作業テーブル > プラグイン2

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タブ文字
&tab()
&t()
HTML上にタブを表示しますが、ブラウザでは実際的な表示変化はありません。

脚注表示
&footnote()
上付き文字
&sup(){テキスト}
下付き文字
&sub(){テキスト}
取り消し線
&s(){テキスト}
斜体文字
&i(){テキスト}
小さな文字
&small(){テキスト}
大きな文字
&big(){テキスト}
強調・太字
&strong(){テキスト}
等幅フォント
&tt(){テキスト}


テーブル編集
#table_edit(テーブル記述ページの名前)
テーブルを記述したページに記載されているテーブルを行単位で編集
row列番号name=列名 編集時に列の名前を指定できます
row1name=名前
size数字=数字 数字個目の入力フィールドの横幅を指定します
vsize数字=数字 数字個目の入力フィールドの縦幅を指定します

連絡先・問合せ先表示
&address(){テキスト}
<address>テキスト</address>
固定幅レイアウト
#expand(数字){ここに文章}
数字で指定したピクセルで表示幅を固定
cssクラスをdivで指定
#divclass(クラス名){文字列}
<div class="クラス名">文字列</div>
引用文表示プラグイン
&cite(テキスト)
引用文表示プラグイン
&q(テキスト)
<q></q>
引用文表示プラグイン
#blockquote(){改行を含むテキスト}
Registered Trademark(登録商標)記号を表示
&mark_reg()
コピーライト記号を表示
&mark_copy()
ウィキ構文を適用しない文章
&nowiki(){
ここにウィキ構文を適用しない文章
}
リンクしないURLを表示
&nolink(ここにURL)
nowikiと実際的に同じ動作
下線表示
&underline(){テキスト}
下線表示
&u(){テキスト}
文字列に点の下線を表示する
&underdot(){文字列}
(数字)px 下線の太さを指定します。(数字は1~9)(def 1
(色コード) 下線の色を指定します(def black

javascript入力プラグイン
#javascript(){ここにjavascript}
コメントアウト
#co(){コメントアウトしたい文章}
フラッシュ(swf)
#flash(swfファイルのURL)
id=(文字列) objectタグのidを指定します
height=(数字) 高さを指定します
width=(数字) 幅を指定します
swfname=(文字列) embedタグのname属性を指定します
bgcolor=(色コード) 背景色の色
FlashVars:(swfに渡すパラメーター) swfに渡すパラメーターを指定します. ex) aaa=bbb&ccc=ddd
(swfファイルのURL) 表示したいswfファイル(フラッシュ)を指定します

スクロールする文字を表示
#marquee(テキスト)
scroll 画面を横切る動作を繰り返す(デフォルト)
slide スクロールの端まで来ると停止する
alternate 画面を往復する動作を繰り返す
left スクロール方向を左に指定
right スクロール方向を右に指定
size=(数字) 文字の大きさ
loop=(数字) スクロール繰り返し回数
color=(色コード) 文字の色
bgcolor=(色コード) 背景色の色
(その他文字列) スクロールする文字列

半角スペース表示1
&space()
表示個数(def 1
半角スペース表示2
&nbsp()
カンマ,区切りでbrもしくは数字を入力することで、改行と空白を同時に入力可能

cssクラスをspanで指定
&spanclass(クラス名){文字列}
<span class="クラス名">文字列</span>

回り込み解除
#clear

ソースコードハイライト
#highlight(){プログラムソースコードを記述}
linenumber 行番号を表示します
プログラム言語名 ソースコードの言語を指定します。例) html,css,php,java 等php
html
html4strict
html5
java
javascript
perl
python
ruby
cpp
c
css
actionscript
 
と記述することも可能

水平線
#hr()
width=(数字) 画像の幅を指定.数字の後にpx(ピクセル)とパーセント(%)を指定することも出来ます
height=(数字) 水平線の高さを指定します
color=(16進数文字コード) 水平線の色を指定します


改行
&br()

アスキーアート
#asciiart(){ここにアスキーアートを記述}
#aa(){ここにアスキーアートを記述}
blockquote 引用として表示します

文字の装飾
&font(パラメーター){テキスト}
i 斜体表示
b 強調(太字)表示
o 上線
u 下線
l 取り消し線
色コード 文字色を変更します。2つ指定すると2つ目は背景色となります
フォントサイズ フォントのサイズを指定します。単位(%、px、pt、em)

背景色変更
&bgcolor(色コード){テキスト}
取り消し線
&strike(){テキスト}
&del(){テキスト}
テキスト右寄せ表示
#right(){テキスト}
テキスト左寄せ
#left(){テキスト}
中央表示
#center(){テキスト}
強調・太字
&bold(){テキスト}
強調・太字
&b(){テキスト}
文字の強調解除
&nobold(){ここに文字列}
文字色・背景色変更
&color(red,blue){テキスト}
文字色,背景色

テーブル列 色付けプラグイン
#table_color(見出しのカラーコード,マウスカーソルを重ねた行のカラーコード){表の見出し=カラーコード}
()優先
table記述の直前に
テーブル色付けプラグイン(偶数行・奇数行)
#table_zebra(テーブル名, 偶数行のカラーコード, 奇数行のカラーコード,見出し行のカラーコード)
表(テーブル)ソートプラグイン
#table_sorter()
hを指定する必要があり
Shift+Clickで第二優先
{}↓
head=(色コード) 見出しの色を指定します。(red,blueなどのカラーネームも指定できます)
odd=(色コード) 偶数行の色を指定します。(red,blueなどのカラーネームも指定できます)
even=(色コード) 奇数行の色を指定します。(red,blueなどのカラーネームも指定できます)
zebra=1 odd=#f0f0f0, even=#ffffff が指定されたとして扱います。
repeathead=(数字) 指定行毎に見出しを追加します。1以上の数値を指定してください。
table記述の直後に
table_color側の指定が優先
repeatheadパラメーターにより追加された見出しに色をつけたい場合、こちらのプラグインのheadパラメータを指定

表(テーブル)自動連番付与プラグイン
#table_autoincrement()
表の一番左の行に自動連番を付与
table記述の直後に
パラメーター 説明
label 連番の列にラベルを付けたい場合に指定します。
例)ID、番号など
skip 上から何行分連番をスキップするかを指定します。
例)3行目から連番を振りたい場合は2など
start どの番号から連番を開始したいかを指定できます。
例)0、100など
inc 1行毎に増加する量を指定できます。
例)10、100など

HTMLをそのまま表示(1行入力)
&html(ここにHTMLを入力)
script使用不可
HTMLをそのまま表示(複数行入力対応)
#html2(){ここにHTMLを記述}
pc 指定したhtmlをPCモード表示時のみ表示します。
sp 指定したhtmlをSP(スマートフォン)モード表示時のみ表示します。

他のページを取り込み
#include(他のページ名)
inc

斜体文字(italic)
&italic(){テキスト}
文字サイズ変更(size)
テキスト
相対的なフォントサイズ指定
&sizex(数字){文字列}
1 ・・・ xx-small (-3と同じ)
2 ・・・ x-small (-2と同じ)
3 ・・・ small (-1と同じ)
4 ・・・ medium (0と同じ)
5 ・・・ large (+1と同じ)
6 ・・・ x-large (+2と同じ)
7 ・・・ xx-large (+3と同じ)
ルビをふる
&ruby(テキスト1){テキスト2}
div
#div(){ここに文章}
width=サイズ divの横幅を指定
height=サイズ divの縦幅を指定
color=文字色 divの文字色を指定
id付きdiv
#divid(英数字){ここに文章}
id付きspan
&spanid(英数字でID記述){ここに文章}

スタイル指定span表示
&spanstyle(CSS設定){ここに表示内容}
<span style="CSS設定">表示内容</span>

スタイル指定div表示
#style(CSS設定){ここに表示内容}
#divstyle(CSS設定){ここに表示内容}
<div style="CSS設定">表示内容</div>

数式
#math(数字){tex数式表記}
最終更新:2018年05月23日 02:48