ascalon @ ウィキ

ローカル・ルール

最終更新:

ascalon

- view
だれでも歓迎! 編集
本ページでは、公式ルールで厳密に定義されてない事項に対するローカルなルール解釈や、
「正統災厄公社」などのロングキャンペーン用オリジナル・ルールを記載する。


AscalonがGMをするときのローカル・ルール

  • 【挟撃】の使用宣言タイミング
    • 命中判定のダイスを振る前に使用宣言を行うものとする。
  • 【伝令】の使用宣言タイミング
    • 作戦判定のダイスを振った後に使用宣言を行うものとする。(公式リプレイ:チーズの森参照)
  • 【交易所】の機能
    • 素材を売る事も、買う事もできるとする。
  • ターンとクォーター
    • 1ターン目1クォーター目から開始する。
    • 時間が経過すると1クォーター目が終了し2クォーター目に移行する。
    • 4クォーター目で時間が経過すると次のターンの1クォーター目となる
  • 奇襲の扱い
    • モンスター側の奇襲行動は「0ラウンド目」扱いとする。
    • つまり割り込みなどの1ラウンド1回スキルを、奇襲時に使用した後、1ラウンド目にまた使える。
    • ガーゴイルの【不意打ち】のような“1番最初の作戦判定”に割り込むスキルは1ラウンド目に効果を発揮する。類似の効果についてもこれにならう。
  • 餓竜門の『一騎打ち申し込み』
    • 1シナリオに1回しか行えないものとする。
    • ぶっちゃけ、何度もやるのは私的に格好悪いイメージがあるので・・・
  • 【獣廻し】によるモンスターの《希望》について
    • 行為判定で希望は得られない
    • 希望1点分を、1d6点HPで代用可能
    • スキルやアイテムによる希望獲得は可能
    • 希望によるダメージ上昇不可
    • 民の声を利用可能。逆にいうと、絶対失敗などによる民の声減少効果も受ける
    • 一度に消費できる希望は才覚の値まで。器は(才覚+魅力)/2
  • 【獣廻し】によるモンスターの扱いについて
    • バトルフィールド上に存在しているので、攻撃やトラップ等の効果の対象になりえる。
    • 原則として「常に行動済み」として扱う。移動と行動処理を行える(=未行動扱いになる)のはスキル使用者が自分の手番でモンスターを動かすとしたときのみ。
    • モンスターが睡眠のバッドステータスを受けた場合、スキル使用者はモンスターの移動と行動処理を行うと宣言することはできるが、宣言して未行動扱いになると同時に睡眠による行動済み効果を受けるため、事実上何も出来ない
    • スキル使用者が連携攻撃の対象になったときも「スキル使用者の順番になった」と見なす。よってスキル使用者は自分の代わりにモンスターを連携攻撃に参加させることができる



正統災厄公社オリジナル・ルール

  • セッション前レベルアップについて
    • 本条項は、前回のセッションに参加していないPCに対して適用される。
    • 王国レベル未満のレベルのPCはセッション開始前にレベルアップできる。
    • あくまで「レベルアップできるだけ」であり施設利用はできない。よって転職やギルドの恩恵は無し
    • 王国レベル以上のレベルのPCは再訓練が行えるものとする。
  • アイテムについて
    • セッション未参加のPCとのアイテム交換は禁止する。
    • ただしレアアイテムは準備フェイズ中であれば可能とする。
  • セッション未参加のランドメイカーについて
    • セッション未参加のランドメイカーは逸材として扱う。
    • 引退したランドメイカーは民/逸材としてカウントしない。






以上