMHK男との対決や、借金青年宮本などのキャラが登場している。