T-ウィルス感染拡散事件

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その日EMIはとても機嫌が悪かった・・・まるで事件を予感していたかのように・・

2012年11月25日
午後の10時すぎに開始されたEMIのユーストでの放送
前半の他愛の無い雑談中、終始イライラをリスナーに投げかける
リスナーは面白がっていたが、EMIその動物的勘で事件を察知していたのであろうか
後半のFF13ゲーム配信中に事件は起こった

ゲームも佳境に差し掛かり、バハムートと戦っている最中である
一通のスカイプチャットがEMIのもとに届いた
EMIはゲームを中断してスカイプチャットを確認した
この瞬間こそまさに、全米が震撼したかもしれない、世に言う【T-ウイルス感染】の瞬間である
時刻にして、日付も変わり26日の午前2時30分頃の事であった

簡単に説明すると、こうである
「友達の~、タツオくんから~、来たスカチャの~、URLを~、踏んだら~、ウィルスに感染しちゃった~ テへ♡」
名づけてタツオウイルス(T-ウイルス)誕生である

このウイルス、スカイプのコンタクトリストすべてのメンバーに、自身の複製を送信するという、まあやな感じな物である

自分が感染してしまったEMIは被害の拡散を全力で食い止めようと、2回に及ぶツイッターでのツイートとニコ生での注意喚起の放送を行った
その甲斐あってか、その後の被害の報告は今のところ無いようである
世界を大混乱に陥れるかと思われたT-ウィルスであるが、なんとか平和は保たれたようだ
※11月27日追記 倉内さんが感染したそうだ、彼はやはり見せ場を逃さない男だw

感染してしまった場合の対処法は⇒こちらを参考にしていただきたい


※余談ではあるが、「T-ウィルス同窓会」なるものが、あちらこちらで開催されていると言う情報も聞かれている
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。