作業テーブル > HT82K629A

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Functional Description

The HT82K629A basic function is to detect key press and release activity and to transmit the corresponding scan code, as well as make and break codes to the system.
HT82K629Aの基本機能は、キーの押下と解放の動作を検出し、対応するスキャンコード(メークコードとブレークコード)を送信することです。
The device also accepts commands from the system and responds to the system if necessary.
デバイスは、システムからのコマンドも受け入れ、必要に応じてシステムに応答します。
All communication between the keyboard and the system is managed through the CLOCK and DATA pins.
キーボードとシステム間のすべての通信は、CLOCKピンとDATAピンによって管理されます。
The keyboard begins to scan for pressed or released keys and commands from the system after the BAT (Basic Assurance Test) has been run.
キーボードは、BAT(基本保証試験)が実行された後、キーの押下と解放およびシステムからのコマンドをスキャンし始めます。
Basic Assurance Test - BAT
基本保証試験 - BAT
The following functions are offered by the Basic Assurance Test:
基本保証テストによって、以下の機能が提供されています:
  • Turns on LED status indicators.
  • LEDステータスインジケータをオンにします。
  • Keyboard processor test.
  • キーボードプロセッサテスト。
  • RAM test.
  • RAM テスト.
  • Turns off LED status indicators, i.e. the LEDs.
  • LEDステータスインジケータ、つまりLEDをオフにします。
  • Reports the BAT result to the system.
  • BATの結果をシステムに報告します。
Note:
During the BAT, activity on the "clock" and "data" line are ignored.
The LED's are turned on at the beginning and turned off at the end of the BAT.
The BAT takes a minimum of 450ms after POR and a maximum of 2.5s.
The response to a satisfactory BAT completion is "AA" and response to BAT failure is an "FC" error.
The reset keyboard command "FF" will also cause the keyboard to execute the BAT.
Completion codes are sent between 300 and 500ms after a reset command is acknowledged.
After the BAT, the keyboard sets the keys to typematic and make/break, and sets the default typematic rate and delay.
Note:
BATの間、「clock」および「data」線上の動きは無視されます。
LEDは最初にオンになり、BATの終了時にオフになります。
BATは、POR後に最低450ms、最大2.5秒かかる。
良好なBAT完了への応答は「AA」であり、BAT失敗に対する応答は「FC」エラーです。
リセットキーボードコマンド「FF」は再び、キーボードにBATを実行させる。
完了コードは、リセットコマンドが確認された後、300〜500msの間に送信されます。
After the BAT, the keyboard sets the keys to typematic and make/break, and sets the default typematic rate and delay.
Power-on
電源オン
Two important activities take place when power is first applied to the keyboard.
2つの重要な動作は、電源がキーボードに最初に加えられたときに行われます。
The first is the presence of an H/W signal POR (Power-On-Reset) that resets the keyboard processor.
1つは、キーボードプロセッサをリセットするH/W信号POR(パワーオンリセット)の出現です。
The second activity is the running of the self test BAT (Basic Assurance Test) routine.
第2の動作は、自己テストBAT(Basic Assurance Test)動作の実行です。
Command from the Host
ホストからのコマンド
The following table shows the commands that the host may send and their hexadecimal values.
次の表は、ホストが送信するであろうコマンドとその16進値を示しています。
Command Hex Value
Set/Reset Status Indicators ED
Echo EE
Invalid Command EF
Select Alternate Scan Codes F0
Invalid Command F1
Read ID F2
Set Typematic Rate/Delay F3
Enable F4
Default Disable F5
Set Default F6
Set All Keys Typematic F7
Set All Keys Make/Break F8
Set All Keys Make F9
Set All Keys Typematic/Make/Break FA
Set Key Type Typematic FB
Set Key Type Make/Break FC
Set Key Type Make FD
Resend FE
Reset FF
Command 16進値
Set/Reset Status Indicators ED
Echo EE
無効なコマンド EF
代替スキャンコード選択 F0
無効なコマンド F1
ID読取 F2
Set Typematic Rate/Delay F3
Enable F4
Default Disable F5
Set Default F6
Set All Keys Typematic F7
Set All Keys Make/Break F8
Set All Keys Make F9
Set All Keys Typematic/Make/Break FA
Set Key Type Typematic FB
Set Key Type Make/Break FC
Set Key Type Make FD
再送信 FE
リセット FF
The commands may be sent to the HT82K629A at any time and the HT82K629A will respond within 25ms except when performing the internal diagnostics or executing a Reset command.
コマンドはいつでもHT82K629Aに向けて送信されるでしょうし、HT82K629Aは内部診断またはリセットコマンド実行の時以外は25ms以内に応答します。
EDH - Set/Reset Status Indicators
Three status indicators on the keyboard -Num Lock, Caps Lock, and Scroll Lock- are accessible by the host.
キーボードのNumLock、CapsLock、ScrollLockの3つのステータスインジケータは、ホストからアクセスできます。
The HT82K629A activates or deactivates these indicators when it receives a valid command-code sequence from the system.
HT82K629Aは、システムから有効なコマンドコードシーケンスを受信すると、これらのインジケータを有効または無効にします。
The command sequence begins with the command byte (hex ED).
コマンドシーケンスはコマンドバイト(hex ED)で始まります。
The HT82K629A responds to the command byte with ACK, discontinues scanning, assignments for this option byte are as follow:
HT82K629AはコマンドバイトにACKで応答し、スキャンを中断し、このオプションバイトの割り当ては以下のようになります:
Bit Indicator
0 Scroll Lock Indicator
1 Num Lock Indicator
2 Caps Lock Indicator
3~7 Reserved (Must be 0)
Bit Indicator
0 Scroll Lock Indicator
1 Num Lock Indicator
2 Caps Lock Indicator
3~7 予約済み(0でなければならない)
If a bit for an indicator is set to 1, the indicator is turned on.
インジケータのビットが1に設定されている場合、インジケータがオンになります。
If a bit is set to 0, the indicator is turned off.
ビットが0に設定されている場合、インジケータはオフになります。
The HT82K629A responds to the option byte with ACK, sets the indicators and if the HT82K629A was previously enabled, continues scanning.
HT82K629AはオプションバイトにACKで応答し、インジケータを設定し、HT82K629Aが以前に有効になっていた場合はスキャンを続行します。
The status of the indicators will reflect the bits in the option byte and can be activated or deactivated in any combination.
インジケータのステータスは、オプションバイトのビットを反映し、任意の組み合わせで有効または無効にすることができます。
If another command is received in place of the option byte, execution of the Set/Reset Mode Indicators command is stopped, with no change to the indicator status, and the new command is processed.
オプション・バイトの場所に別のコマンドが受信された場合、インジケータ・ステータスを変更せずにSet / Reset Mode Indicatorsコマンドの実行が停止され、新しいコマンドが処理されます。

Immediately after power-on, the lights default to the off state.
電源投入直後のライトのデフォルトはオフです。
If the Set Default and Default Disable commands are received, the lamps remain in the state they were in before the command was received.
Set DefaultおよびDefault Disableコマンドを受信した場合、ランプはコマンドを受信する前の状態のままです。
EEH - Echo
Echo is a diagnostic aid.
エコーは診断の補助です。
When the HT82K629A receives this command, it issues a hex EE response and if the HT82K629A was previously enabled, continues scanning.
HT82K629Aはこのコマンドを受信すると16進EE応答を発行し、HT82K629Aが以前に使用可能になっていた場合はスキャンを続行します。
EFH and F1H - Invalid Command
EFHとF1H - 無効なコマンド
EFH and F1H are invalid commands and are not supported.
EFHとF1Hは無効なコマンドであり、サポートされていません。
If HT82K629A receives one of these and sends it, the HT82K629A will not acknowledge the command, but returns a Resend command and continues in its previous scanning state.
HT82K629Aがこれらのいずれかを受信して送信すると、HT82K629Aはコマンドを認識しませんが、再送コマンドを返して前のスキャン状態を継続します。
F0H - Select Alternate Scan Codes
F0H - 代替スキャンコード選択
This command instructs the HT82K629A to select one of the two sets of scan codes.
このコマンドは、HT82K629Aに2つのスキャンコードの集合の1つを選択するよう指示します。
The HT82K629A acknowledges receipt of this command with ACK, clears both the output buffer and the typematic key.
HT82K629Aはこのコマンドの受信をACKで応答し、出力バッファとthe typematic keyをクリアします。
The host then sends the option byte and the keyboard responds with another ACK.
ホストはそれからオプションバイトを送信し、キーボードは別のACKで応答します。
An option byte value of hex 01 selects scan code set 1, hex 02 selects set 2.
16進01のオプションバイト値はスキャンコード集合1を選択し、16進02は集合2を選択します。

An option byte value of hex 00 causes the HT82K629A to acknowledge with ACK and sends a byte telling the host which scan code set is currently in use.
オプションのバイト値が16進00の場合、HT82K629AはACKで応答し、どのスキャンコード集合が現在使用中であるかをホストに知らせるバイトを送信します。

After establishing the new scan code set, the HT82K629A returns to the scanning state it was in before receiving the Select Alternate Scan Codes command.
新しいスキャンコード集合の確立のあと、HT82K629Aは、代替スキャンコードの選択コマンドを受信する前のスキャン状態に戻ります。
F2H - Read ID
F2H - ID読取
This command requests identification information from the HT82K629A.
このコマンドは、HT82K629Aからの識別情報を要求します。
The HT82K629A responds with ACK, discontinues scanning and sends the two keyboard ID bytes hex 83h and ABh.
HT82K629AはACKで応答し、スキャンを中断し、2つのキーボードIDバイト(16進83hとABh)を送信します。
After the output of the second ID byte, the HT82K629A resumes scanning.
2番目のIDバイトの出力後、HT82K629Aはスキャンを再開します。
F3H - Set Typematic Rate/Delay
The host issues the Set Typematic Rate/Delay command to change the typematic rate and delay.
ホストはthe typematic rate and delayを変更するために、Typematic Rate / Delayコマンドを発行します。
The HT82K629A responds to the command with ACK, stops scanning and waits for the system to issue the rate/delay value byte.
HT82K629AはコマンドにACKで応答し、スキャンを停止し、システムがthe rate/delay値バイトを発行するのを待ちます。
The HT82K629A responds to the value byte with another ACK, sets the rate and delay to the value indicated, and continues scanning (if it was previously enabled).
HT82K629Aは値のバイトに別のACKで応答し、rateとdelayを指定された値に設定し、スキャンを続行します(以前に有効になっていた場合)。
Bits 6 and 5 indicate the delay, and bits 4, 3, 2, 1 and 0 indicate the rate.
ビット6および5はdelayを示し、ビット4,3,2,1および0はrateを示します。
Bit7 is always 0.
ビット7は常に0です。
The delay is equal to 1 plus the binary value bit 6 and 5, multiplied by 250ms±20%.
delayは、1+2進値ビット6および5に250ms±20%を掛けた値に等しくなります。

The period (interval from one typematic output to the next) is determined by the following equation:
期間(1つのtypematic出力から次の出力までの間隔)は、次の式によって決まります。

Period = (8+A)*(2^B)*0.00417 seconds.
期間 = (8+A)*(2^B)*0.00417 秒。

Where:

A = binary value of bits 2, 1, and 0.
A = ビット2,1および0の2進値。

B = binary value of bits 4, and 3.
B = ビット4および3の2進値。

The typematic rate is 1 for each period and are listed as follows:
Bit Typematic
Rate±20%
Bit Typematic
Rate±20%
00000 30.0 10000 7.5
00001 26.7 10001 6.7
00010 24.0 10010 6.0
00011 21.8 10011 5.5
00100 20.0 10100 5.0
00101 18.5 10101 4.6
00110 17.1 10110 4.3
00111 16.0 10111 4.0
01000 15.0 11000 3.7
01001 13.3 11001 3.3
01010 12.0 11010 3.0
01011 10.9 11011 2.7
01100 10.0 11100 2.5
01101 9.2 11101 2.3
01110 8.0 11110 2.1
01111 8.0 11111 2.0
The default values for the HT82K629A are as follows:
HT82K629Aのデフォルト値は次のとおりです:

Typematic rate= 10.9 characters per second ± 20%
Typematic rate= 10.9 文字毎秒 ± 20%

Delay = 500ms±20%

The execution of this command stops without changes to the existing rate if another command is received instead of the rate/delay value byte.
rate/delayバイトの代わりに別のコマンドが受信された場合、このコマンドの実行は、既存のrateを変更することなく停止します。
F4H - Enable
Upon receipt of this command, the HT82K629A will respond with ACK, clears its output buffer, clears the last typematic key, and starts scanning.
このコマンドを受信すると、HT82K629AはACKで応答し、出力バッファをクリアし、最後のtypematic keyをクリアしてスキャンを開始します。
F5H - Default Disable
The Default Disable command resets all conditions to the power on default states.
Default Disableコマンドは、すべての条件を電源投入時のデフォルト状態にリセットします。
The HT82K629A will respond with ACK, clears its output buffer, sets the default typematic rate/delay, and clears the last typematic key.
HT82K629AはACKで応答し、出力バッファをクリアし、デフォルトのtypematic rate/delayを設定し、最後のtypematic keyをクリアします。
The HT82K629A then stops scanning and awaits further command.
HT82K629Aはそれからスキャンを停止し、さらなるコマンドを待ちます。
F6H - Set Default
The Set Default command resets all conditions to the power on default states.
Set Defaultコマンドは、すべての条件を電源投入時のデフォルト状態にリセットします。
The HT82K629A will respond with ACK, clears its output buffer, sets the default key typematic rate/delay, and clears the last typematic key then continues scanning.
HT82K629AはACKで応答し、出力バッファをクリアし、デフォルトのキーのtypematic rate / delayを設定し、最後のtypematicキーをクリアしてスキャンを続行します。
F7H, F8H, F9H, FAH - Set All Keys
Since HT82K629A do not support keyboard code set 3 format, so it will not acknowledge the command but returns a Resend command and continues in its previous scanning state.
HT82K629Aはキーボードコード集合3形式をサポートしていないので、コマンドを認識しませんが、再送コマンドを返し、前のスキャン状態で続行します。
FBH, FCH, FDH - Set Key Type
Since HT82K629A do not support keyboard code set 3 format, so it will not acknowledge the command but returns a Resend command and continues in its previous scanning state.
HT82K629Aはキーボードコード集合3形式をサポートしていないので、コマンドを認識しませんが、再送コマンドを返し、前のスキャン状態で続行します。
FEH - Resend
FEH - 再送信
The host sends this command when it detects an error in any transmission from the HT82K629A.
ホストは、HT82K629Aからの任意の送信でエラーを検出したときこのコマンドを送信します。
It is sent only after a data transmission and before the host allows the next data output.
これは、データ送信の後で、ホストが次のデータ出力を許可する前にのみ送信されます。
When a Resend is received, the HT82K629A sends the previous output again (unless the previous output was Resent, in which case the HT82K629A sends the last byte before the Resend command).

Commands to the Host
ホストへのコマンド

The following table shows the commands that the HT82K629A may send to the host and their hexadecimal values.
以下の表は、HT82K629Aがホストに送信するであろうコマンドとその16進値を示しています。
Command Hex Value
Key Detection Error/Overrun 00 (Code Set 2)
Keyboard ID 83AB
Bat Completion Code AA
Bat Failure Core FC
Echo EE
Acknowledge FA
Resend FE
Key Detection Error/Overrun FF (Code Set 1)
Command 16進値
キー検出エラー/オーバーラン 00 (コード集合2)
キーボードID 83AB
BAT完了コード AA
BAT失敗コード FC
Echo EE
Acknowledge FA
再送信 FE
キー検出エラー/オーバーラン FF (コード集合1)
00H or FFH - Key Detection Error
00H or FFH - キー検出エラー
The HT82K629A sends a key detection error character if conditions in the keyboard make it impossible to identify a switch closure.
キーボードがスイッチの閉塞を識別不可能になる状態なら、HT82K629Aはキー検出エラー文字を送信します。
If the HT82K629A is using scan code set 1, the code is FFH.
HT82K629Aがスキャンコード集合1を使用している場合、コードはFFHです。
For sets 2, the code is 00H.
集合2の場合、コードは00Hです。
00H or FFH - Overrun
An overrun character is placed in the HT82K629A buffer and replaces the last code when the buffer capacity has been exceeded.
バッファ容量を超えた時、オーバーラン文字はHT82K629Aバッファに配置され、最後のコードと置き換えられます。
The code is sent to the host when it reaches the top of the buffer queue.
コードは、バッファ列の先頭に到達するとホストに送信されます。
If the HT82K629A is using scan code set 1, the code is FFH.
HT82K629Aがスキャンコード集合1を使用している場合、コードはFFHです。
For sets 2, the code is 00H.
集合2の場合、コードは00Hです。
83AbH - キーボードID
The keyboard ID consists of 2 bytes, Hex 83AbH.
キーボードIDは16進83AbHの2バイトで構成されています。
The HT82K629A responds to the Read ID with ACK, discontinues scanning and sends 2 ID bytes.
HT82K629Aは、ID読取にACKで応答し、スキャンを中止して2バイトのIDを送信します。
The low byte is sent first followed by the high byte.
下位バイトが最初に送信され、続いて上位バイトが送信されます。
Following the output of Keyboard ID, the HT82K629A begins scanning.
キーボードIDの出力に続いて、HT82K629Aはスキャンを開始します。
EEH - Echo
The HT82K629A sends this code in response to an Echo command.
HT82K629AはEchoコマンドに応答してこのコードを送信します。
AAH - BAT Completion Code
AAH - BAT完了コード
Following a satisfactory completion of the BAT, the HT82K629A sends AAH.
HT82K629Aは、BATの満足な完了に続き、AAHを送信する。
Any other code indicates keyboard failure.
任意の他のコードは、キーボードの障害を示します。
FCH - BAT失敗コード
If a BAT failure occurs, the HT82K629A sends this code, discontinues scanning and waits for a host response or reset.
BAT不良が発生すると、HT82K629Aはこのコードを送信し、スキャンを中止し、ホストの応答またはリセットを待ちます。
FEH - 再送信
The HT82K629A issues a Resend command following receipt of an invalid input or any input with incorrect parity.
If the host sends nothing to the HT82K629A, no response is required.




Data Communications
  • Data output
    • If CLK=0, no transmission (keyboard is inhibited).
    • If CLK=1, DATA=0, no transmission (system request to send).
    • If CLK=1, DATA=1, transmission permitted.
    • Data will be valid before the trailing edge and beyond the leading edge of the clock.
    • The KB checks the clock line for an active level every 60ms.
    • If line contention occurs (system brings the clock low before the tenth clock), set clock=data=high.
    • Data input
  • The system overrides the clock line for at least 60ms.
  • The keyboard checks the clock line state at intervals of 10ms.
  • If a system request-to-send is detected, the keyboard counts 11 data bits.
  • Data will be valid before the rising edge and beyond the falling edge.
  • After the 10th bit, the keyboard checks for an active level on the "data" line. If the line is active it is forced to be inactive, and counts one more bits.
Note:
This action signals the system that the keyboard has received its data.
Upon reception of this signal, the system returns to the ready state, in which it can accept keyboard outputs or goes to the inhibit state until it is ready.
If the keyboard "data" line is found to be at an inactive level following the 10th bit, a frame error has occurred, and the keyboard continues to count until the "data" line becomes active.
The keyboard then makes the "data" line inactive and sends a Resend.


Note:
The parity bit is either 1 or 0, and the 8 data bits, plus the parity bit, always have an odd number of 1µs.










A B C

最終更新:2018年11月28日 23:51
添付ファイル