夜魔口赤帽&夜魔口砂男幕間その3

最終更新:

dangerousss3

- view
管理者のみ編集可

合縁奇縁・その1

ザ・キングオブトワイライト参加選手用ホテル、その一室にて。


「……うう、まだ痛ぇッスよ……」

若き魔人ヤクザ・夜魔口砂男が――デカいタンコブをさすりながら、呟く。

「アホウ、痛いで済むだけマシじゃろうがい。
 ヘタしとったら、おどれの首と胴が生き別れとっても文句は言えんのじゃぞ」

アキビン姿の魔人ヤクザ・夜魔口赤帽が呆れながら言葉を返す。

「生き別れどころか、纏めて粉砕されるトコだったんスけど」

砂男がそう愚痴るのも無理はない。
彼のタンコブを作ったのは――尊敬すべき、畏怖すべき親分・夜魔口組組長その人である。

新黒死病に伏せっていたさなか、とある陰謀によってこの戦いの会場へと運び込まれたり
探偵・遠藤終赤によって防具代わりに巻き付けられたりした結果、
大会専属医師ワン・ターレンの手によって綺麗サッパリ全快した彼は、これまでの経緯を知り
砂男と赤帽を盛大にドヤしつけたのである。砂男に至っては、ゲンコツまで喰らう始末だった。
無理もない。全国放送される格闘大会の一回戦で負け、敗者復活の裏の戦いでもザリガニに負けたのだから。
(もちろん実際にはザリガニに負けたわけではないが、何故かそういう誤解をされてしまったのだ)

とはいえ、己の病が発端ということもあり、更に自分自身も拉致同然に連れてこられた手前
それ以上二人を咎めずに、組長は帰っていったのだった。

「しかしまあ、あの探偵嬢ちゃんが親父の知り合いと縁があったとはの。
 わからんもんじゃな、人の縁っちゅーのは」
「……そーッスね。世間は、狭いもんですよ」

この二人には珍しく、他愛のない会話が続く。
……理由は、簡単だ。
彼らが大会に拘泥する最大の理由にして目的が――達成されてしまったからだ。
棚から落下したボタモチが、頭を強打したような流れに、二人は少し燃え尽き気味だったのだ。

……尤も、片方は。まだ、燃え尽きるわけにいかない理由が、新たにできていた。