ドラゴン=レディ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドラゴン=ポリスメンに仕える忠実な部下。
家事雑事荒事を取り仕切り、実質的に家族の一員である。
苦労人ポジだが、一応ツッコミではない。


略歴


原作ドラゴンウォリアーに登場し、以降は準レギュラーのポジションとなっている。
中ボス的な立ち位置にはいるものの、勇者に勝てる程の戦闘能力はない。
後の作品でもやられ役として倒される事が多く、龍族の中でも下級である事は十分理解出来る。

一方で、ドラゴンチョコォリアー2において、最初は自身の弱さについて苦悩するも、
クライマックスでは敵の親玉に一矢報いる活躍を見せている。
このことから、アンブッシュに限りかなりの威力を持つ事が示唆されていると言えよう。
ちなみに、毎度アキト=スカイシーを眠らせているのは、慢心の隙を突いた彼女の奇襲である。


性格


生真面目で、与えられた仕事はしっかりとこなすタイプ。
普段は丁寧な言葉を心がけているが、切れるとビチグソ野郎と言い放つなど、気が強い一面も持つ。
苦労症で世話焼き。ドラゴンウォリアーⅡではアキトを叱咤し、ドラゴンチョコォリアー2ではチルドレンに振り回されている。

ポリスメンとの関係は上司と部下であるが、それ以上に固い絆で結ばれている。
なお、通常はポリスメンなど高位の龍族に直接仕える者となると、それに準ずる血統の持ち主である事が多い。
どういった経緯でこのような形になったのか、未だ彼女達の過去は謎に包まれている。


人物関係


  • ドラゴン=ポリスメン……仕えるべき主。尊敬すべき人物だが、たまに愛想が尽きる。
  • ドラゴン=チルドレン……仕えるべき主の子供。友人兼姉のような立場であり、商会について多少否定的である。
  • アキト=スカイシー……憎むべきビチグソ野郎。新しい作品が出る度、レディの拳が彼の鳩尾を捉える。
  • シーゲル=ジャベリン……赤髪ツンツンの愚かな坊や。アキト以上には気に入っている。
  • elegantさとる……ナスビフェイスの愚かな坊や。彼の扱いには一夕の長がある。
  • ドラゴン=カマー……なんちゃって狐龍娘。ポジションが似ている為に親近感を覚えている。
  • ドラゴン=ビッチ……同じ下級龍族のビッチ。顔が似ているが、人脈は彼女の方が広いらしい。
  • ドラゴン=セクレタリー……同じ下級龍族の秘書。顔が似ているが、頭脳は彼女の方が良いらしい。
  • ドラゴン=エリートトレーナー……同じ下級龍族のトレーナー。顔が似ているが、包容力は彼女の方が高いらしい。




レディ名言語録


  • 「クックック…何の用かな愚かな坊や…!!」…記念すべき第一声。嘲笑から入るのは龍族のマナーであるとも伺える。
  • 「私は……ドラゴン=レディ!」…レディの自己表明の台詞。ここで貯める辺り、かなりの実力者であると思われる。
  • 「そう!ドラゴン=ポリスメンの忠実なる部下!!」…続けて身分を表明する。この台詞により、ポリスメンとの強い繋がりが読み取れる。
  • 「嫌よ!どうせ坊やは嬲り殺すつもりでしょう!?」…死を前にした強者は、事前にそれを察知できるとされている。この事から、彼女も相応の実力の持ち主であると伺える。
  • 「え…は、はい!」…アキトの要請に対し思わず承諾してしまった一言。この言葉を使った以上は、逃げることは許されない。
  • 「このビチグソ野郎!!ドラゴン=ポリスメンを返せ!!!」…坊やから一転、ビチグソ野郎と罵った台詞である。彼女の中の怒りが爆発した名シーンであると言える。
  • 「まだだあああああああ!!!!くたばれえええええええええ!!!!!」…2度敗れながらも意地でも勝とうとする彼女の熱い台詞。これによりアキトの野望はついに崩れ去るのであった…。
  • 「おなか空いたんで帰ります!」…いかに忠実な部下と言えど、腹が減っては戦が出来ない。自らの体調を弁え、戦場から身を退くのもまた忠臣の義務である。


余談

ちなみに、龍族としては下級の民族に属している。
下級の龍族は同じような顔立ちが多いと言われており、その為に同じような容姿の女性が頻繁に登場するが、決して同一人物ではない。
人間同じ顔の人間が3人いるとは言われるが、遂に彼女のそっくりさんも3人出てきてしまった……。

ドラゴン=ビッチ

 ドラゴン=チルドレンに仕えていた忠実な部下。アッサリ見捨てられてしまったりと、ロクな出番がない。
そもそもビッチ(Bitch)とは不快、嫌な女などという意味を含む罵倒語であり、名前からして運命は決まっていたようなものか。

ドラゴン=セクレタリー

 ドラゴンウォリアーⅢに登場した秘書。やはり役柄は同じのようで、アキトの人質となってしまった。
立ち位置的にレディ本人ではないかという意見もあったが、後の作品で共演し、別人である事が確定した。

ドラゴン=エリートトレーナー

 ムキットモンスターに登場した、いつものポジションのキャラクター。
余談だが、某ゲームにおける一般トレーナーも立ち絵が使い回されており、レディとは共通点が多い。
最終更新:2016年09月18日 21:44