鮫島亡命支援計画事件

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2012年8月10日

八月に入って、横浜花火中継放送参照
金バエ襲来参照
3.14コント収録  

と、忙しい日々を縫っての久しぶりの放送を 午前2時すぎに開始
当初は収録関連の話や金バエ来襲時の雑談などで、リスナーと楽しいひと時を過ごすエミであった。

そのような他愛の無い時間を過ごしていた時に事件は起こった

時間は午前3時11分 一回の来訪者を知らせるチャイムの音が、すべての平和を奪い去ったのだ
現れたのは 鮫島 まさにその時の放送内容に符合するかのような登場であった
1時間近くの放送ミュート交渉の後、EMI宅に亡命への足がかりを築くことに成功した鮫島であった

この非常識な時間に現れた男の説明は以下にまとめる
「殺すか!殺されるかだ!相手は悪魔レベルの人間だ(鮫島姉)、殺すことは容易いが、ここは一時身を引いたほうが賢明であると、俺は判断する、絵美、ジェットが飛ぶ時間まで俺をかくまってくれ、行き先は、シリアかソマリアか・・それは明かすことができない、何も聞かず、ここにおいてくれ」

と言うのが男の言い分である   (・・・・・だったような気がする)

情に厚いエミは妙な男気を発揮し、自分の身の危険を顧みず
「フッまかせておけ!(~_~メ)」 (・・・・・だったかな?)

それが後の、自分の体力の限界との戦いになるとは、本人は思いもしなかったことである


ちなみに、その時のリスナーの思いは大半が、「追い出せ!」であったことは、彼女のスルースキルが見事にカバーしてくれ、尚且つ、「それは大変だ!!」のコメントが大文字で見えたことは、言うまでもないことである。しかもリスナーの冷静な目から見れば、「兄弟喧嘩だろ~」なのだが、その意見は、決して外部には漏らせない、大きな圧力が働いていたことは、想像に難くない・・

こうして、始まった [ガーデンプラザ横浜南籠城作戦] であるが、
当初は、二人共体力も有り、余裕もあったのだが、時間が経つにつれ体力が奪われ、悪魔の影もなりを潜めていることから、朝日が昇る頃、体力温存のために、「睡眠を取ろうと」言う意見に一致し、双方就寝準備に入るのである。


しか~~し  EMIである! そう!エミさんなのである! 一人でいる時も寝れないエミさんです
男は熟睡したかもしれないが、 エミは敵の襲撃に備え360度一周回って神経を張り巡らし、ひと時も休めす、神経をすり減らしていくのだった、そして時間にして午後2時29分である、初めての(EMINOGUCHI1982) のコメントがエミチャットに流れたのが・・・
そこからはお分かりであろう・・寝てない→機嫌悪い→なんか不満→こいつ寝てるw→なんでやー!→なんで私がこんな思いを・・
という流れで、最初の男気を、さっさと片付けるのに、なんの躊躇もいらなかった。

そしてプランB
[鮫島放流大作戦  サブタイトル なんか騙されてねーか?どうでもいいから出て行け!]
の計画が着々と練られていくのである  時間にして午後3時30分前後のことである・・・

そして再び眠につくEMIであった

そして4時間半を過ぎる頃 時間にして午後8時頃、事件は起こった
一人の女性がドアの前で、激しくドアをノック、さらにインターホンを押さずに鳴らすという、神業をやってのけた・・「これは、間違いない、敵の襲来だ!!」
部屋の中の2人は最終決戦に向けて着々と準備を進めた・・

ちなみにリスナー目線からは、鮫島は机の下に隠れ、エミさんに対応を任せるという、失態をやってのけたとは、地下の暗殺組織から狙われる危険性を考えると、決して他言でいないことである


ところが、自体は好転し、表に立つ人物こそまさに命を救う補給部隊(エミリスナーの差し入れ)であることが判明した。手を使わずインターフォンを鳴らしたのは、同時刻に到着した、EMIの金斗雲が下のオートロックのボタンを押したという、まさに奇跡的な偶然の産物だあった。

補給を受け入れ、体力的に少しは回復した籠城組は、合流した金斗雲と共に、今後の対策の相談を始めた。

鮫島一行は、少し早いが、(予定では翌日の夕方発)ジェットの発着場所(羽田)に行って時間を待とうかと言う意見にあらかた一致した。プランBは発動することなく終わるかと思われた・・・


ところが!ところがである、何を思ったか、鮫島と金斗雲の2名は、各自の荷物を部屋に放置したままEMI一人を残し部屋を後にしてしまったのだ。

ちなみに二人の言い分はこうである
「休めるかと思ってさ~~」



しか~~し  EMIである! そう!エミさんなのである!
寝てない→機嫌悪い→なんか不満→こいつら遊んでる?w→なんでやー!→なんで私がこんな思いを・・

「お前ら~~~何考えとんのじゃ~~~!!!!」
「お前ら帰ってくるんじゃ、休めんのじゃ~~~~!!!」
あらゆる通信手段を使い(電話)二人を呼び戻し
「今すぐ出発じゃ~~!!」

鮫島隊員は、航空チケットの確認を、遠方の支援者に確認するが、ある事実が、判明した・・・・



    チケット取れてない・・・・・


プランB発動!!
そこは、既に戦場と化していた、来るかどうか分からない、悪魔レベルの人間を恐るより、目の前にいる鬼レベルの人間から逃げるのに二人は精一杯であった・・・・・時に日付の変わる10分前 午後11時50分頃の出来事である


かくして、ガーデンプラザ横浜南の平和は、戻ったのである 実に21時間近くの戦いであった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。